また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1291788 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜サネ尾(秋の長雨の合間を縫って)

日程 2017年10月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台可)に停めました。水曜でしたがラスト2台に滑り込みセーフ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
42分
合計
5時間16分
S水越峠バス停09:3309:38水越峠10:18もみじ谷入り口11:24第6堰堤11:38本流ルート分岐12:24山頂広場13:0613:17一の鳥居13:26サネ尾下山口14:02サネ尾登山口14:04カヤンボ14:44水越峠14:49水越峠バス停14:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

【注意】第6堰堤上部の崖状道が、倒木流れてきて通行注意。新しい道ができています。ロープをつかんで、踏み跡をたどって下さい。

・サネ尾
サネ尾は一般登山道ではありません。
(昭文社の登山地図、国土地理院地図には登山道として記載なし)
道は細い尾根を辿るので判り難い所はありません。
最近歩かれる方が増え、踏み跡もしっかりしています。
特に危険な場所もありません。細い尾根の通行時は注意して下さい。
急坂ですので、雨の後などは滑ります。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。

写真

水越峠からスタート。
2017年10月18日 09:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。
2
大阪方面。少しだけ青空。
2017年10月18日 09:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面。少しだけ青空。
1
金剛山方面は曇り。
2017年10月18日 09:42撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山方面は曇り。
1
名前判らず。オトコエシとカノツメソウが候補に残ったが決定打無し。
2017年10月18日 09:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前判らず。オトコエシとカノツメソウが候補に残ったが決定打無し。
3
ミルクちゃんが当方に気付いて振り返る。
2017年10月18日 10:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミルクちゃんが当方に気付いて振り返る。
5
今日も頑張っています。
2017年10月18日 10:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も頑張っています。
4
花はシラネセンキュウが終盤。他もほとんど終わり。
2017年10月18日 10:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花はシラネセンキュウが終盤。他もほとんど終わり。
2
もみじ谷に入ります。本日は誰にも会わず。
2017年10月18日 10:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。本日は誰にも会わず。
1
第4堰堤手前の芸術品。見つけました。
2017年10月18日 10:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第4堰堤手前の芸術品。見つけました。
5
ヤマレコで見ていましたが、こんなに小さかったのね。
2017年10月18日 10:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコで見ていましたが、こんなに小さかったのね。
3
第4堰堤上部にはオタカラコウの群落。こちらも終わりかけ。
2017年10月18日 10:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第4堰堤上部にはオタカラコウの群落。こちらも終わりかけ。
いつものように第5堰堤で小休止。
2017年10月18日 10:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものように第5堰堤で小休止。
1
第5堰堤の新しいハシゴ。10/11に設置されたもの。しっかりしています。
2017年10月18日 11:12撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第5堰堤の新しいハシゴ。10/11に設置されたもの。しっかりしています。
3
V字谷。紅葉(黄葉)はまだ。
2017年10月18日 11:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
V字谷。紅葉(黄葉)はまだ。
3
この周辺はイノシシが掘り返していました。
2017年10月18日 11:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この周辺はイノシシが掘り返していました。
1
分岐は右の本流ルートへ。
2017年10月18日 11:39撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐は右の本流ルートへ。
ドングリ尾根にはドングリが沢山。絶えず落ちてくるので頭上注意。
2017年10月18日 12:07撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドングリ尾根にはドングリが沢山。絶えず落ちてくるので頭上注意。
2
転法輪寺。
2017年10月18日 12:24撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺。
2
売店傍のモミジ。上部から紅葉開始。あと2週間くらいか。
2017年10月18日 12:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売店傍のモミジ。上部から紅葉開始。あと2週間くらいか。
2
山頂は10℃。PLの塔は見えるが展望は僅か。
2017年10月18日 12:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は10℃。PLの塔は見えるが展望は僅か。
3
12:30のライブカメラ。定位置の標識右へ。
2017年10月18日 12:30撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:30のライブカメラ。定位置の標識右へ。
8
続いて13時も映ったが、本日は登山者少ない。
2017年10月18日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて13時も映ったが、本日は登山者少ない。
6
転法輪寺境内も少し色付いています。
2017年10月18日 13:06撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺境内も少し色付いています。
1
神社裏から葛城山。
2017年10月18日 13:13撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社裏から葛城山。
3
下山はサネ尾から。一の鳥居。左へ。
2017年10月18日 13:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はサネ尾から。一の鳥居。左へ。
マムシ草の実も紅葉開始。
2017年10月18日 13:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシ草の実も紅葉開始。
1
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
2017年10月18日 13:26撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
1
この表示が出ると急坂の始まり。
2017年10月18日 13:43撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示が出ると急坂の始まり。
急坂にはクチベニダケの群落。
2017年10月18日 13:44撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂にはクチベニダケの群落。
2
良い感じに色付いてきた葉。
2017年10月18日 13:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じに色付いてきた葉。
2
サネ尾登山口まで戻ってきました。
2017年10月18日 14:02撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サネ尾登山口まで戻ってきました。
2
極小の柿みたいな花。何でしょう?
2017年10月18日 14:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極小の柿みたいな花。何でしょう?
5
水越峠へ無事帰着。雨に合わずに済みました。帰宅するころには小雨が降っていました。
2017年10月18日 14:43撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠へ無事帰着。雨に合わずに済みました。帰宅するころには小雨が降っていました。
2

感想/記録
by abek3

 秋の長雨で一週間ぶりの金剛山。先週末の例会(御嶽山)は雨で流れ、その後の恵那山周辺の紅葉探索も雨で無期延期へ。ようやく本日、金剛山に行くことができた。(基本、雨の日は登らない方針なので)
 もみじ谷は大きな変化無し。珍しく誰にも会わず。イノシシの掘り返し跡が無数にあっただけ。
 花も終わり、紅葉は少し始まったところ。見どころは少ないが体を動かすために雨の合間の貴重な晴れ間(朝少しだけ)を狙って登ってきた。
 駐車場に戻って、15時過ぎに帰路につく頃にはパラパラと小雨が降ってきた。登山中に雨に遭わなくて良かった。明日からはまた雨模様の予想。次回は来週になりそうだ。
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ