また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1311465 全員に公開 ハイキング奥秩父

唐松尾山〜笠取山

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:民宿みはらし(500円/日)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間32分
休憩
1時間3分
合計
6時間35分
S民宿みはらし09:3009:51牛王院下09:5510:41牛王院平(牛王院北)10:47山ノ神土11:37唐松尾山12:0012:222044P12:2512:46黒槐山(黒槐ノ頭)13:04水干尾根13:09水干13:3213:37水干尾根13:48笠取山13:5014:04笠取山展望地14:0514:16笠取山西14:21小さな分水嶺14:28雁峠分岐14:40笠取小屋14:4515:16一休坂分岐15:30作場平橋駐車場15:3215:50中島川口16:05民宿みはらしG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖Tシャツ 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ スニーカー サブザック 昼ご飯 行動食 ハイドレーション 水筒(保温性) ヘッドランプ 保険証 携帯 サングラス タオル

写真

"民宿みはらし"からスタートです。
2017年11月12日 09:29撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"民宿みはらし"からスタートです。
3
道が沢で分断されています。
2017年11月12日 09:49撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が沢で分断されています。
分岐点
分かりにくいけど、進むのは左側。
2017年11月12日 09:55撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点
分かりにくいけど、進むのは左側。
1
雲一つない青空。
2017年11月12日 10:05撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない青空。
霜柱キラキラ。
2017年11月12日 10:32撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱キラキラ。
2
山の神土
2017年11月12日 10:48撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神土
工事中。
ご苦労様です。
2017年11月12日 10:58撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事中。
ご苦労様です。
本日の富士山さん。
2017年11月12日 11:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の富士山さん。
4
唐松尾山頂上
2017年11月12日 11:39撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾山頂上
2
お立ち台
2017年11月12日 11:38撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お立ち台
本日のランチ
(芋汁です。)
2017年11月12日 11:46撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のランチ
(芋汁です。)
いい眺めです。
2017年11月12日 12:27撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい眺めです。
3
南アの山々。
2017年11月12日 12:31撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アの山々。
瘤の木
2017年11月12日 12:39撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瘤の木
内側
滴は確認できず。
2017年11月12日 13:12撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内側
滴は確認できず。
水干沢
2017年11月12日 13:16撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水干沢
ここから流れていくのです。
2017年11月12日 13:25撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから流れていくのです。
笠取山頂上
2017年11月12日 13:50撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取山頂上
1
反対側
2017年11月12日 13:53撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側
1
パノラマ1
2017年11月12日 14:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ1
パノラマ2
2017年11月12日 14:02撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ2
パノラマ3
2017年11月12日 14:03撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ3
パノラマ4
2017年11月12日 14:03撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ4
振り返って笠取山。
すごい急坂だ。
2017年11月12日 14:14撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って笠取山。
すごい急坂だ。
4
小さな分水嶺
多摩川側
2017年11月12日 14:22撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺
多摩川側
小さな分水嶺
荒川側
2017年11月12日 14:22撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺
荒川側
小さな分水嶺
富士川側
2017年11月12日 14:23撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺
富士川側
もこもこ。
2017年11月12日 14:26撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もこもこ。
1
すすき。
2017年11月12日 14:27撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すすき。
笠取小屋
2017年11月12日 14:44撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取小屋
滴はせせらぎとなり
2017年11月12日 14:52撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滴はせせらぎとなり
1
沢となる。
2017年11月12日 14:56撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢となる。
1
作場平
2017年11月12日 15:30撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作場平
1

感想/記録

初めて
●ずっと悪天候の休日が続いていましたが、天気予報曰く"絶好のお出かけ日和"。であれば、山行かないのはもったいない。ということで急遽計画。はじめは"笠取山"だけだったのですが、せっかくだからと"唐松尾山"も加えました。時間的に早いということで反時計回りに。
●細くて擦れ違いが不安になる林道を進み、登山口に着きました。登り初めはなかなかに急坂で、かかとが地面に付かない状態に。おかげでグングン高度が上がります。木々の向こうに富士山さんや南アの皆さんが見えます。
●"唐松尾山"の手前では、崩落箇所補修工事をしていました。(休工日でしたが。)機材をヘリコプターで上げて、毎日麓から登って工事をしているそうです(みはらしのおばちゃん談)。山頂付近は岩場っぽい所もあり、楽しかったです。
●今回のメインは"水干"です。多摩川の水源地、最初の一滴を見てみたい。水干では滴を確認できませんでしたが、その下の湧き水場で最初の水を確認できました。ここから東京湾まで流れていくのに、どれぐらいの時間がかかるのでしょう。
●"笠取山"も山頂近くはスリルのある山でした。逆回りだとかなりの急坂でかなり苦労しただろうなぁと思いました。三分水嶺では水をかけて遊んでみました。
●下りは、登った分ひたすら下りが続きます。しかし、小屋の方が整備してくださっている様で、道はとても歩きやすくなっていました。笠取小屋でコーヒーブレイクをして、体を温めなおしてから下山しました。
●"民宿みはらし"に着いたら、黒い甲斐犬と飼い主家族がいました。後からおばちゃんに数年前に遭難した男性とそのご家族のお話をお聞きしました。男性とワンちゃんは一緒に山に入り、ワンちゃんだけが20日後に帰宅したそうです。ご家族は最期の地となった山に再会のためにいらっしゃるそうです。楽しいだけではない山の現実を知りました。(合掌)
…そして、次の山旅が始まるのです♪
訪問者数:167人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ