また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1310963 全員に公開 ハイキング丹沢

経ヶ岳・仏果山・高取山

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
愛川ふれあいの村さまに自動車を駐車させて頂き,バスで半僧坊前まで移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間11分
休憩
59分
合計
4時間10分
Sスタート地点07:4308:33大沢ノ頭08:50経ヶ岳08:5509:16半原越09:1709:30土山峠・半原越方面分岐09:43革籠石山09:4409:50熊古谷山09:5510:01八州ヶ峰10:0210:03馬渡分岐10:0410:09衣浸山10:1010:18仏果山10:5211:01宮ヶ瀬越11:09高取山(半原高取山)11:1911:26小高取11:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
革籠石山から仏果山にかけてクサリ場やヤセ尾根などありました。
その他は木道などで整備された歩きやすい道です。
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

『愛川ふれあいの村』さんに駐車させて頂きました。
駐車の際,事務所にて記帳しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『愛川ふれあいの村』さんに駐車させて頂きました。
駐車の際,事務所にて記帳しました。
半僧坊前バス停から仏果山方面を望む。この時は雲一つない快晴でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半僧坊前バス停から仏果山方面を望む。この時は雲一つない快晴でした。
バス通りを2~3分ほど進んで登山口に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス通りを2~3分ほど進んで登山口に到着
砂防用堰堤を登る。全部で2つ乗り越えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防用堰堤を登る。全部で2つ乗り越えます。
きっと多くの歩行により掘り下げられた登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きっと多くの歩行により掘り下げられた登山道
開けた所から都心部を臨む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた所から都心部を臨む。
うっすらと筑波山も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと筑波山も。
1
新宿副都心のビル群と右端に東京スカイツリー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新宿副都心のビル群と右端に東京スカイツリー
1
神奈川方面では右端にランドマークタワー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神奈川方面では右端にランドマークタワー
1
少し斜度が出始めてきたところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し斜度が出始めてきたところ
一度車道に出ます(林道法華線)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度車道に出ます(林道法華線)
整備された登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された登山道
8:51分頃 経ヶ岳到着。少し食事休憩を取る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:51分頃 経ヶ岳到着。少し食事休憩を取る
経ヶ岳から丹沢方面・蛭ヶ岳などを遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳から丹沢方面・蛭ヶ岳などを遠望
2
アンテナなどが見えるのは(多分)大山か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナなどが見えるのは(多分)大山か?
2
経石通過。少し切れ落ちています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経石通過。少し切れ落ちています
半原越からは比較的登りが続きます。木道がよく整備されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半原越からは比較的登りが続きます。木道がよく整備されていました。
9:42頃 革籠石山到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:42頃 革籠石山到着
しばらく歩くとヤセ尾根部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くとヤセ尾根部
ロープ場,ハシゴ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場,ハシゴ
やせた感じの尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やせた感じの尾根
宮ヶ瀬湖が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬湖が見えてきました。
仏果山方面を臨む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏果山方面を臨む
分かりにくぃですがクサリ場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくぃですがクサリ場。
10:16頃 仏果山到着。ここまで数名しか出会いませんでしたが,仏果山には多くの登山者。
宮ヶ瀬湖側の登山口から登られる方が多かった模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16頃 仏果山到着。ここまで数名しか出会いませんでしたが,仏果山には多くの登山者。
宮ヶ瀬湖側の登山口から登られる方が多かった模様。
1
仏果山頂にそびえる展望台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏果山頂にそびえる展望台。
1
展望台から丹沢方面を臨む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から丹沢方面を臨む。
2
南側には薄っすらと伊豆大島(だそうです)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には薄っすらと伊豆大島(だそうです)
1
次に上る高取山。少し紅葉有。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に上る高取山。少し紅葉有。
2
これまで登ってきた経ヶ岳方面も臨む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまで登ってきた経ヶ岳方面も臨む。
2
展望台から下を臨む。意外と高度感。
10:45頃から下に降りて高取山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から下を臨む。意外と高度感。
10:45頃から下に降りて高取山に向かいます。
11:11頃 高取山到着。(仏果山から高取山までの登山道写真は取り忘れ)比較的歩きやすい登り返しだったと記憶。
山頂にはボーイスカウトの子供たちが多数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:11頃 高取山到着。(仏果山から高取山までの登山道写真は取り忘れ)比較的歩きやすい登り返しだったと記憶。
山頂にはボーイスカウトの子供たちが多数。
高取山にも展望台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山にも展望台。
展望台から宮ヶ瀬湖の堰堤を臨む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から宮ヶ瀬湖の堰堤を臨む。
先ほど登った仏果山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど登った仏果山。
高取山の展望台からは宮ヶ瀬湖と丹沢がよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山の展望台からは宮ヶ瀬湖と丹沢がよく見えます。
3
東側は都会の喧騒。
展望台を下りて愛川ふれあいの村方面に下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側は都会の喧騒。
展望台を下りて愛川ふれあいの村方面に下山します。
高取山からの登山道は広くてよく整備されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山からの登山道は広くてよく整備されていました。
延々と木道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と木道が続きます。
愛川ふれあいの村に戻ると紅葉祭りで非常ににぎわっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛川ふれあいの村に戻ると紅葉祭りで非常ににぎわっていました。
1

感想/記録

良い天気に恵まれ,非常に快適な登山。登山道も全般的によく整備されており,安心できました。
冬は空気も澄んで遠望が効いたのも非常に良かった。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ