また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1316969 全員に公開 雪山ハイキング四国

別子銅山跡・東平から西赤石山周回

日程 2017年11月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・NEXCO西日本・四国まるごと乗り放題プランを利用。
 神戸⇔四国:休日2日間で5300円。他に瀬戸中央道3900円(往復)必要
 https://www.michitabi.com/roundtour/shikoku2017/
・登山口となる東平(とうなる)は、新居浜ICから1時間弱。
・県道47号から分かれて東平地区へ向かう山道はすべて舗装路だが、細くてすれ違いが困難。マイントピア別子(道の駅)からのガイドツアーバスの時間帯を避けたほうがいいかも。
-
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
53分
合計
5時間39分
S東平06:3507:53角石原(銅山峰ヒュッテ)08:0908:38銅山越08:4609:59西赤石山10:2110:37兜岩10:4412:14東平登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●東平(750m)登山口から柳谷道で銅山峰ヒュッテまで、整備の行き届いた幅の広い登山道で、かつては作業道や生活道だった長い歴史を感じる。
●ヒュッテからショートカットして銅山越(1294m)に達するが、こちらもしっかりした登山道。
●銅山越から西赤石山山頂(1626m)までは、少し岩場があるが危険なほどでもない。ほぼ樹林が両側にあり、風にさらされる部分も少しだけ。山頂からの展望は良さそうだが、今回は残念ながら真っ白だった。
●山頂から兜岩方面(北方向)への下りは急激で、フィックスロープやハシゴなどもあるが滑り落ちないように注意が必要。今回のボクの周回とは逆方向に回るほうが安全で、すれ違った2パーティもそのような考えだったと思われる。
●兜岩の手前は、ブッシュが覆っていて少しルートがわかりにくい。登山口と書かれた案内板で安心する。
●斜度が緩くなったら、あとはジグザグに整備の行き届いた登山路をくだるだけ。
●産業遺産・別子銅山跡の観光MAPはこちら
 http://besshi.com/archives/category/map/
-
その他周辺情報道の駅マイントピア別子、別子温泉〜天空の湯〜
年中無休、受付10:00〜21:00、500円
http://besshi.com/onsen2/

道の駅から東平地区へのガイドツアーも出ています。
往復バス込みで1800円(盛況のようです)
http://besshi.com/bass/
-

写真

土曜日は日本赤十字・高知県支部にて雪上安全法救助員供淵好ーパトロール)の更新講習でした。
2017年11月18日 12:56撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土曜日は日本赤十字・高知県支部にて雪上安全法救助員供淵好ーパトロール)の更新講習でした。
4
せっかく四国へ来たのだから、日曜日は、東洋のマチュピチュと呼ばれている別子銅山跡、東平(とうなる)地区から西赤石山へ登ってきました。
2017年11月19日 06:36撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく四国へ来たのだから、日曜日は、東洋のマチュピチュと呼ばれている別子銅山跡、東平(とうなる)地区から西赤石山へ登ってきました。
東平地区のクルマで入れる一番奥が登山口となります。
2017年11月19日 06:37撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東平地区のクルマで入れる一番奥が登山口となります。
登山口の案内板ですが、まだ暗くてすみません。
2017年11月19日 06:45撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の案内板ですが、まだ暗くてすみません。
変電所跡です。
2017年11月19日 06:49撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変電所跡です。
登山口の横にある第三通洞です。
2017年11月19日 06:46撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の横にある第三通洞です。
3
整備の行き届いた広いジグザグ道を登って、分岐に着きました。
2017年11月19日 07:14撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備の行き届いた広いジグザグ道を登って、分岐に着きました。
稜線沿いの馬の背道でもよかったのですが、何となく沢ぞいの柳谷道を登りました。
2017年11月19日 07:18撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線沿いの馬の背道でもよかったのですが、何となく沢ぞいの柳谷道を登りました。
何度か、下がスケスケの橋を渡ります。
2017年11月19日 07:22撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か、下がスケスケの橋を渡ります。
木製の橋は、霜が立っていて滑りやすいので、注意、注意。
2017年11月19日 07:48撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木製の橋は、霜が立っていて滑りやすいので、注意、注意。
案内板はしっかりしてますね。
2017年11月19日 07:52撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板はしっかりしてますね。
こういった解説板もたくさんあって面白いです。
2017年11月19日 07:53撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういった解説板もたくさんあって面白いです。
第一通洞。
2017年11月19日 07:53撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一通洞。
雰囲気の良い銅山峰ヒュッテ。通年営業のようです。
2017年11月19日 07:54撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気の良い銅山峰ヒュッテ。通年営業のようです。
1
何人かの宿泊者の声がしていました。
2017年11月19日 07:55撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何人かの宿泊者の声がしていました。
ヒュッテ前から新居浜市街と瀬戸内海を望む。
2017年11月19日 07:56撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前から新居浜市街と瀬戸内海を望む。
3
銅山越へのショートカットです。左へ登ります。
2017年11月19日 08:13撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山越へのショートカットです。左へ登ります。
だんだんと白くなってきましたねぇ。上部は荒れているようで、風の音が凄いです。
2017年11月19日 08:33撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと白くなってきましたねぇ。上部は荒れているようで、風の音が凄いです。
3
銅山越(1294m)に着きました。風が強いです。
2017年11月19日 08:37撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山越(1294m)に着きました。風が強いです。
銅山越で行き倒れになった人を弔ったお地蔵様。
2017年11月19日 08:38撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山越で行き倒れになった人を弔ったお地蔵様。
2
銅山越の伝え。
2017年11月19日 08:47撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山越の伝え。
なんでもないピークに名前がついてました。
2017年11月19日 08:56撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんでもないピークに名前がついてました。
だんだんと樹氷になってます。
2017年11月19日 09:00撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと樹氷になってます。
4
このピークにも名前がついてました。
2017年11月19日 09:02撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークにも名前がついてました。
北西寄りの横殴りの雪です。
2017年11月19日 09:04撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西寄りの横殴りの雪です。
銅山越だけでなく、日浦方面からここへも登ってこれるようです。
2017年11月19日 09:10撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山越だけでなく、日浦方面からここへも登ってこれるようです。
もう完全に樹氷です。
2017年11月19日 09:43撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう完全に樹氷です。
2
11月中旬の四国内陸部で樹氷とは驚きです。
2017年11月19日 09:57撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11月中旬の四国内陸部で樹氷とは驚きです。
5
西赤石山山頂に着きました。残念ながら、周りは真っ白で展望がありません。
2017年11月19日 10:02撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西赤石山山頂に着きました。残念ながら、周りは真っ白で展望がありません。
5
兜岩方面に下りますが、素晴らしい?ほどの急降下でした。フィックスロープやハシゴはありますが、滑り落ちないように注意が必要です。
2017年11月19日 10:03撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩方面に下りますが、素晴らしい?ほどの急降下でした。フィックスロープやハシゴはありますが、滑り落ちないように注意が必要です。
アルミ製のハシゴも滑る滑る!
2017年11月19日 10:23撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルミ製のハシゴも滑る滑る!
やっと緩やかに。
2017年11月19日 10:30撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと緩やかに。
1
こちらに進むと、道の駅(マイントピア別子)までのロングルートですね。今回は行きません。
2017年11月19日 10:31撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらに進むと、道の駅(マイントピア別子)までのロングルートですね。今回は行きません。
兜岩の手前の岩に登ってみました。
2017年11月19日 10:39撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩の手前の岩に登ってみました。
この模様は、苔でしょうか?
2017年11月19日 10:40撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この模様は、苔でしょうか?
1
いま登ってきた雪化粧の西赤石山を望みます。
2017年11月19日 10:43撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いま登ってきた雪化粧の西赤石山を望みます。
6
三の森方面の展望。
2017年11月19日 10:43撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の森方面の展望。
7
標高が下がると、緑の苔と枯葉の世界に戻ります。
2017年11月19日 11:06撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がると、緑の苔と枯葉の世界に戻ります。
林道なみの登山道ですね。
2017年11月19日 11:25撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道なみの登山道ですね。
T字路にて小休憩。この周辺の案内板に書かれてある登山口とは、東平登山口を指します。
2017年11月19日 11:28撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T字路にて小休憩。この周辺の案内板に書かれてある登山口とは、東平登山口を指します。
橋が危ないので、下をまわってくれという意味です。
2017年11月19日 11:38撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が危ないので、下をまわってくれという意味です。
なんとなく、まだ行けそうですが・・・
2017年11月19日 11:40撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく、まだ行けそうですが・・・
1
これは絶対に行けません!
2017年11月19日 11:44撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは絶対に行けません!
再度、T字路です。
2017年11月19日 11:52撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度、T字路です。
登山口は、平和な雰囲気が漂ってました。
2017年11月19日 12:08撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は、平和な雰囲気が漂ってました。
2
東平地区・旧採鉱本部跡からいま登ってきた西赤石山を望みます。これからちょっと観光します。
2017年11月19日 13:02撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東平地区・旧採鉱本部跡からいま登ってきた西赤石山を望みます。これからちょっと観光します。
3
銅製の案内板。最盛期の人口は約3800人を数えたという。
2017年11月19日 12:32撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅製の案内板。最盛期の人口は約3800人を数えたという。
まづは、ここから。
2017年11月19日 12:33撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まづは、ここから。
坑道トンネルのことを間歩(マブ)と呼ぶ。
2017年11月19日 12:59撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坑道トンネルのことを間歩(マブ)と呼ぶ。
1
廃墟が、東洋のマチュピチュを演出していますね。
2017年11月19日 13:06撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃墟が、東洋のマチュピチュを演出していますね。
3
採れた銅鉱石の貯鉱庫跡です。
2017年11月19日 13:09撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採れた銅鉱石の貯鉱庫跡です。
1
端出場地区(道の駅のマイントピア別子)からここまで索道が引かれたそうですね。
2017年11月19日 13:10撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
端出場地区(道の駅のマイントピア別子)からここまで索道が引かれたそうですね。
1
いい感じ
2017年11月19日 13:11撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じ
1
歴史を感じます
2017年11月19日 13:11撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴史を感じます
2
産業遺構の再生ですね。
2017年11月19日 13:12撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
産業遺構の再生ですね。
ドウダンツツジの紅葉が雰囲気を高めています。
2017年11月19日 13:12撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの紅葉が雰囲気を高めています。
こんなのや
2017年11月19日 13:13撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのや
2
こんなのや
2017年11月19日 13:13撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのや
こんなのやで
2017年11月19日 13:14撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのやで
2
たしかにマチュピチュの雰囲気がちょっとあります。
2017年11月19日 13:15撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たしかにマチュピチュの雰囲気がちょっとあります。
2
別子銅山遺構から西赤石山を望みます。
2017年11月19日 13:16撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別子銅山遺構から西赤石山を望みます。
5
まだ黄葉が残ってました。
2017年11月19日 13:21撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ黄葉が残ってました。
2
道の駅マイントピア別子まで移動して、温泉につかって終了です。
2017年11月19日 13:53撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅マイントピア別子まで移動して、温泉につかって終了です。
1

感想/記録

 土曜日は日本赤十字・雪上安全法救助員供淵好ーパトロール)の更新講習で高知支部へ行ってました。

 せっかく四国へ来たのだから、日曜日は、東洋のマチュピチュと呼ばれている別子銅山跡、東平(とうなる)地区から西赤石山へ登ってきました。こんな内地の四国にも寒気団の影響があって、意外に冬山を楽しめました。
-
訪問者数:340人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/27
投稿数: 1159
2017/11/21 20:52
 お疲れ様でした!
こんにちは♪
スキーパトロールもやられてるんですね!
赤石山周辺は江戸時代以前から銅の採掘の歴史がある土地、高知県側にも白滝鉱山が昭和まで栄えていましたが今は見る影もなく、渇水で旧大川村役場庁舎が現れた時ニュースに出るだけになってしまいました!
これからスキーシーズンですが、たまにバックカントリーするので救護隊に迷惑かけないようにしたいです!(笑)
登録日: 2008/6/16
投稿数: 1583
2017/11/21 23:15
 Re: お疲れ様でした!
犬連れのネコジゲンさん、こんばんは!
今回の赤石連山は、本当に冬山を楽しめましたね。ちょっと厳しかったですけど、樹氷が織り成す景色は、なかなかなものでした。白滝鉱山というのは初めて聞きましたが、機会があったらこちらにも訪れたいですね。観光化もほどほどにしないと、飽きられます。

自分もBCするので、いいところがあったら教えてください。今後もレポートを期待しています。
クマ
登録日: 2010/7/13
投稿数: 1223
2017/11/22 13:59
 ♫クマは喜び山かけまわる〜
クマさん、おこんちは。

霧氷と廃墟、短い時間でお買い得なハイクでしたね〜。

それにしても11月の四国で霧氷なんて今年の冬は早すぎ!
稜線の風は相当厳しかったのではないでしょうか。

別子銅山跡、廃墟好きのワタシにはたまらないですね〜。
マチュピチュとかナイアガラとかガラパゴスとか、「東洋の」って安易につけすぎな感はありますが。
せっかくいい味だしてるのに、立派すぎるオリジナルと比べられちゃうと逆にしょぼくなっちゃいますね。
でもここはなかなかいいです。
四国に行く機会があったら訪れてみたいですね。

雪が大好きなクマさん、明日からは早速スキー三昧ですか。
でも天気が...
お気をつけて。
登録日: 2008/6/16
投稿数: 1583
2017/11/22 15:20
 Re: ♫クマは喜び山かけまわる〜
おっと、廃墟好きのカノスケどんではないですか!
やってくると思ってましたよ(笑)
しかし、なんちゅうタイトルですか・・・
あたってますけど

廃墟好きの方はほかにもたくさんいるようで、ここのガイドツアーも盛況でバス4台連ねてましたよ。もっとも登山のほうは、ガイドツアーの場所(東平地区)が登山口となるので、この先はほとんど人はやってきません。今回お会いしたのも2パーティだけでしたね。ざまーかんかん

今週末、金曜日をお休みにして、明日からずっぽり立山で山スキーの予定でしたが、お天気が悪いし、あんまし降りすぎたので雪崩が頻発しているのとで、結局中止にしました。またまた、くやしー

クマ
P.S こんなサイト見つけましたが、カノスケどんは廃マニアなので、すでに知ってますよね。
https://haikyo.info/
-

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ