また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1319702 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高水三山+馬仏山

日程 2017年11月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往き:JR沢井
帰り:JR軍畑
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間24分
休憩
4分
合計
2時間28分
S沢井駅07:1707:47山桜の樹07:4808:05惣岳山08:23馬仏山08:2408:32馬ぼとけ峠08:3308:41岩茸石山08:57高水山09:00常福院09:0109:30高源寺09:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沢井〜惣岳山:判りやすい道で、危険個所は特に無し。
惣岳山〜馬仏山:馬仏山方面への登りは入口の植林に青っぽいビニールテープが巻いてある。そこを左の尾根の方向に入って行くと、植林の中を急登、道がはっきりしない。あまりに急だったので、最初のピークの右側を巻いて行くと尾根に出て、その尾根を逆方向に辿りピークに達したが、ここは馬仏山でなく、馬仏山はこのピークの北のピーク。尾根道の踏み跡を辿って行くと、馬仏山山頂に到達する。
馬仏山〜岩岳石山:馬仏山頂から急激に下り通常のハイキングコースへ合流する。その後しばらく、通常のルートを進むが、岩岳石山へ水平距離200メートルくらい、標高730メートル前後の地点で、通常ルートを外れ尾根にある踏み跡を辿る。こちらは、そこそこ踏み跡がはっきりしているが、すぐに急登になり、眼前に大きな岩が見えてくる。岩の右側を登り踏み跡を少し辿ると765メートルくらいの小ピークに達する。樹間越しに川苔山が望まれる。この小ピークを越えて10メートルくらい行くと、通常のルートに合流する。そこから、岩岳石山頂へは、ほんのひと登りである。
岩岳石山〜高水山:判りやすい道で、危険個所は特に無し。
高水山〜舗装道路:判りやすい道で、危険個所は特に無い。ただし、563メートルのピーク手前から谷に下りるが、この下りの道は、やや狭く、登ってくる人とのすれ違いでは道を譲り合うことが大切。沢沿いの道を下り、堰堤の脇の階段を下りると、直に舗装道路になる。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 手袋 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 熊撃退スプレー ナイフ ツェルト

写真

沢井駅から歩き出す。御岳山頂付近に朝陽が当っている。今日も、天気が良さそう。
2017年11月25日 07:20撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢井駅から歩き出す。御岳山頂付近に朝陽が当っている。今日も、天気が良さそう。
青梅線沿いに歩く。
2017年11月25日 07:21撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青梅線沿いに歩く。
登山口
2017年11月25日 07:30撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
惣岳山へ続く尾根に乗った。ここまで沢井駅から20分くらい。
2017年11月25日 07:35撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山へ続く尾根に乗った。ここまで沢井駅から20分くらい。
山桜の樹がある地点
2017年11月25日 07:47撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山桜の樹がある地点
惣岳山頂
2017年11月25日 08:05撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山頂
馬仏山方面への尾根かと思い、この地点で左の尾根上の踏み跡を辿るが、小ピークを越えてすぐに通常ルートと合流した。
2017年11月25日 08:12撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬仏山方面への尾根かと思い、この地点で左の尾根上の踏み跡を辿るが、小ピークを越えてすぐに通常ルートと合流した。
通常ルートとの合流地点
2017年11月25日 08:14撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通常ルートとの合流地点
ここが、馬仏山方面へ続く踏み跡
2017年11月25日 08:16撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが、馬仏山方面へ続く踏み跡
たいへんな急登である。
2017年11月25日 08:17撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たいへんな急登である。
一つ目のピーク
2017年11月25日 08:20撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目のピーク
二つ目のピークが馬仏山
2017年11月25日 08:23撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目のピークが馬仏山
馬仏山から下りてきて通常ルートと合流した地点には、関東ふれあいの道の道標がある。
2017年11月25日 08:25撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬仏山から下りてきて通常ルートと合流した地点には、関東ふれあいの道の道標がある。
馬仏山から下りてきた地点で、下りて来た踏み跡を振り返る。
2017年11月25日 08:25撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬仏山から下りてきた地点で、下りて来た踏み跡を振り返る。
岩岳石山の手前200メートルくらいで、尾根の踏み跡を辿って左に道をそれる。
2017年11月25日 08:33撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩岳石山の手前200メートルくらいで、尾根の踏み跡を辿って左に道をそれる。
目前に大きな岩が現れた。この岩の右側を登る。
2017年11月25日 08:35撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目前に大きな岩が現れた。この岩の右側を登る。
小ピークに到着。川苔山が望まれた。
2017年11月25日 08:37撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークに到着。川苔山が望まれた。
小ピークから10メートルも進めば、通常ルートに合流。
2017年11月25日 08:38撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークから10メートルも進めば、通常ルートに合流。
岩岳石山到着
2017年11月25日 08:40撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩岳石山到着
筑波山(岩岳石山頂より)
2017年11月25日 08:41撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山(岩岳石山頂より)
棒の折山から日向沢の峰あたり(岩岳石山頂より)
2017年11月25日 08:41撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒の折山から日向沢の峰あたり(岩岳石山頂より)
川苔山と本仁田山の間に雲取山(岩岳石山頂より)
2017年11月25日 08:42撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山と本仁田山の間に雲取山(岩岳石山頂より)
高水山、そしてその向こうに見えるのはスカイツリーかな?(岩岳石山頂より)
2017年11月25日 08:43撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高水山、そしてその向こうに見えるのはスカイツリーかな?(岩岳石山頂より)
高水山
2017年11月25日 08:57撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高水山
煉瓦堂朱とんぼ、この後、ここで蕎麦打ち教室に参加
2017年11月25日 09:47撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煉瓦堂朱とんぼ、この後、ここで蕎麦打ち教室に参加
撮影機材:

感想/記録

10時から、軍畑にある煉瓦堂朱とんぼにて、蕎麦打ち教室があり、それに参加することになっていた。どうせ、軍畑までいくのだから、蕎麦打ち教室の前に、山に登ってみようということで、先週に引き続き高水三山に登ることにした。
この時季、早朝の沢井に下りると、さすがに寒い。半分走りながら登るつもりで、なんとなくトレランっぽい格好で来てしまったが、短パンにタイツは寒いと思った。
途中、水も飲まず、食べ物も食べず、休憩もほとんどとらずに歩いたり走ったりして2時間30分で下山。蕎麦打ち教室には間に合った。山行中は、それほどでもなかったが、止まると寒い。短パンの上に穿けるようなトレパンみたいなものを持ってくれば良かったと思った。
訪問者数:118人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ