また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1320652 全員に公開 ハイキング丹沢

鳥戸BS-雷平-市原新道-蛭ヶ岳-大倉BS

日程 2017年11月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴 気温:朝8時鳥戸集落5度、夕方塔ノ岳-2度
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
10分
合計
7時間58分
S伝道(伝導)10:2910:47造林小屋(鳥屋財産区造林小屋)11:28原小屋沢11:28雷平12:11大岩滝12:28雷滝12:3313:17市原新道14:10蛭が岳14:1514:30不動ノ峰16:25金冷シ16:42花立山荘18:27大倉バス停18:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

閑静な鳥戸バス停付近の商店
2017年11月25日 07:44撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閑静な鳥戸バス停付近の商店
整備されたコースのある奥の松茸山は紅葉する木が多そうだ
2017年11月25日 08:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されたコースのある奥の松茸山は紅葉する木が多そうだ
炭焼き釜かな(現役)
2017年11月25日 08:14撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き釜かな(現役)
マス釣り場以降は林道に水が流れ込む場所が3か所ほどある
2017年11月25日 09:04撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マス釣り場以降は林道に水が流れ込む場所が3か所ほどある
落石ショットで穴2つ
2017年11月25日 09:23撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石ショットで穴2つ
大平分岐
2017年11月25日 09:32撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平分岐
まだモミジ
2017年11月25日 09:44撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだモミジ
本間の頭行きの道(森の家内通過)
2017年11月25日 09:44撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本間の頭行きの道(森の家内通過)
造林小屋内
2017年11月25日 10:47撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
造林小屋内
第1渡渉地点。裸足になる必要がある。自分は沢靴だから気にせず余計に5回ほど渡った。 滝見に長靴で来てるおじさんと偵察の兄さんにあった。
2017年11月25日 11:08撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1渡渉地点。裸足になる必要がある。自分は沢靴だから気にせず余計に5回ほど渡った。 滝見に長靴で来てるおじさんと偵察の兄さんにあった。
1
右岸は道形が残る
2017年11月25日 11:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸は道形が残る
2つの沢の合流地点雷平
2017年11月25日 11:28撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つの沢の合流地点雷平
1
地形図とは違い雷滝前渡渉まで左岸が歩きやすいし古いペンキやテープがある。
2017年11月25日 11:39撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図とは違い雷滝前渡渉まで左岸が歩きやすいし古いペンキやテープがある。
1
最後の渡渉。雷滝直下。
2017年11月25日 11:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の渡渉。雷滝直下。
1
渡った後。
2017年11月25日 11:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡った後。
1
滝上につづら折り気味な道をあがり下を見ながらだとそのまま沢沿いに行くが踏み跡が薄くなったので戻り尾根にとりつく急な根の階段道を登るとこの皿。そして鹿フェンスに沿っていく。
2017年11月25日 12:40撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上につづら折り気味な道をあがり下を見ながらだとそのまま沢沿いに行くが踏み跡が薄くなったので戻り尾根にとりつく急な根の階段道を登るとこの皿。そして鹿フェンスに沿っていく。
2
トラバースして行く作業道を少し利用。もともとの道はつづらおりに急斜面につけられていたような断片が見られるが、道形はほとんど残っていない。左に見える杉林のなかにいい道がないか通ってみたがトラバースで蛭から離れて行くのでフェンスまたいで藪こぎして復帰したら・・
2017年11月25日 12:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースして行く作業道を少し利用。もともとの道はつづらおりに急斜面につけられていたような断片が見られるが、道形はほとんど残っていない。左に見える杉林のなかにいい道がないか通ってみたがトラバースで蛭から離れて行くのでフェンスまたいで藪こぎして復帰したら・・
ようやく急な直登杉林が終わり1300mブナ林。
2017年11月25日 13:19撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく急な直登杉林が終わり1300mブナ林。
最初のブナフェンス。
2017年11月25日 13:20撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のブナフェンス。
いよいよ稜線
2017年11月25日 13:49撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ稜線
蛭が岳頂上。小屋に裏に外国人パイロットの墜落碑が小さくあった。
2017年11月25日 14:06撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭が岳頂上。小屋に裏に外国人パイロットの墜落碑が小さくあった。
厚木東京方面
2017年11月25日 14:10撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厚木東京方面
アルプスは南が見える
2017年11月25日 14:10撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプスは南が見える
14:27 鬼岩より蛭が岳
2017年11月25日 14:27撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:27 鬼岩より蛭が岳
1
15:42 蛭の小屋も人が数人いたが丹沢山荘も意外と10人以上のお客さんがきているようだ。続々と登ってくる。
2017年11月25日 15:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:42 蛭の小屋も人が数人いたが丹沢山荘も意外と10人以上のお客さんがきているようだ。続々と登ってくる。
夕日富士
2017年11月25日 15:51撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日富士
1
16:15 塔ノ岳
2017年11月25日 16:15撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:15 塔ノ岳
登山道横で逃げずに草を食べるしか。いいお肉となって収穫されてしまうぞ
2017年11月25日 16:51撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道横で逃げずに草を食べるしか。いいお肉となって収穫されてしまうぞ
1
18:27 いいタイミングで大倉着
2017年11月25日 18:27撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18:27 いいタイミングで大倉着
訪問者数:108人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ