また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1318297 全員に公開 沢登り丹沢

葛葉川本谷でロープワークと沢下り(?)のトレーニング

日程 2017年11月22日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真

今回練習で使用した6mほどの滝の横の岩。
ホールドも多くロープなしでも上り下りできる岩でロープ練習です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回練習で使用した6mほどの滝の横の岩。
ホールドも多くロープなしでも上り下りできる岩でロープ練習です。
残置ハーケンなどがいっぱい付いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置ハーケンなどがいっぱい付いている
まだエイト環やATCは持ってないので半マスト結びで懸垂下降してみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだエイト環やATCは持ってないので半マスト結びで懸垂下降してみる
さらにブルージックも組み合わせてみた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにブルージックも組み合わせてみた

感想/記録

久しぶりに沢登りの練習に行ってきました。
今回のポイントは以下2点です。
・懸垂下降などのロープワークを一人で練習してみること。
・緊急時などエスケープで沢を下る場合に備えて実際に体験してみること。
場所は以前訪れて勝手の分かっている葛葉川本谷にしました。

ロープワークについては途中に残置ハーケンなどがたくさんある岩があったのでそこで練習です。基本的にノーロープで登れるところですが、あえてロープを使って登ったり下ったりをいろいろなパターンでやってみました。
やはりロープは実際に現場で使うと本当に良い訓練になるし、やらないと忘れちゃいますから、たまにはこうしたこともやってみるべきですね。

また沢を下るのも以前から経験してみたかったことの一つです。一般的に沢は登りオンリーで降りることは普通しないですが、イザというときには降りる必要もあると思います。たぶん大変だろうなというのは予想してましたが、やはり同じ沢でも登りと下りは別物ですね。ホールドなどが確認しやすい登りと違って、下りは壁が見えないからルートファインディングしにくいです。だから懸垂下降が必要なんだなというのがよくわかりました。そして道迷いのときに沢を降りるな、というのは確かにと実感しました。
訪問者数:112人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道迷い 懸垂下降 ハーケン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ