また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1292275 全員に公開 ハイキング関東

大坊山・大小山縦走 〜足利市駅からフラワーパーク(富田駅)まで

日程 2017年10月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇
アクセス
利用交通機関
電車
東武足利市駅からJR足利駅を経て上宮先バス停まで徒歩で約45分。足利市生活路線バス「アッシー」を使えば16分で到着ですが、7:50発の後が10:33発(2017年10月現在の時刻表による)なので今回は使えませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
2時間30分
合計
8時間20分
S足利市駅08:3008:45足利駅09:0009:30上宮先バス停09:40山川長林寺10:30あわぎ山11:15大小山分岐11:25大坊山11:3512:10足利鉱山12:20越床峠12:55あいの山13:25妙義山13:35大小山13:45見晴台(大小の文字)13:5014:05阿夫利神社14:35あしかがフラワーパーク16:3516:50富田駅16:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルート図では大坊山の場所を間違えて記入してしまいました(修正が面倒なのでスミマセン)

下山後フラワーパークで2時間ほど過ごしたので山行時間が長く表示されてしまいましたが、長林寺から阿夫利神社までハイキングしていたのはおよそ4時間半でした(私の歩行ペースは昭文社の山地図の一般的な所要時間と同程度か多少早いくらいです)
コース状況/
危険箇所等
低山だと甘く見てスニーカーで出かけましたが、コース全般に露岩の上を歩くことが多く、靴底や側面に岩が当たって何度か痛い思いをしました。標高に関わらず、しっかりした靴底の登山靴をお勧めします。
その他周辺情報JR両毛線の富田駅周辺には商店・飲食店等ほぼ何もなし。近くにあしかがフラワーパークと栗田美術館があります。

写真

上宮先バス停のすぐ先に大坊山ハイキングコースの案内板があるところを左折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上宮先バス停のすぐ先に大坊山ハイキングコースの案内板があるところを左折します。
山川長林寺は広い境内の立派なお寺です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山川長林寺は広い境内の立派なお寺です。
長林寺がハイキングコースの起点になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長林寺がハイキングコースの起点になっています。
最初のピーク浅間山のすぐ先にある小さな岩峰は基部を巻きます。「初心者コース」の指導標がある方に進めば岩場の通過は避けられますが、浅間山のピークも踏めません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のピーク浅間山のすぐ先にある小さな岩峰は基部を巻きます。「初心者コース」の指導標がある方に進めば岩場の通過は避けられますが、浅間山のピークも踏めません。
一旦車道に出ます(案内図によると「自衛隊道路」とあり、それなりに車が通るので横断注意)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦車道に出ます(案内図によると「自衛隊道路」とあり、それなりに車が通るので横断注意)
車道を横断後、しばらく林道のような道を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を横断後、しばらく林道のような道を行きます。
この分岐では健脚コースに進みましたが、あわぎ山直下で合流するのでわざわざ急登を選ぶメリットはありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐では健脚コースに進みましたが、あわぎ山直下で合流するのでわざわざ急登を選ぶメリットはありませんでした。
あわぎ山の頂上。霞んでいなければ赤城山や日光連山が見えるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あわぎ山の頂上。霞んでいなければ赤城山や日光連山が見えるようです。
あわぎ山の先でまた初心者コースと健脚コースに分かれます。健脚コースは正面の岩峰を越えるので、それなりに展望は得られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あわぎ山の先でまた初心者コースと健脚コースに分かれます。健脚コースは正面の岩峰を越えるので、それなりに展望は得られます。
大坊山分岐に着きました。長林寺から縦走してくる場合、大坊山へはここからピストンして戻ってくることになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大坊山分岐に着きました。長林寺から縦走してくる場合、大坊山へはここからピストンして戻ってくることになります。
露岩帯を登りきると広々とした大坊山(285m)の頂上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露岩帯を登りきると広々とした大坊山(285m)の頂上です。
焼け落ちた神社の遺構が残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼け落ちた神社の遺構が残っています。
縦走路に戻ってしばらく歩きます。ベンチのあるここが「つつじ山」かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に戻ってしばらく歩きます。ベンチのあるここが「つつじ山」かな?
「シルバーコース」の分岐。鉱山山頂や番屋をパスして越床峠に向かうコースらしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「シルバーコース」の分岐。鉱山山頂や番屋をパスして越床峠に向かうコースらしいです。
縦走路の左側はゴルフコースと鉱山で、あまり風情はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路の左側はゴルフコースと鉱山で、あまり風情はありません。
ここが鉱山山頂らしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが鉱山山頂らしいです。
鉱山山頂の少し先に山頂番屋があります。売店は期間限定の営業なのかひと気はありません。トイレもあるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱山山頂の少し先に山頂番屋があります。売店は期間限定の営業なのかひと気はありません。トイレもあるようです。
山頂番屋から急坂を下ります。振り返ると「胸突坂」と書いてありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂番屋から急坂を下ります。振り返ると「胸突坂」と書いてありました。
ここが越床峠のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが越床峠のようです。
しばらく登り返すと「ローソク岩」分岐。今日はパス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登り返すと「ローソク岩」分岐。今日はパス。
「仮称 あいの山」という標識のあるピーク。山頂番屋と妙義山の間の山という意味だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「仮称 あいの山」という標識のあるピーク。山頂番屋と妙義山の間の山という意味だそうです。
こういうゴツゴツした岩が多いので、スニーカーだと岩角が当たって痛い(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうゴツゴツした岩が多いので、スニーカーだと岩角が当たって痛い(>_<)
この縦走路で一番高い妙義山(314m)は岩の山です。地理院地図では妙義山の山頂が「大小山」とされているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この縦走路で一番高い妙義山(314m)は岩の山です。地理院地図では妙義山の山頂が「大小山」とされているようです。
1
妙義山の山頂直下からの展望。右側のピークが大坊山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義山の山頂直下からの展望。右側のピークが大坊山。
妙義山の山頂。ここから阿夫利神社までは、大小山経由と大岩経由の2つのルートに分かれます。大小山方面へは南に90度折れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義山の山頂。ここから阿夫利神社までは、大小山経由と大岩経由の2つのルートに分かれます。大小山方面へは南に90度折れます。
あっけなく大小山(282m)の山頂。特に何もありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっけなく大小山(282m)の山頂。特に何もありません。
大小山の山頂のすぐ先に分岐。阿夫利神社へは左折、やまゆり学園を経て大山祇神社方面に周回する場合は直進します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大小山の山頂のすぐ先に分岐。阿夫利神社へは左折、やまゆり学園を経て大山祇神社方面に周回する場合は直進します。
大山祇神社方面に周回する場合でも、この階段(分岐から2、3分)を下りた所にある見晴台まではぜひ!!大小山のシンボル「大小」の文字を見ずに帰る手はないでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山祇神社方面に周回する場合でも、この階段(分岐から2、3分)を下りた所にある見晴台まではぜひ!!大小山のシンボル「大小」の文字を見ずに帰る手はないでしょう。
「大小」の文字のある見晴台の先で男坂と女坂に分岐します。下山なので女坂をチョイス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大小」の文字のある見晴台の先で男坂と女坂に分岐します。下山なので女坂をチョイス。
1
男坂と女坂の合流地点。この先は遊歩道が整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂と女坂の合流地点。この先は遊歩道が整備されています。
遊歩道の出口から振り返ったところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道の出口から振り返ったところ。
すぐにハイキングコース終点の阿夫利神社です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにハイキングコース終点の阿夫利神社です。
富田駅方面に歩く途中から見た「大小」の文字。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富田駅方面に歩く途中から見た「大小」の文字。
せっかくなのであしかがフラワーパークに寄り道します。アメジストセージが見頃を迎えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなのであしかがフラワーパークに寄り道します。アメジストセージが見頃を迎えていました。
2
週末から始まるイルミネーションの準備が着々と進められていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
週末から始まるイルミネーションの準備が着々と進められていました。

感想/記録
by recpy

所属する登山サークルの月例山行で大坊山・大小山縦走の計画を担当することになっているのに、公共交通機関を使った山行情報があまり見つからず、所要時間等よくわからなかったので、下見として実際に歩いてみることにしました。下見なので少し詳しめ、写真も多めです。

低山だとナメてかかっていたら、意外と岩場が多くてスニーカーではマズイことや、細かいアップダウンが多くて歩きごたえがあることが確認できました。
晴れて展望が良い日ならなかなか楽しめそうです。
ただ、会のメンバーの体力に合わせて、本番では大山祇神社からスタートして少し短めのコースにしようと思います。
訪問者数:195人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 山行 ピストン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ