また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1316181 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

高見山(霧氷を眺めに)

日程 2017年11月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ一時霰
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大峠の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間56分
休憩
17分
合計
2時間13分
S大峠13:0713:37高見山13:5114:38杉谷・平野分岐14:46小峠14:4915:20大峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

起点は強風吹きすさぶ大峠。出発しようとした途端に降り始めたみぞれが止むのを見計らって、
2017年11月19日 13:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起点は強風吹きすさぶ大峠。出発しようとした途端に降り始めたみぞれが止むのを見計らって、
1
マユミの実見送られて、高角神社の鳥居をくぐって歩き始めます。
2017年11月19日 13:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マユミの実見送られて、高角神社の鳥居をくぐって歩き始めます。
4
樹林帯の中は、大峠と違ってあまり風を感じません。落葉を踏み締めながら登り、苔むした岩が累々と積み上がる斜面を通り過ぎると、
2017年11月19日 13:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中は、大峠と違ってあまり風を感じません。落葉を踏み締めながら登り、苔むした岩が累々と積み上がる斜面を通り過ぎると、
1
赤色や煉瓦色に色づくカエデを見かけます。
2017年11月19日 13:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤色や煉瓦色に色づくカエデを見かけます。
2
ほどなく、霧氷地帯に差し掛かります。木々の梢はみな繊細な霧氷をまとい、頂上での霧氷見物に期待が高まります。
2017年11月19日 13:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく、霧氷地帯に差し掛かります。木々の梢はみな繊細な霧氷をまとい、頂上での霧氷見物に期待が高まります。
5
白い装いをした木々の合間をジグザグに登り続けます。途中、みぞれが舞うこともありましたがすぐに止み、
2017年11月19日 13:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い装いをした木々の合間をジグザグに登り続けます。途中、みぞれが舞うこともありましたがすぐに止み、
1
高角神社の社殿が鎮座する高見山の頂上に到着します。一帯の霧氷は期待に違わず見事なもの。
2017年11月19日 13:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高角神社の社殿が鎮座する高見山の頂上に到着します。一帯の霧氷は期待に違わず見事なもの。
7
霧氷に覆われて凍てつくマユミの実。
2017年11月19日 13:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷に覆われて凍てつくマユミの実。
4
到着した際は視界がありませんでしたが、しばらく待っているとガスが吹き飛ばされて曽爾・室生の山々が姿を現します。
2017年11月19日 13:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着した際は視界がありませんでしたが、しばらく待っているとガスが吹き飛ばされて曽爾・室生の山々が姿を現します。
2
続いて避難小屋の上の展望台に移動し、台高・大峰方面に視線を向けますが、こちらは分厚い雲に遮られたままです。
2017年11月19日 13:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて避難小屋の上の展望台に移動し、台高・大峰方面に視線を向けますが、こちらは分厚い雲に遮られたままです。
4
冷風に耐えながらしばらく霧氷見物。立派なエビのしっぽを張り巡らせて揺れる木々。
2017年11月19日 13:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷風に耐えながらしばらく霧氷見物。立派なエビのしっぽを張り巡らせて揺れる木々。
7
霧氷にびっしりと覆われた尾根の彼方に、金剛山・大和葛城山のシルエットが見え隠れします。
2017年11月19日 13:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷にびっしりと覆われた尾根の彼方に、金剛山・大和葛城山のシルエットが見え隠れします。
6
鉛色の空の下では霧氷がいま一つ見映えしませんが、雲が吹き飛ばされて青空が広がると、白い梢の美しさを引き立ててくれます。
2017年11月19日 14:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉛色の空の下では霧氷がいま一つ見映えしませんが、雲が吹き飛ばされて青空が広がると、白い梢の美しさを引き立ててくれます。
5
やはり、霧氷は青空の下でこそ映えるもの。さながら霧氷の廻廊と化した尾根を下っていきます。
2017年11月19日 14:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり、霧氷は青空の下でこそ映えるもの。さながら霧氷の廻廊と化した尾根を下っていきます。
2
吹き曝しの痩せ尾根に差し掛かると、
2017年11月19日 14:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き曝しの痩せ尾根に差し掛かると、
2
エビのしっぽはますます賑やかに。
2017年11月19日 14:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビのしっぽはますます賑やかに。
5
尾根の北面は見渡す限り霧氷に覆われて壮観です。
2017年11月19日 14:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の北面は見渡す限り霧氷に覆われて壮観です。
1
笛吹岩を過ぎると、雲の隙間から日が差すようになります。
2017年11月19日 14:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笛吹岩を過ぎると、雲の隙間から日が差すようになります。
4
明るい雰囲気となり、頭上を覆う霧氷が、生命が吹き込まれたように輝き始めます。
2017年11月19日 14:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい雰囲気となり、頭上を覆う霧氷が、生命が吹き込まれたように輝き始めます。
2
揺岩を通過します。
2017年11月19日 14:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
揺岩を通過します。
2
霧氷から零れ落ちる光を浴びて進みます。
2017年11月19日 14:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷から零れ落ちる光を浴びて進みます。
3
杉谷・平野分岐に達し、ここで左折すると、
2017年11月19日 14:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉谷・平野分岐に達し、ここで左折すると、
先ほどまでの厳冬の雰囲気から一転して、この先は色づく木々に囲まれて秋の装いに。急坂を一気に下って、
2017年11月19日 14:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどまでの厳冬の雰囲気から一転して、この先は色づく木々に囲まれて秋の装いに。急坂を一気に下って、
3
小峠に降り立ちます。この先は、かつて本居宣長も越えた旧伊勢南街道へ。
2017年11月19日 14:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠に降り立ちます。この先は、かつて本居宣長も越えた旧伊勢南街道へ。
ところが林道から旧伊勢南街道への取付きをやり過ごし、さらに落とし物をして探しに戻ったりすることもありましたが、ともかく旧街道に合流します。杉の植林を抜け出て、
2017年11月19日 14:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが林道から旧伊勢南街道への取付きをやり過ごし、さらに落とし物をして探しに戻ったりすることもありましたが、ともかく旧街道に合流します。杉の植林を抜け出て、
緑、黄、赤がモザイク模様を思わせるカエデを見上げながら進むと、
2017年11月19日 15:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑、黄、赤がモザイク模様を思わせるカエデを見上げながら進むと、
4
一等水準点が置かれ、往時はこの道が主要街道であったことを窺わせますが、標石が横倒しになって残念な姿を晒しています。
2017年11月19日 15:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等水準点が置かれ、往時はこの道が主要街道であったことを窺わせますが、標石が横倒しになって残念な姿を晒しています。
1
その先は法面の縁を進むようになり、国見山方面に伸びる尾根が見通せます。
2017年11月19日 15:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は法面の縁を進むようになり、国見山方面に伸びる尾根が見通せます。
2
本居宣長の歌碑が建つ大峠に戻り着きます。
2017年11月19日 15:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本居宣長の歌碑が建つ大峠に戻り着きます。

感想/記録

 11月18日、(元)AC/DCのマルコム・ヤング先生の訃報が流れました。氏を悼んで、合掌。
訪問者数:538人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 避難小屋 法面 霧氷 水準点
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ