また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1317173 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

和名倉山届かずナシ尾根でランチ

日程 2017年11月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鮫沢橋ゲート前に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間6分
休憩
1時間20分
合計
9時間26分
Sスタート地点06:5307:09大洞ダム07:1010:27尻無ノ頭10:4212:08P1758付近13:1213:59尻無ノ頭15:53大洞ダム16:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道が在るのは取り付きの小尾根から標高850m付近の小屋まで。以降は落ち葉で踏み跡も見えない。1200mから下は、初見でいきなり下りに使うのは難しいと思う。GPSあれば別だけど。1350m付近から枯死したスズタケが現れるが、最初の(高さ)50m位は薙ぎ倒されてて邪魔にならない。尻無ノ頭辺りから尾根の南側は本格的な笹薮。尾根筋が灌木で歩き難い時などは、北側に外した方が歩き易い。

写真

ここから大洞ダムに向け、モノレールに沿って道が下っている。
2017年11月19日 07:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから大洞ダムに向け、モノレールに沿って道が下っている。
8
ダム堤体を渡って対岸へ行ける。
2017年11月19日 07:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム堤体を渡って対岸へ行ける。
9
ダム湖の様子。水は青緑色。
2017年11月19日 07:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム湖の様子。水は青緑色。
6
ユーシンブルーならぬオオボラブルー(≧∇≦)
2017年11月19日 07:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンブルーならぬオオボラブルー(≧∇≦)
30
ちゃんと道が在る。
2017年11月19日 07:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんと道が在る。
13
市ノ沢へはここをへつって行くみたい。こりゃあ止めといた方が良さそう。
2017年11月19日 07:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ沢へはここをへつって行くみたい。こりゃあ止めといた方が良さそう。
6
少し登ってここからトラバースしようと頑張るが、やっぱ無理でした。あっち側急過ぎ。諦めてナシ尾根ピストンに切り替える。
2017年11月19日 07:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ってここからトラバースしようと頑張るが、やっぱ無理でした。あっち側急過ぎ。諦めてナシ尾根ピストンに切り替える。
4
あそこまで登っちゃえば何とかなりそうなんだけどなあ。
2017年11月19日 07:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこまで登っちゃえば何とかなりそうなんだけどなあ。
5
下の方はなかなか良い色づき。
2017年11月19日 07:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方はなかなか良い色づき。
14
大規模崩落地横の小尾根を登って行く。
2017年11月19日 07:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大規模崩落地横の小尾根を登って行く。
7
マーキングに導かれてトラバ道に入ったが、尾根裏に回り込んでもまだトラバースしてる。ここから道を捨て尾根直登。
2017年11月19日 08:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキングに導かれてトラバ道に入ったが、尾根裏に回り込んでもまだトラバースしてる。ここから道を捨て尾根直登。
6
右の画角外から登って来た。下る時は、この窪みを下れば方角は大体合ってる筈。
2017年11月19日 08:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の画角外から登って来た。下る時は、この窪みを下れば方角は大体合ってる筈。
5
カラマツ林の中にポツポツとモミジがある。もう落葉間近な感じ。
2017年11月19日 08:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ林の中にポツポツとモミジがある。もう落葉間近な感じ。
38
マーキング見当たらないなあ。こりゃあ、下るとなったら見極めが大変だ。
2017年11月19日 08:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキング見当たらないなあ。こりゃあ、下るとなったら見極めが大変だ。
5
こういうのちょくちょく見かける。
2017年11月19日 08:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうのちょくちょく見かける。
6
ここでも結構な急登だが、上の方で更に反り返ってる。
2017年11月19日 08:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも結構な急登だが、上の方で更に反り返ってる。
7
振り返るとこんな景色。綺麗な三角が雲取山。と言う事は、左は芋木ノドッケと白岩山?
2017年11月19日 09:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな景色。綺麗な三角が雲取山。と言う事は、左は芋木ノドッケと白岩山?
15
1200m圏に乗った。ここから幾らか楽になる。
2017年11月19日 09:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m圏に乗った。ここから幾らか楽になる。
7
尻無ノ頭もまだまだ遠い。
2017年11月19日 09:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻無ノ頭もまだまだ遠い。
3
三峰の方から構内放送の声が聞こえる。あっちは物凄く賑わってるんだろうね。
2017年11月19日 09:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰の方から構内放送の声が聞こえる。あっちは物凄く賑わってるんだろうね。
3
スズタケの薙ぎ倒された広場に到着。昔見たツングースカの写真を思い出すなあ。
2017年11月19日 09:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズタケの薙ぎ倒された広場に到着。昔見たツングースカの写真を思い出すなあ。
21
雲取山荘の屋根が反射で光ってる。
2017年11月19日 09:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘の屋根が反射で光ってる。
38
右のギザギザが三ツ山?
2017年11月19日 09:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のギザギザが三ツ山?
11
松葉沢ノ頭辺り。
2017年11月19日 10:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松葉沢ノ頭辺り。
8
この道を行くと、尻無ノ頭を巻いてしまう。途中から方向転換してピークを目指した。
2017年11月19日 10:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道を行くと、尻無ノ頭を巻いてしまう。途中から方向転換してピークを目指した。
2
尻無ノ頭の三角点「尻梨」。
2017年11月19日 10:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻無ノ頭の三角点「尻梨」。
16
なかなか眺めが良い尾根だ。真ん中手前が霧藻ヶ峰で奥が酉谷山。
2017年11月19日 11:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか眺めが良い尾根だ。真ん中手前が霧藻ヶ峰で奥が酉谷山。
12
ああ、白岩山はこう見えるのか。と言う事は、No.17写真では芋木ノドッケが見えておらず、白岩山と前白岩山だったんだな。
2017年11月19日 11:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、白岩山はこう見えるのか。と言う事は、No.17写真では芋木ノドッケが見えておらず、白岩山と前白岩山だったんだな。
15
P1758を過ぎた所でタイムアップ。暫し葛藤があったけど戻る事にした。眺めの良いここでランチ。
2017年11月19日 12:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1758を過ぎた所でタイムアップ。暫し葛藤があったけど戻る事にした。眺めの良いここでランチ。
22
再びここに戻って来た。しかし印象深い風景だねえ。やっぱり2014年(だったか)の豪雪が原因だろね。
2017年11月19日 14:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びここに戻って来た。しかし印象深い風景だねえ。やっぱり2014年(だったか)の豪雪が原因だろね。
17
標高が下がるとカラフルになってくる。
2017年11月19日 15:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がるとカラフルになってくる。
6
仕事道見付けたが、目指す方向に向かわないんで途中から捨てた。
2017年11月19日 15:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事道見付けたが、目指す方向に向かわないんで途中から捨てた。
4
先達のレコでよく見る小屋。ここから道が現れる。
2017年11月19日 15:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先達のレコでよく見る小屋。ここから道が現れる。
5
はーっ、やっと大洞ダムに着いた。まだ100mの登り返しが待ってるけど。
2017年11月19日 15:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はーっ、やっと大洞ダムに着いた。まだ100mの登り返しが待ってるけど。
8
静かなダム湖。
2017年11月19日 15:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かなダム湖。
7
これ使って登りたい(^_^;)
2017年11月19日 15:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ使って登りたい(^_^;)
21
撮影機材:

感想/記録

18・19日で仙波尾根からバラクチ尾根へ周回する予定で、将監小屋にも予約を入れていた。しかし、数日前の天気予報で18日が雨だった為キャンセルした。この盛り上がったまま行き場の無くなった気持ちをどうしてくれるー。で、前日に急遽思い付いたのが、仁田小屋の頭東尾根ー和名倉山ーナシ尾根の周回だった。

仁田小屋の頭東尾根は、fuya0123さん・Key55さんコンビをはじめ、数名の方が登られている。大洞川の渡渉が嫌だなーと思っていたら、お一方だけ末端から登られていた。写真を見る限り、市ノ沢は飛び石で行けそうな感じ。これはパクらせて頂くしかないな。

だが出だしでいきなり躓いた。湖岸のトラバースが危険過ぎる。初っ端からドボンして、濡れて帰るなんて嫌だー。で、ナシ尾根ピストンに切り替えた。しかしこれも完遂出来ずに終わる。山頂まで5時間と見積ったが甘かった。P1758を越えた所で12時を迎える。さて、どうするか。

5時間登ったら帰りは3時間。まだ300mほど登るから、山頂まで1時間位は掛かるだろう。昼食を30分で切り上げ、行って帰って2時間で14時。すると下山は17時か。もう暗いな。無理して行くより、ここでのんびりランチにした方が良いだろう。

今考えても、この判断は正かったと思う。眺めの良い尾根で、印象の良いまま終わったのだから。

訪問者数:480人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ