また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1311517 全員に公開 ハイキング中国山地西部

三段峡 帰りはバスに乗っちゃった!

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
35分
合計
5時間0分
S三段峡正面口07:4508:40黒渕09:40水梨口駐車場09:4510:10三段滝10:2510:55餅ノ木駐車場11:1011:35三段滝12:20猿飛渡船口12:45水梨口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

駐車場にはほとんど車がありません。
2017年11月12日 07:48撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にはほとんど車がありません。
2
朝の早い時間帯は谷底には陽光が届きません
2017年11月12日 07:50撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の早い時間帯は谷底には陽光が届きません
2
手掘りの隧道を通過します。
2017年11月12日 08:16撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手掘りの隧道を通過します。
3
稜線に陽光が当たり綺麗ですが残念ながら紅葉はほぼ終わっているようです。
2017年11月12日 08:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に陽光が当たり綺麗ですが残念ながら紅葉はほぼ終わっているようです。
黒淵荘の対岸を通過します。
2017年11月12日 08:43撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒淵荘の対岸を通過します。
4
水梨口辺からようやく日差しが当たるようになってきました。
2017年11月12日 09:39撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水梨口辺からようやく日差しが当たるようになってきました。
5
葭ヶ原はちょっとした広場になっており廃屋があります。
この廃屋なんかもったいない。
2017年11月12日 09:41撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葭ヶ原はちょっとした広場になっており廃屋があります。
この廃屋なんかもったいない。
2
三段の滝まで来ました。
2017年11月12日 10:10撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段の滝まで来ました。
8
餅ノ木へ向かう途中に大きな二股の滝がありました。
2017年11月12日 10:48撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餅ノ木へ向かう途中に大きな二股の滝がありました。
11
古い石柱があります。
2017年11月12日 10:53撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い石柱があります。
2
餅ノ木駐車場の先は自動車道になっていました。
2017年11月12日 10:57撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餅ノ木駐車場の先は自動車道になっていました。
1
再び三段の滝に戻ると途中ですれ違った団体2組でごった返していました。
2017年11月12日 11:35撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び三段の滝に戻ると途中ですれ違った団体2組でごった返していました。
4
水梨口から二段の滝の間は今が紅葉真っ盛りです。
2017年11月12日 12:14撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水梨口から二段の滝の間は今が紅葉真っ盛りです。
6
猿飛渡船は長蛇の列です。
90分待ちとか…
2017年11月12日 12:27撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿飛渡船は長蛇の列です。
90分待ちとか…
1
再び水梨口に戻りバスで三段峡正面口へ帰ります。
2017年11月12日 12:38撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び水梨口に戻りバスで三段峡正面口へ帰ります。
1

感想/記録

紅葉を見に安芸太田町の三段峡へ行きました。
紅葉シーズンは非常に混雑すると聞いていたので7時半頃到着しましたが、まだ駐車場はガラガラでほとんど人も居ませんでした。
交流広場近辺の駐車場はまだ管理人さんがおられずどうしようかと悩みましたが、少し離れた駐車場にたまたま早く管理人さんが来ていたので400円を払い駐車しました。

この遊歩道は両側を切り立った山に挟まれ、天気が良くても早いうちは陽光が届かず紅葉も余り輝きません。
水梨口辺りまで来てようやく谷底にも光が差すようになってきました。

売店でもあるかと思い葭ヶ原へ向かいましたが休憩する広場はあるものの元々は旅館かお店だったと推察できる廃屋があるだけなのでそのまま三段滝へ向かいます。

三段滝の前は大きなアーチ型の広場になっており目の前に迫力のある三段滝を眺めることができます。
時間もあったのでそのまま餅ノ木まで行ってみることにしました。
途中、名前はないものの大きく二股になった滝がありました。
紅葉が既に終わっており残念でしたが紅葉ピークの時はここもかなり綺麗だと思われます。

途中で反対側から登山者が現れたので道を譲りましたが、数人だと思っていたのに次から次へと人が現れ途切れることがありません。
総勢70人位おられたのではないでしょうか。
すれ違いざま「こんにちは」と挨拶をしましたが皆さん会釈はするもののどなたも黙って行き違われるのでおかしいなぁと思っていましたが、どうやら韓国人の団体さんだったようです。
流石に「ブルーガイド」で三ツ星を獲得しただけあって国際色豊かです。
当日は韓国人以外にも中国人、インドネシア人の団体さんが来られており、インドネシア人の方々はイスラム教徒なので水梨口近くの広場でマットを敷いてお祈りされていたのが面白かったです。

餅ノ木まで歩いてみましたが駐車場以外何も無いので再び三段滝に戻ります。
戻ってみると先程は静かだった三段滝も団体さんが二組も重なり大賑わいです。
そのまま今度は二段滝方面へ行くことに。
水梨口〜三段滝〜餅ノ木は既に紅葉も終りに近い状況ですが葭ヶ原から二段滝の間は今が丁度紅葉真っ盛りでとても綺麗です。
紅葉を楽しみながら猿飛渡船まで行ってみましたが渡船乗り場は長蛇の列で、乗るつもりはありませんでしたが待ち時間が90分という状況のようでした。

水梨口に戻り河原で昼食を食べた後、正面口まで歩いて戻ろうかどうしようかと考えていましたが、ちょうど三段峡正面口行きのシャトルバスが出発するところだったので思わず楽をして乗ってしまいました。

次回は是非恐羅漢山〜十方山、周回で歩いてみたいですが、脚が遅いのでどうしてもテント泊になりそうです(熊が怖いなぁ…)
訪問者数:155人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ