また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1320568 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

瑞牆山 (みずがき山自然公園から周回)

日程 2017年11月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みずがき山自然公園の駐車場利用。到着時(8時頃)の気温-1℃、出発時(12:45頃)の気温+6℃。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間23分
休憩
40分
合計
4時間3分
Sみずがき山自然公園08:1809:09富士見平湧水09:1209:13富士見平小屋09:24小川山・瑞牆山分岐09:2509:30桃太郎岩10:02大ヤスリ岩10:0810:12瑞牆山10:1410:17弘法岩黒森分岐10:1910:22瑞牆山10:3610:38弘法岩黒森分岐10:4111:23不動滝11:2811:56小川山林道終点12:01小川山林道芝生広場分岐12:0212:17みずがき山自然公園12:2012:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:18駐車場-10:22瑞牆山山頂-11:22不動滝-12:19駐車場
コース状況/
危険箇所等
標高2000メートルあたりから登山道の凍結が見られ、山頂直下の南斜面で岩場が連続するエリアは岩と氷のミックスで難易度が上がっていた。山頂から北側の黒森コースは歩く人も疎らだが、北斜面のためか雪が雪のまま残っていて、南斜面の岩場よりも容易に通過が可能だった。

写真

富士見平小屋の水場は利用可能だった
2017年11月25日 09:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋の水場は利用可能だった
富士見平小屋のテント場
2017年11月25日 09:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋のテント場
富士見平小屋
2017年11月25日 09:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋
写真では分かりづらいが、結氷した沢
2017年11月25日 09:36撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分かりづらいが、結氷した沢
ここは登らない
2017年11月25日 10:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは登らない
2
凍結路が出てきた
2017年11月25日 10:18撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結路が出てきた
山頂直下の鎖場
2017年11月25日 10:19撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の鎖場
瑞牆山山頂
2017年11月25日 10:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山山頂
4
山頂からの眺め
2017年11月25日 10:23撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め
1
山頂から富士山
2017年11月25日 10:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から富士山
2
山頂からお隣の金峰山
2017年11月25日 10:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からお隣の金峰山
2
山頂から見た岩場
2017年11月25日 10:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見た岩場
山頂から見た八ヶ岳方面
2017年11月25日 10:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見た八ヶ岳方面
北斜面を下る。凍結していないので歩き易かった。
2017年11月25日 10:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面を下る。凍結していないので歩き易かった。
1
渡渉箇所
2017年11月25日 11:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉箇所
不動滝。半分凍っている。
2017年11月25日 11:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝。半分凍っている。
夏ならドボン
2017年11月25日 11:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏ならドボン
1
こんな感じの橋が多数
2017年11月25日 11:37撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの橋が多数
きれいな青
2017年11月25日 11:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな青
3
ここは晩秋の雰囲気
2017年11月25日 11:49撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは晩秋の雰囲気
駐車場から見た瑞牆山。ここから見るのが一番立派だった。
2017年11月25日 12:18撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から見た瑞牆山。ここから見るのが一番立派だった。
4

感想/記録

瑞牆山は10年以上前の5月に一度登っているが、記録は残っていても記憶はほとんどなかった。今回再訪して、周回コースで歩いてきた。

みずがき山自然公園の駐車場には8時過ぎの、自分としてはかなり遅い時間に到着。ノーマルタイヤなので早朝の移動は躊躇われ、この時間となってしまった。とまっているクルマは疎らだが、準備中の人もいる。以前来たときにどこにクルマをとめたかは全く記憶がない。歩き始めてもその印象は変わらなかった。昨日の30km近い日帰り山行の疲れがないと言えば嘘だが、好きでやっていることなので致し方ない。登りと言っても登山口で既に1500メートル近いので、今日は大きくは登らないのが幸い。行動時間も、予想では4時間程度とお気楽ハイキング程度だ。気温が低く寒いのでシェルまで着込んで歩き出すが、さすがにこれはすぐに暑くなって、アンダーとソフトシェルの2枚になる。出発時間が遅かったためか、富士見平付近までは人の姿を見なかったが、小屋には幾張りかのテントがあったし、休憩中の人もいた。標高は既に1800メートルを超えているにも関わらず、水場の水は出ていて利用可能だった。特に休憩などせずに進む。ここからは一旦下り、沢を渡ってから本格的な登りに入る。標高が2000メートルを超えると、登山道が凍り始めペースも落ちるようになる。岩場が凍っているので、凍った岩を踏まないよう気を付けて登るが、それでも時折つるつる滑ってしまう。この辺りから前後に人の姿を多く見掛けるようになる。岩場の難所だし、そこが凍結しているので、皆慎重に登らざるを得ないのだろう。登りではアイゼンは不要と考えて登るが、両手のストックはさすがに邪魔になるのでザックにしまう。両手両足を駆使した登りとなった。コルまで上がると反対側は日が当たらない北斜面のようで、氷ではなく雪が残っているように見えた。ここを登下降したほうが楽に見えたが、実際ピークを踏んだ後に歩いたら、そのとおりだった。コルから10分ほど登ると山頂に到達。ここまでほぼ樹林帯歩きで眺望は得られなかったが、山頂付近はさすがに眺めが良かった。ただ、山頂付近も雪がしっかりついているので、軽率な行動で滑って墜ちるなんてことになりそうであった。山頂からはお隣の金峰山がよく見える。ここも一度大弛峠からピストンしただけなので、そのうちもっとまともなコースで歩かなくては、と思っている。近くの八ヶ岳は山頂付近に雲がかかっているようだった。標高がもっと上がると雲が出やすかったのかもしれない。山頂からの景色は良いのだが、何せ狭いので長居はせずに下りにかかる。登りは使用しなかったチェーンスパイクを履いてから下りに掛かる。下りにかかると続々と登りの人とすれ違う。あれだけの人が山頂にいるスペースはないだろうと思う。コルまで戻り北斜面の黒森コースを下り始める。南側の岩場はカチコチの氷が岩場を覆っていて、難易度も高かったが、こちらは傾斜は急なものの、登山道は雪に覆われていて、スパイクの刃が良い具合に効き歩き易かった。岩と氷のミックスになった斜面を下るのも良い訓練になったとは思うが、こちらの下りの方が気楽である。このコースは歩く人も少なく、登りで利用しているパーティはほとんど見掛けなかった。自分は単純ピストンのコースが好きではないので、なるべく周回できるコースで歩いているが、このコースは人も少ないし、かといって手入れされていないわけでも全くないので、当たりのコースだった。山頂で履いたチェーンスパイクは、雪が消えてなくなるところまで使用した。下りでアイゼンをどこで脱ぐかは大抵悩ましいのだが、今回に関しては雪消えが割と分かり易く、雪が見えなくなったところで脱いで正解だった。途中にある不動滝は、ほとんど期待していなかったのだが、思っていた以上に立派。右側半分凍結しており、見応えがあった。ここで水飲みの小休止。もっと寒い時期にくれば滝は完全結氷しているのかもしれないが、その頃は道路がクローズになっているのだろうか。滝を過ぎると沢沿いの歩きが始まる。登山道上の雪氷はほとんどなかったが、時折は現れるので、都度要心しながら歩く。沢には小さい木製の橋が架けられているところがほとんどだったが、渡渉が必要なところもあり、凍っているところもあったので、滑ってドボンしないように慎重に渡渉した。そうこうしているうちに雪も氷もなくなり、林道に至る。もう安全圏。林道を歩き、途中で自然公園の中を歩いて駐車場に戻る。出発からほぼ4時間で戻ってきた。当初の予想どおり。

10年ぶりの瑞牆山は、周回コースで歩いたのでかなり楽しかった。登山道が南側と北側では全然性質が違うためだ。今回ももしまた単純ピストンだったら、記憶に残らない山行になっていたと思う。
訪問者数:259人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ