また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1312592 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

シブロク歩道入口〜1441m点〜バラ谷の頭〜黒法師岳〜黒法師岳登山口

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中小屋ゲートの手前(1.5〜1.7km位)に通行止め表示 6・7台は駐車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間56分
休憩
34分
合計
8時間30分
S駐車地点05:3105:49戸中川林道ゲート06:18休憩小屋06:30上足毛沢橋09:24バラ谷の頭09:5310:55黒法師岳10:5611:17等高尾根下降点12:34黒法師岳登山口12:36休憩小屋12:3913:03上足毛沢橋13:14休憩小屋13:42戸中川林道ゲート13:4314:01駐車地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

中小屋ゲートを過ぎてほどなく注意看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中小屋ゲートを過ぎてほどなく注意看板
黒沢山に朝日が入ったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢山に朝日が入ったようです。
4.0Km標識先の小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4.0Km標識先の小屋
シブロク歩道入口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シブロク歩道入口
入口からほどなくシブロク歩道は右(左岸側)へ。
今回はここから左へ向かいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口からほどなくシブロク歩道は右(左岸側)へ。
今回はここから左へ向かいました。
作業道がなくなり適当にトラバースして小尾根に絡むと再び踏み跡をみつけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道がなくなり適当にトラバースして小尾根に絡むと再び踏み跡をみつけました。
小尾根のほんのちょっとした平地にあった廃小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小尾根のほんのちょっとした平地にあった廃小屋
倒木の苔に日が当たってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の苔に日が当たってました。
シブロク歩道からの道と1441m点尾根の合流点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シブロク歩道からの道と1441m点尾根の合流点
笹がでてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹がでてきました。
バラ谷の頭山頂部の麻布山への道標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラ谷の頭山頂部の麻布山への道標
バラ谷の頭山頂部
陽が当たっていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラ谷の頭山頂部
陽が当たっていません。
本邦最南2000mの標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本邦最南2000mの標識
1
バラ谷の頭山頂標識
予想に反してガスで何も見えず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラ谷の頭山頂標識
予想に反してガスで何も見えず。
しばらくしたら黒バラ平が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくしたら黒バラ平が見えてきました。
黒法師岳の山頂はまだ雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒法師岳の山頂はまだ雲の中
黒バラ平へ下降中、変な紅葉だと思ったら誰かさんのザックカバーでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒バラ平へ下降中、変な紅葉だと思ったら誰かさんのザックカバーでした。
前黒法師岳も姿を見せました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前黒法師岳も姿を見せました。
黒バラ平
お日様が顔を出してくれないのが残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒バラ平
お日様が顔を出してくれないのが残念
上西平山の標識(1909m点付近)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上西平山の標識(1909m点付近)
やっと日が当たってきました。
黒バラ平からの黒法師岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと日が当たってきました。
黒バラ平からの黒法師岳
振り返ってバラ谷の頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってバラ谷の頭
黒法師岳に着きました。
前より笹が深くなっているような気がしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒法師岳に着きました。
前より笹が深くなっているような気がしました。
1
山頂標識の横に三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識の横に三角点
2
バラ谷の頭と丸盆岳の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラ谷の頭と丸盆岳の分岐
1
林道に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
等高尾根と林道が交差する地点の小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
等高尾根と林道が交差する地点の小屋
日蔭沢(橋の下部)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭沢(橋の下部)
日蔭沢(橋の上部)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭沢(橋の上部)
日蔭沢手前(中小屋ゲート側)の落石箇所
トラロープで規制されていますが、徒歩での通行は可能でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭沢手前(中小屋ゲート側)の落石箇所
トラロープで規制されていますが、徒歩での通行は可能でした。
1
中小屋ゲートの国有林案内図
※画像サイズ大きいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中小屋ゲートの国有林案内図
※画像サイズ大きいです
中小屋ゲートの落石箇所案内図
シブロク歩道も書かれています。
※画像サイズ大きいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中小屋ゲートの落石箇所案内図
シブロク歩道も書かれています。
※画像サイズ大きいです
中小屋ゲートに帰ってきました。
でも今回はここで終了とはいきません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中小屋ゲートに帰ってきました。
でも今回はここで終了とはいきません。
あかなぎさわ橋近く
ある程度有の雨が降れば、すぐに林道へ流れ出しそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あかなぎさわ橋近く
ある程度有の雨が降れば、すぐに林道へ流れ出しそうです。

感想/記録

前日に再び雪化粧した富士山でも眺めようかと秋晴れを期待して歩きましたがダメでした。

林道の様子と林道から取付いた登山道の様子を記録しておきます。

・水窪ダムの先で工事が行われている関係で、時間帯交通規制がされているようです。(日曜日の今回は工事が休みで影響なし。)
・戸中山林道は地形図の600m点付近で通行止めでした。(中小屋ゲートまで徒歩約20分)
・通行止め地点から中小屋ゲートまでの路面は車の通行が可能な状態でした。
・シブロク歩道入口と日陰沢の中間地点くらいでネットフェンスを破壊して落石が道をふさいでいました。それほど不安定ではないので、徒歩での通行は可能です。(MTBでも黒法師岳登山口まで走っていくことはできません。MTBを担ぐなりしてここを抜ければ可能です。)

・シブロク歩道入口(ゲートから4.5km地点)から入山し、シブロク歩道が沢の左岸へ渡る地点を反対に左方向へ作業道を進みました。
・あまりはっきりしない作業道を適当に歩いて高度を100m位稼ぎ、そのまま登ると斜度がきつくなりそうだったので、強引にトラバースして東側の小尾根に取り付きました。
・小尾根には一部しっかりした踏み跡がありましたが、小尾根の東側斜面の工事のためのもののようで、工事箇所上部の高さまでくると再びはっきりしなくなりました。
・マークはほとんどありませんでした。尾根形状が消えた1240m辺りと1350m辺りの1441m点尾根からの下降点には、古い赤布がありました。
・1441m点尾根とシブロク歩道からの道が合流した地点から上はピンクテープが付けられていました。合流点より下はマークを頼りに歩くことはできないと思った方が良いと思います。


※踏み跡があって歩きやすいのではないかと期待して歩いたのですが、予想が外れました。他の方の記録を見るとシブロク歩道の上側の小屋と1441m点尾根との間もマークが付けられたようなので、そちらの方が快適に歩けると思います。

訪問者数:295人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/8
投稿数: 129
2017/11/14 18:58
 今回はニアミスでしたね
gen0715さん,こんばんは。

今回はニアミスでしたね。
ボクのほうがちょっと遅く出発して,
帰ってきたのもボクのほうがずっと遅かったみたいです。

お天気を期待して登ったのですが,
標高2000mより上はガスってましたね。残念でした。

深南部へはこれからもときどきお邪魔するつもりです。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
登録日: 2011/12/24
投稿数: 31
2017/11/14 20:31
 Re: 今回はニアミスでしたね
hushiyamaさん、こんばんは。

今回は本当にニアミスでした。
私は水窪ダムに結構車がとまっているなと思いながら、トイレに立ち寄りました。
その内の1台がきっとhushiyamaさんだったんですね。
帰って来た時も、朝は無かった1台がとまっているなとは思いましたが、ナンバーもチェックしませんでした。それがhushiyamaさんの車だったんですね。

天気は本当に残念でしたね。
自分も太陽に向かって歩いている感じで、まぶしくて道がよく見えないなと思っていたのに、
バラ谷の頭に着いた時に黒バラ平すらも見えず「えっ、何で?」という感じでした。

hushiyamaさんの不動岳入山の情報提供になるかなとも思い、中小屋ゲートまでは車で行けないことは承知での今回の山行でしたが、ちょっと遅かったですね。

こちらこそ、どこかでお会いできるのを楽しみにしていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ