また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1311980 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲全山縦走

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
須磨浦公園駅東1.5kmの国道沿いコイン🅿️で車中泊。21時着時は二台空き、朝2時に満車、24時間600円、スタート地点まで歩いて15分。下山後は宝塚から須磨駅まで阪急、神戸高速線、山陽線電車乗り継ぎ、🅿️により近い須磨駅で下車して車回収。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間9分
休憩
30分
合計
11時間39分
Sスタート地点05:0205:15鉢伏山05:1605:19旗振山05:2005:26鉄拐山05:32おらが茶屋05:49栂尾山05:5005:59横尾山05:5906:07須磨アルプス馬の背06:12東山06:1306:29妙法寺06:2906:57荒熊神社06:5707:01高取山07:06安井茶屋前広場07:0607:14高取山-丸山登山口07:1407:36鵯越駅07:3608:25菊水山08:3008:45天王吊橋08:4509:07鍋蓋山09:0709:23再度越09:2309:38桜茶屋(市が原)09:4009:46天狗道分岐点09:4910:20学校林道分岐10:2010:36行者尾根分岐10:3610:38イノシシのある展望地10:3910:44天狗道マザーツリー10:4510:49摩耶山10:5010:54摩耶ロープウェー星の駅10:5811:00掬星台11:0412:32三国池手前12:3212:41丁字ヶ辻12:4112:44藤原商店12:4412:51記念碑台12:5113:07みよし観音13:0713:11六甲ガーデンテラス13:1113:17岩塔状バットレス13:1813:46一軒茶屋13:5313:59石の宝殿13:5914:12水無山14:1214:31船坂峠14:3114:52大平山14:5215:07大谷乗越15:0915:36譲葉山15:3615:42岩倉山15:4215:55塩尾寺15:5516:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルートは明瞭も、街中や、山中、ガーデン以降は特に慣れた人はショートカットあり。街中は特に早朝は静かに。階段、舗装路が多く、脚に厳しい。摩耶山までは、山と街歩きの繰り返し、UP.DOWN激しい。摩耶から車道が大半。一軒茶屋〜塩尾寺までは展望も無くとにかく長い、塩尾寺からは舗装路のど急坂の下り地獄。

写真

さあ、出発。初めて参加の去年は3時30分に並んで、5時10分ごろスタート、今年は3時に並んで5時スタート。
2017年11月12日 05:02撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、出発。初めて参加の去年は3時30分に並んで、5時10分ごろスタート、今年は3時に並んで5時スタート。
神戸の夜景
2017年11月12日 05:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神戸の夜景
やっと夜が明けてきた
2017年11月12日 05:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと夜が明けてきた
須磨アルプスを行く先行者
2017年11月12日 06:05撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須磨アルプスを行く先行者
鵯越辺りの山間では列車が登山道の横を走行
2017年11月12日 07:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鵯越辺りの山間では列車が登山道の横を走行
実は全縦走路中一番好きなのは山頂でも、稜線でも無く、ここ鵯越辺りの景色
2017年11月12日 07:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は全縦走路中一番好きなのは山頂でも、稜線でも無く、ここ鵯越辺りの景色
なんとなく撮影、神戸の街が綺麗に見えたけど、写真には写らず。
2017年11月12日 09:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく撮影、神戸の街が綺麗に見えたけど、写真には写らず。
大会でなければ、ゆっくり歩きたい
2017年11月12日 09:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大会でなければ、ゆっくり歩きたい
市ケ原辺りは今年も紅葉見頃
2017年11月12日 09:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ケ原辺りは今年も紅葉見頃
1
掬星台から西宮、尼崎、大阪方面
2017年11月12日 10:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掬星台から西宮、尼崎、大阪方面
掬星台から神戸方面
2017年11月12日 10:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掬星台から神戸方面
掬星台のCT待ち時間休憩中に仰向けで空を見上げる
2017年11月12日 11:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掬星台のCT待ち時間休憩中に仰向けで空を見上げる
大竜寺からの舗装路下り
2017年11月12日 16:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大竜寺からの舗装路下り
ゴール後、去年に続き一緒に行った山友と合流して、全山縦走ラーメン食す。
2017年11月12日 21:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール後、去年に続き一緒に行った山友と合流して、全山縦走ラーメン食す。
撮影機材:

感想/記録

去年に続き2回目の参加。須磨浦公園駅東国道2号線沿のコイン🅿️で前日9時から車中泊、3時にスタート地点に並び(去年は3時半)、前から70番目くらい(去年は150番目くらい)、待つ間もさほど寒く無く、5時過ぎにスタート。くらい中、階段を一気に駆け上がり、旗振山ではトップグループに。鉄拐、栂尾を超え、須磨アルプス過ぎごろに空が白んできた。鍋蓋山、菊水山も一気に登り切り、第1CP菊水山三番着。摩耶の登りでも全くバテなかったが、第2CP掬星台では9着、ここから第3CP一軒茶屋まではロードが大半。みんな早足、なんとか追随するも一軒茶屋では21着。ここからは下り基調で、14kmの長い単調なルート。右脚の膝裏に違和感を感じたのは、ロードを終えて樹林の下りに入ったところ。段差の下りで右脚着地時に力が入らず、着地時に激痛と、踏ん張り効かず膝折しそう。なんとか右脚に負担が掛からないよう、右手で支えながら、ゆっくり右脚を下ろす動作でくだる。いつもの三分の一のペースとなり、なんとか完走を目標に切り替えてモチベーションを維持。後ろから来る人に道をどんどん譲り、情け無いやら悔しくやら。塩尾寺まではなんとかモチベーション保ってきたが、ここからの舗装路のど急降下に気持ちが切れた。こんな脚に負担の掛かる道をコースにしてるのはどうかと思いながら、宝塚ゴール。去年より46分遅れ。痛めていた左脚首と両脚の腿の筋肉痛、右脚膝裏痛と去年より満身創痍。前半飛ばし過ぎたのと、直近で長距離歩いていない、飲食機会が多く体重増が影響したと思う。二回参加して感じたのは、ロードと階段が距離的に半分のイメージで、全山縦走と言うより、須磨〜宝塚、山と階段、シティウォークと言い換えた方がいいのではということ。塩尾寺から宝塚までのロードは不要とか。しかし元々ハイキングの延長での縦走大会なので、街中を繋いで完歩することに意味があるんでしょうから、それ以外の目標を下手に持つと、このコースには疑問を持ってしまい参加のモチベーションが半減してしまいそう、、、
訪問者数:128人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 車中泊
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ