また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1316604 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

朝房山

日程 2017年11月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
木葉下町県道52号線の路側に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
28分
合計
5時間10分
Sスタート地点10:3512:32朝房山13:0015:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
看板・表示板がほとんどないので道を間違えてしまい、時間が掛かってしまいました。 この朝房山の山域は水戸市・城里町・笠間市の3市町にまたがっているが、山頂部および鳥居は笠間市内に入る。
コース状況/
危険箇所等
yamasanpoさんのブログを参考にして、周回コースを計画しましたが、コースを間違えて、藪漕ぎ・泥濘で苦労しました。また、下山コースも藪漕ぎの近道が分からず、大分遠回りしました。
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図 マグネットコンパス GARMIN etrex-20 デジカメ

写真

木葉下町県道52号線の登山口。
2017年11月19日 10:34撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木葉下町県道52号線の登山口。
看板の左は林道ですが鎖で通行止め、右の山道へ向かう。
2017年11月19日 10:35撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板の左は林道ですが鎖で通行止め、右の山道へ向かう。
水源かん養保安林。
2017年11月19日 10:37撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水源かん養保安林。
沢筋はこんな感じですが、この少し先で尾根に上ります。
2017年11月19日 10:48撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋はこんな感じですが、この少し先で尾根に上ります。
尾根筋は歩き易い。
2017年11月19日 10:54撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋は歩き易い。
樹間から藤井川ダム・ホロルの湯方面が見える。
2017年11月19日 11:00撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から藤井川ダム・ホロルの湯方面が見える。
境界見出標 NO.58。
2017年11月19日 11:07撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界見出標 NO.58。
境界見出標 NO.59。
2017年11月19日 11:08撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界見出標 NO.59。
境界見出標 NO.63。
2017年11月19日 11:40撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界見出標 NO.63。
境界見出標 NO.69。
2017年11月19日 11:44撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界見出標 NO.69。
分岐点。右へ行ってしまった。ヤブ漕ぎで苦労する。
2017年11月19日 11:45撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点。右へ行ってしまった。ヤブ漕ぎで苦労する。
この前後、ヤブ漕ぎと泥濘で大変でした。
2017年11月19日 11:53撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この前後、ヤブ漕ぎと泥濘で大変でした。
地形図上破線の山道へ復帰。
2017年11月19日 12:10撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図上破線の山道へ復帰。
正面を横切る稜線の山道の左が朝房山、右が城里町(旧常北町)安渡地区となります。
2017年11月19日 12:15撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面を横切る稜線の山道の左が朝房山、右が城里町(旧常北町)安渡地区となります。
ここから上るのが良かった。
2017年11月19日 12:25撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから上るのが良かった。
予定より30分以上遅れて、山頂に到着。
2017年11月19日 12:32撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定より30分以上遅れて、山頂に到着。
三等三角点「浅房」201.07m。
2017年11月19日 12:32撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点「浅房」201.07m。
石の祠。
2017年11月19日 12:33撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の祠。
石碑の山名は「浅房山」。
2017年11月19日 12:33撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石碑の山名は「浅房山」。
山頂は草原状の広場で東屋がある。長椅子などがあれば最高ですね。
2017年11月19日 12:34撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は草原状の広場で東屋がある。長椅子などがあれば最高ですね。
立派な登山口の鳥居です。
2017年11月19日 13:05撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な登山口の鳥居です。
笠間市倉作地区からは、ここまで車で来られるようです。
2017年11月19日 13:08撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠間市倉作地区からは、ここまで車で来られるようです。
富士カントリー笠間クラブゴルフコース横の林道を下山する。
2017年11月19日 13:25撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士カントリー笠間クラブゴルフコース横の林道を下山する。
この100m手前にもこのような藪道があって、木葉下町金山地区への近道がある筈です。トライしましたが、藪がきついので断念する。そのため、車に戻るのに大変な遠回りになってしまった。
2017年11月19日 13:44撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この100m手前にもこのような藪道があって、木葉下町金山地区への近道がある筈です。トライしましたが、藪がきついので断念する。そのため、車に戻るのに大変な遠回りになってしまった。
何とか早くしようと焦りがあって、余計な寄り道。
2017年11月19日 13:51撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか早くしようと焦りがあって、余計な寄り道。
こんなところまで。
2017年11月19日 13:56撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところまで。
くれふし山の会の看板に、金山地区の近道に✖印が?
2017年11月19日 14:23撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くれふし山の会の看板に、金山地区の近道に✖印が?
水戸地区に入る。
2017年11月19日 14:34撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水戸地区に入る。
焦りのせいで、また寄り道。
2017年11月19日 14:59撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焦りのせいで、また寄り道。
悔しいので、金山地区の朝房山登山口を確認する。 確かに水戸市教育委員会が設置した石碑がある。日付は平成7年3月と記載されている。
2017年11月19日 15:25撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悔しいので、金山地区の朝房山登山口を確認する。 確かに水戸市教育委員会が設置した石碑がある。日付は平成7年3月と記載されている。
二股になっているが、右の方が先ほど下山した林道に近く、70〜80mで合流するように思います。 ただし長年使われていないようで、ヤブ漕ぎは覚悟しなければならないでしょう。
2017年11月19日 15:29撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股になっているが、右の方が先ほど下山した林道に近く、70〜80mで合流するように思います。 ただし長年使われていないようで、ヤブ漕ぎは覚悟しなければならないでしょう。
撮影機材:

感想/記録

登山道を少し整備して、標識設置等をすれば、良いハイキングコースになるでしょう。 好天の日曜日でしたが、誰一人にも会いませんでした。
訪問者数:1969人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 藪漕ぎ 近道 東屋 草原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ