また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1319002 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

玉川上水4

日程 2017年11月23日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
In) 西武拝島線東大和市駅
Out) 西武国分寺線鷹の台駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間13分
休憩
18分
合計
2時間31分
S東大和市駅13:4914:19玉川上水駅14:3014:37小平監視所14:40上水小橋14:4515:08小川橋15:26百石橋15:50鷹の橋15:5216:20鷹の台駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着(フリース) 雨具 ショルダーバッグ 飲料 GPS ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 カメラ

写真

前回の終点、西武拝島線東大和市駅から出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回の終点、西武拝島線東大和市駅から出発です。
東大和南公園という広い公園で、トラックやテニスコート、野球場などがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大和南公園という広い公園で、トラックやテニスコート、野球場などがあります。
紅葉も真っ盛りといったところです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も真っ盛りといったところです。
1
玉川上水駅北口に到着。南口に移動してから上水歩きの再開です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川上水駅北口に到着。南口に移動してから上水歩きの再開です。
玉川上水駅南口の広場は実は玉川上水の上に架かる橋になっていて、請願院橋という名が付けられています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川上水駅南口の広場は実は玉川上水の上に架かる橋になっていて、請願院橋という名が付けられています。
再び小平監視所。今日は前方に見える落ち葉回収機は稼働していませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び小平監視所。今日は前方に見える落ち葉回収機は稼働していませんでした。
1
上水小橋から玉川上水第二の水源に下りられます。ここから再生水に入れ替わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上水小橋から玉川上水第二の水源に下りられます。ここから再生水に入れ替わります。
1
玉川上水開削時の雰囲気が残っているところ、とあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川上水開削時の雰囲気が残っているところ、とあります。
1
近くのゴミ焼却施設からの余熱を利用した「こもれびの足湯」という施設があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くのゴミ焼却施設からの余熱を利用した「こもれびの足湯」という施設があります。
小川分水の説明板。先の小平監視所のあたりで新堀用水が明治に入って開削され、この辺りまで地下水路で通水されているとあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川分水の説明板。先の小平監視所のあたりで新堀用水が明治に入って開削され、この辺りまで地下水路で通水されているとあります。
地下水路のトンネルは「胎内堀」と呼ばれ、ここで地上に出てきます。この水は多摩川の原水だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地下水路のトンネルは「胎内堀」と呼ばれ、ここで地上に出てきます。この水は多摩川の原水だそうです。
1
玉川上水緑道。歩きやすい気持ちのよい散策路です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川上水緑道。歩きやすい気持ちのよい散策路です。
小川橋。交通量が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川橋。交通量が多いです。
この辺りの玉川上水は両岸は切り立った崖のようになっていて、地上からかなり深いところを流れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの玉川上水は両岸は切り立った崖のようになっていて、地上からかなり深いところを流れています。
1
百石橋。新しい道の開通と共に架けられた橋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百石橋。新しい道の開通と共に架けられた橋です。
百石橋から見た玉川上水。崖になっているのがよくわかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百石橋から見た玉川上水。崖になっているのがよくわかります。
鷹の橋。西武線の線路に行き当たりました。前方には踏切が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹の橋。西武線の線路に行き当たりました。前方には踏切が見えます。
西武線の電車が通ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西武線の電車が通ります。
1
玉川上水橋梁。前方に鷹の台駅が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川上水橋梁。前方に鷹の台駅が見えます。
やや歩き足りない感じでしたが、暗くなってきたので今回は鷹の台駅まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや歩き足りない感じでしたが、暗くなってきたので今回は鷹の台駅まで。

感想/記録

玉川上水の第4回。赤線が盲腸線になるのが気になるので、今回は前回終了の西武拝島線東大和市駅からスタートです。線路の北側を進み、東大和南公園というテニスコートやトラックのある大きな公園があります。紅葉もちょうど盛りの時期で綺麗です。
玉川上水駅の北口に到着し、構内を通って南口に。ここから玉川上水歩きは再スタートです。この日は水量は前回より少なく、また濁りもなくなっていました。小平監視所を再び通って、上水小橋、ちょうどこの場所のみ水面近くに下りることができるようになっています。前回も書きましたが、ここからは多摩川の原水に代わり再生水が流されています。ここからしばらくの間は、開削時の雰囲気が残る手掘りの水路になっている、と説明板に書いてありましたが、確かに趣のある風情です。前回は夕方になったので暗かったと思いましたが、今回まだ明るいうちでもこの上水の中は暗いということがわかりました。(写真を見るとわかるかと思います。)
ここからしばらくは玉川上水の両岸は大きな木々に囲まれ、森の中といった感じです。近くのゴミ処理施設の余熱を利用した足湯施設がありましたが、タオルを持っていなかったので、今回はパス。しばらく行くと、球が上水と反対側に小さな流れが出現します。新堀用水といって今の小平監視所の辺りで分水し、そのあとトンネルで通水されています。「胎内堀」といい、今も多摩川の原水が流されているとのことです。これらの分水が周辺の農村に恵の水を供給したそうです。
小川橋から先はますます玉川上水は深い崖の下を流れるようになります。水面は昼間でも暗く、光の反射があることで水面とわかる状況です。
しばらく行くと線路が見えてきます。西武国分寺線です。すぐ近くに鷹の台駅があり、この先進むかどうか逡巡しつつ、隣の公園の中を歩きましたが、この先も木々の雰囲気が良さそうなので、きっと明るい時に歩いた方がいいだろうなと思い、今回は短いですが鷹の台駅で終了としました。
訪問者数:37人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ