また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1319643 全員に公開 ハイキング丹沢

青根〜蛭ヶ岳

日程 2017年11月23日(木) [日帰り]
メンバー
天候雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

写真

釜立林道ゲート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立林道ゲート。
釜立林道第2ゲート。右側は舗装林道、正面奥は自然歩道の別れるが、どちらでも同じ場所に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立林道第2ゲート。右側は舗装林道、正面奥は自然歩道の別れるが、どちらでも同じ場所に出る。
自然歩道は沢沿いから入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然歩道は沢沿いから入る。
頑丈な鉄橋をわたる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑丈な鉄橋をわたる。
釜立林道終点にでる。モノレールの倉庫もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立林道終点にでる。モノレールの倉庫もある。
林道終点から登山道に入り、堰堤下の枯れ沢をわたる。まれに水があるが、渡れないほどの激しい流れが生ずることもあるので注意。その際は、左岸をあがって、堰堤上をとしょうする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から登山道に入り、堰堤下の枯れ沢をわたる。まれに水があるが、渡れないほどの激しい流れが生ずることもあるので注意。その際は、左岸をあがって、堰堤上をとしょうする。
この辺りは沢に水があり、ベンチもある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは沢に水があり、ベンチもある。
登りはじめて35ターン目くらいで、大岩の間を通過する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはじめて35ターン目くらいで、大岩の間を通過する。
大岩を通過すると、すぐに標識がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩を通過すると、すぐに標識がある。
丹沢主脈縦走路に合流。すぐ近くに黍殻避難小屋がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢主脈縦走路に合流。すぐ近くに黍殻避難小屋がある。
植林が途切れると、三峰、宮ヶ瀬宮ヶ瀬が見える。携帯もつながる場所もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林が途切れると、三峰、宮ヶ瀬宮ヶ瀬が見える。携帯もつながる場所もある。
雨にも関わらず、富士山が見えた。この左側には、檜洞丸が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨にも関わらず、富士山が見えた。この左側には、檜洞丸が見える。
ベンチの並ぶ方向に見えるのが蛭ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチの並ぶ方向に見えるのが蛭ヶ岳。
姫次から原小屋平に向かう途中、右側に崩壊地がある場所がある。ここからの景色は、地味に良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次から原小屋平に向かう途中、右側に崩壊地がある場所がある。ここからの景色は、地味に良い。
なだらかな丘で踏みあとが複数あるので、慣れない人は不安になるが、どこ歩いても同じ場所にたどり着く。もちろん、程度問題だが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな丘で踏みあとが複数あるので、慣れない人は不安になるが、どこ歩いても同じ場所にたどり着く。もちろん、程度問題だが。
景色がプチ良い崩壊地ピーク。1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色がプチ良い崩壊地ピーク。1
景色がプチ良い崩壊地ピーク。2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色がプチ良い崩壊地ピーク。2
景色がプチ良い崩壊地ピーク。3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色がプチ良い崩壊地ピーク。3
丹沢山へと続く主脈線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山へと続く主脈線。
雨はすっかり上がった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨はすっかり上がった。
登山道をはずれ、地蔵岳山頂に寄り道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道をはずれ、地蔵岳山頂に寄り道。
地蔵尾根降り口を見に行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根降り口を見に行く。
地蔵岳山頂からみた蛭ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳山頂からみた蛭ヶ岳。
この後ろが地蔵岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後ろが地蔵岳。
この黄色いのは、とても歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この黄色いのは、とても歩きやすい。
姫次手前の崩壊地から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次手前の崩壊地から。
もう蛭ヶ岳は雲で見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう蛭ヶ岳は雲で見えない。
ガスが出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが出てきた。
黍殻避難小屋手前の青根分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻避難小屋手前の青根分岐。
青根におりる。朝の雨はなかったかのように、地面は乾いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青根におりる。朝の雨はなかったかのように、地面は乾いている。
釜立林道におりた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立林道におりた。
沢水で顔を洗う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢水で顔を洗う。
釜立林道ゲート。終わり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立林道ゲート。終わり。
いやしの湯。ノンアルビールと芋茎の酢の物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやしの湯。ノンアルビールと芋茎の酢の物。
訪問者数:232人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ