また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1291584 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

一足遅かった那須岳紅葉(朝日岳ー三本槍岳ー三斗小屋温泉)

日程 2017年10月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
峠の茶屋駐車場。
5時ごろ到着した時点ではすかすかでしたが、8時半に出発した頃には平日にもかかわらず8割がた埋まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
剣ヶ峰から朝日岳にかけての岩場は、細くなっている所や谷側に傾斜した岩の上を歩くところがあります。傾斜面には滑り止めの細い角材が取り付けられているので慎重に行けば大丈夫かと思います。
その他周辺情報鹿の湯(400円)昔ながらの湯治場のようなお風呂です。洗い場やシャワーなどはなく(低い洗い湯用パイプと高い打たせ湯用パイプが2つづつ。スペースは狭め)、石鹸やシャンプーも使用禁止です。
41,42,43,44,46,48度の湯船があります(4人くらいずつ入れそう)。46度まで入りましたが、疲れが出し切れる感じでした。

装備

備考 稜線付近でも風がさほど強くなかったので、登山開始から終了までメリノ長袖アンダーとキャプリーンTW長袖で通せました。

写真

明るくなって暖かくなったので出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなって暖かくなったので出発します。
残っていた紅葉と朝日岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残っていた紅葉と朝日岳
3
秋の空です。今週は今日以外ずっと雨予報、なので人出が集中したのかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の空です。今週は今日以外ずっと雨予報、なので人出が集中したのかも。
峰の茶屋跡。夜明け前の車が揺れるほどの強風が嘘のようさ静けさです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡。夜明け前の車が揺れるほどの強風が嘘のようさ静けさです。
1
花もそろそろ終わりです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花もそろそろ終わりです
こんな傾斜面があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな傾斜面があります。
霧氷が着いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が着いてました。
4
朝日岳到着です。良い眺めです!登って良かった〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳到着です。良い眺めです!登って良かった〜
1
気持ちの良い稜線です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線です。
1
木はもう葉っぱを落としてますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木はもう葉っぱを落としてますね
笹原は綺麗なグリーン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原は綺麗なグリーン
三本槍岳に到着です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳に到着です!
2
ひょうたん池でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょうたん池でしょうか?
帰りの清水平。お花の時期も良さそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの清水平。お花の時期も良さそうです。
笹原の緑が綺麗、一週間早ければ紅葉も、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の緑が綺麗、一週間早ければ紅葉も、、、
2
熊見曽根から三斗小屋温泉に向かいます。熊は見たくないですが、温泉宿の下見です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見曽根から三斗小屋温泉に向かいます。熊は見たくないですが、温泉宿の下見です。
時々急な下りのあるルートでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々急な下りのあるルートでした。
三倉山方面の稜線。大峠の登り返しが大変そうでしたが、次回は泊まりであそこまで行きたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三倉山方面の稜線。大峠の登り返しが大変そうでしたが、次回は泊まりであそこまで行きたいです。
裏から朝日岳、荒々しい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏から朝日岳、荒々しい感じです。
2
裏から茶臼岳、迫力があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏から茶臼岳、迫力があります。
すすきが秋を感じさせてくれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すすきが秋を感じさせてくれます。
1
高度を下げると、もみじが紅葉を残してくれてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げると、もみじが紅葉を残してくれてました。
三斗小屋温泉の源泉です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉の源泉です。
ここにも。少しずつですが紅葉を楽しめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも。少しずつですが紅葉を楽しめました。
1
三斗小屋温泉到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉到着です。
1
煙草屋旅館。11月に閉めるとのことです。冬もやってると勘違いしてました。でもあいてる時期に周回コースでまた来ます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙草屋旅館。11月に閉めるとのことです。冬もやってると勘違いしてました。でもあいてる時期に周回コースでまた来ます!
こちらは大黒屋旅館。風情がありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは大黒屋旅館。風情がありますね。
温泉からはこんな道が続きます。牛が歩いた道だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉からはこんな道が続きます。牛が歩いた道だそうです。
ミツバツツジの黄葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジの黄葉
峰の茶屋跡まで戻って来ました。
今日は茶臼は見るだけにしておきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡まで戻って来ました。
今日は茶臼は見るだけにしておきます。
登山届提出所まで戻って来ました。天気に恵まれた気持ちの良い1日でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届提出所まで戻って来ました。天気に恵まれた気持ちの良い1日でした。

感想/記録
by tph21

たまたまの休みに紅葉と冬の下見を兼ねた山行に行きたいと思い、週末に紅葉が良かったという那須岳に来ました。
しかし峠の茶屋駐車場に着いたら、冷えこみと車が揺れるほどの強風と山頂付近を覆うガスに出発する気になれずとりあえず車中で仮眠。
明るくなると見えて来た朝日岳斜面の紅葉もだいぶ葉を落としてくすんでいたので、このまま温泉に入って帰ろうかとも思いました。しかしそのコンディションでも暗いうちから出発する方々も沢山おり、かつ太陽が出てだいぶ暖かくなって来たのでやはり朝日岳だけでも登っておこうという気持ちになれました。
登り始めたら気持ちの良い天気と景色に脚取りも軽くなり三本槍岳までの縦走を楽しめました。稜線の紅葉は終わっていましたが、火山ならではの荒々しい風景から清水平のようなほっとする場所まで変化に富んだ歩きやすい稜線でした。朝日岳付近の霧氷も予想していなかったので感動しました。
三斗小屋温泉に降りる熊見曽根コースは所々急な下りのある道でしたが、2人ほど登って来られる方もおられました。キツそう!でも下の方で最後に紅葉する木々が葉を残していたので、わざわざこの道を選んだ甲斐があったのではないでしょうか。
もう1つわざわざ降りたのは、冬に那須岳を歩いて三斗小屋温泉に泊まれたらと思ってのコース下見だったのですが、残念ながら冬場はやっていないとのこと。黒鉄温泉小屋と勘違いしていたかもしれません。
でも今回来て見て三倉山や南月山、沼原池まで含めた三斗小屋温泉泊まりの周回コースは楽しそうだなと思いました。来年以降の候補地がまた増えました。
訪問者数:263人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ