また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1322707 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

トンガリ山 勝ち目も無いのに熊探索。初ラッセルはやっぱりここから

日程 2017年11月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候登り始めは穏やか、しかし気温上昇で杉林の枝に積もった雪が融けて集中砲火に合う。
笹谷峠からは程よい風、時に体が揺さぶられる。
上空は厚い雲。
下山時ハマグリ山で少しだけ、行動には問題無い程度のガスに巻かれる。
登山口に着いて最後に雨。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
21分
合計
4時間37分
Sスタート地点09:4510:37笹谷峠11:29ハマグリ山12:31トンガリ山12:5113:22ハマグリ山13:2313:49笹谷峠14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハマグリ山までは、前日登られたmさん達のトレースをお借りして快適に、しかも途中から黒い四足動物がトレースを広げてくれていました。
足跡の向きが進行方向でしたので「お〜〜」などと奇声を上げながら。しかしハマグリ道標手前で東斜面に下るトレースを確認、ホッとしながら、しかしラッセルはきつく成る。
ハマグリ山からはノートレースで夏道ラッセル。
トンガリ山道標の先は藪が覆いかぶさり、行けない事は無さそうでも空も怪しいので今日はここまで。

写真

9:47 スタート。
ガラケーの息の根が止まってしまったので、今回初スマホ。どちらで撮るか迷ってからのカメラでパチリ。
2017年11月26日 09:47撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:47 スタート。
ガラケーの息の根が止まってしまったので、今回初スマホ。どちらで撮るか迷ってからのカメラでパチリ。
4
9:47 登り始めの積雪はツボでこんな感じ。
2017年11月26日 09:47撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:47 登り始めの積雪はツボでこんな感じ。
1
9:53 杉の枝に積もった雪が融けて集中砲火に合う。
2017年11月26日 09:53撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:53 杉の枝に積もった雪が融けて集中砲火に合う。
9:58 旧道立て札の脇に見慣れない物体が鎮座。
伐採作業用の運搬車。
2017年11月26日 09:58撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:58 旧道立て札の脇に見慣れない物体が鎮座。
伐採作業用の運搬車。
10:00 早くも下山される登山者とすれ違う。
上の様子を尋ねると、どうやら雁戸方面に向かわれて途中撤退との事。
この後すれ違った二名も同じく撤退との事。
降り始めの雁戸山は敷居が高い。
2017年11月26日 10:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 早くも下山される登山者とすれ違う。
上の様子を尋ねると、どうやら雁戸方面に向かわれて途中撤退との事。
この後すれ違った二名も同じく撤退との事。
降り始めの雁戸山は敷居が高い。
2
10:01 旧道立て看板。
2017年11月26日 10:01撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:01 旧道立て看板。
10:03 7番の立て札から本格的な白い道。
2017年11月26日 10:03撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:03 7番の立て札から本格的な白い道。
10:06 倒木。今は余裕で潜れます。
しかし積雪が増せば左画はを巻いて通りますが、その先は崖に成り沢が流れます。
油断禁物で。
2017年11月26日 10:06撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:06 倒木。今は余裕で潜れます。
しかし積雪が増せば左画はを巻いて通りますが、その先は崖に成り沢が流れます。
油断禁物で。
1
10:11 左を向いて見覚えの無い古の笹谷旧道を横切る広い道。
2017年11月26日 10:11撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:11 左を向いて見覚えの無い古の笹谷旧道を横切る広い道。
1
10:11 右を見て道の先に伐採用らしい重機が。
2017年11月26日 10:11撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:11 右を見て道の先に伐採用らしい重機が。
10:13 どうやら12番のカーブミラーの裏から入られたようす。
伐採用に植林された杉、いつかはこう成るであろうと思いつつも現実を見て少しだけショックに思ってしまう。
2017年11月26日 10:13撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:13 どうやら12番のカーブミラーの裏から入られたようす。
伐採用に植林された杉、いつかはこう成るであろうと思いつつも現実を見て少しだけショックに思ってしまう。
10:19 笹谷名物、16番は自撮り出来ました。
2017年11月26日 10:19撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:19 笹谷名物、16番は自撮り出来ました。
3
10:34 雪が程良く湿ってステップが崩れず快適に登れて、峠着。
2017年11月26日 10:34撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:34 雪が程良く湿ってステップが崩れず快適に登れて、峠着。
4
10:34 カケスが峰方面。
青空も見える。
天気の好天ニ期待しつつ
2017年11月26日 10:34撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:34 カケスが峰方面。
青空も見える。
天気の好天ニ期待しつつ
10:34 今日向かうのはコチラ。
まずはハマグリ山を目指して。
2017年11月26日 10:34撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:34 今日向かうのはコチラ。
まずはハマグリ山を目指して。
3
10:38 前日登られたmサンのトレースガ有難い。
2017年11月26日 10:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:38 前日登られたmサンのトレースガ有難い。
2
10:40 登山道脇にマユミチャン。
2017年11月26日 10:40撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:40 登山道脇にマユミチャン。
5
10:44 笹谷峠ニ後続者確認。
2017年11月26日 10:44撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44 笹谷峠ニ後続者確認。
10:46 赤い実 ピントが合わない。
どうやらこのカメラは近くにピントを合わせるのが苦手らしい。
2017年11月26日 10:46撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:46 赤い実 ピントが合わない。
どうやらこのカメラは近くにピントを合わせるのが苦手らしい。
11:02 これは( ゜Д゜)???
2017年11月26日 11:02撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:02 これは( ゜Д゜)???
1
くま?
2017年11月26日 11:03撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くま?
11:13 雁戸が顔を出す。
今シーズンはいつ頃行けるだろう?積雪も多いし案外近いうち???
2017年11月26日 11:13撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:13 雁戸が顔を出す。
今シーズンはいつ頃行けるだろう?積雪も多いし案外近いうち???
4
11:14 コチラに登山道は無い。
するとこのトレースはあの方?
2017年11月26日 11:14撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:14 コチラに登山道は無い。
するとこのトレースはあの方?
2
11:15 ハマグリとその先のピークが呼んでいる。
さて今日は何処まで山の期待に応えられるのか?
2017年11月26日 11:15撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:15 ハマグリとその先のピークが呼んでいる。
さて今日は何処まで山の期待に応えられるのか?
1
11:26 進行方向は一緒。
2017年11月26日 11:26撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:26 進行方向は一緒。
1
11:27 前日のmサンのトレースを忠実に。
体格はこんな感じ。
2017年11月26日 11:27撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:27 前日のmサンのトレースを忠実に。
体格はこんな感じ。
11:31 ハマグリ山の向こうにトンガリ山と山形神室。
そして今年も綺麗な袖トンガリ。(あっ正式名称ではありません)
2017年11月26日 11:31撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:31 ハマグリ山の向こうにトンガリ山と山形神室。
そして今年も綺麗な袖トンガリ。(あっ正式名称ではありません)
6
11:35 ハマグリ山道標を目の前にしてくまさんトレースは東の斜面に消えてしまう。
ホッとしたような、でもここからのラッセルは数倍の気合が必要です。
2017年11月26日 11:35撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:35 ハマグリ山道標を目の前にしてくまさんトレースは東の斜面に消えてしまう。
ホッとしたような、でもここからのラッセルは数倍の気合が必要です。
1
11:36 どうにかハグリ山
2017年11月26日 11:36撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:36 どうにかハグリ山
5
11:45 風が出て来てるので何度目かの防寒装備追加。
2017年11月26日 11:45撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:45 風が出て来てるので何度目かの防寒装備追加。
7
11:52 ハマグリの先には岩場の下りの難所。
降れるかがこの先に進めるかの分かれ道。
程良く湿った落ち着いた雪質で何とか下れました。
振り向くと・・・
2017年11月26日 11:52撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:52 ハマグリの先には岩場の下りの難所。
降れるかがこの先に進めるかの分かれ道。
程良く湿った落ち着いた雪質で何とか下れました。
振り向くと・・・
3
11:53 後続の方がハマグリ道標の脇で手を振ってくれてました。
2017年11月26日 11:53撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:53 後続の方がハマグリ道標の脇で手を振ってくれてました。
6
11:53 前を向いて次に向かう頂。
2017年11月26日 11:53撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:53 前を向いて次に向かう頂。
2
11:54 冷凍保存?
2017年11月26日 11:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:54 冷凍保存?
2
12:03 難所も過ぎてトレースも無いのでアルポン装着。
実はここまでツボ足でした。
2017年11月26日 12:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:03 難所も過ぎてトレースも無いのでアルポン装着。
実はここまでツボ足でした。
2
12:14 頂まだ?
2017年11月26日 12:14撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:14 頂まだ?
12:14 前を向いてばかりでは足元しか見えないので振り返って確認。
結構登って来たな。
2017年11月26日 12:14撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:14 前を向いてばかりでは足元しか見えないので振り返って確認。
結構登って来たな。
2
12:32 山頂直下は急登に成り、中途半端な雪付きは足場を探しながら。
もがいて何とか登頂。
2017年11月26日 12:32撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:32 山頂直下は急登に成り、中途半端な雪付きは足場を探しながら。
もがいて何とか登頂。
3
12:32 登って来た尾根と今日の北蔵王の風景。
最高峰 熊野岳は1日雲の中でした。
2017年11月26日 12:32撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:32 登って来た尾根と今日の北蔵王の風景。
最高峰 熊野岳は1日雲の中でした。
4
12:36 この先の登山道は藪が覆いかぶさり進む気半減。
しかも空も暗く成り始めて。
まぁ、最終判断はラッセルに疲れた足の余力と相談して。
2017年11月26日 12:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:36 この先の登山道は藪が覆いかぶさり進む気半減。
しかも空も暗く成り始めて。
まぁ、最終判断はラッセルに疲れた足の余力と相談して。
1
12:36 腕を伸ばして山形神室。
枝に隠れてた。
2017年11月26日 12:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:36 腕を伸ばして山形神室。
枝に隠れてた。
2
12:36 コチラも同じく枝に隠れた仙台神室。
2017年11月26日 12:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:36 コチラも同じく枝に隠れた仙台神室。
12:49 直ぐに下るのも悔しいので風を避けて珈琲とパン。
写真は 袖トンガリ(正式名称は知りません)
竜山にも雲がかかってきてしまった。
2017年11月26日 12:49撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:49 直ぐに下るのも悔しいので風を避けて珈琲とパン。
写真は 袖トンガリ(正式名称は知りません)
竜山にも雲がかかってきてしまった。
2
12:49 降ります。
2017年11月26日 12:49撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:49 降ります。
12:59 コルに下ってハマグリ山を見上げる。
中段の左に下る白い斜面が例の岩場です。
降りて来てから後悔しても仕方がない。
登らないと帰れない。
登れるのかな???
2017年11月26日 12:59撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:59 コルに下ってハマグリ山を見上げる。
中段の左に下る白い斜面が例の岩場です。
降りて来てから後悔しても仕方がない。
登らないと帰れない。
登れるのかな???
1
13:03 見渡せば自分の居る尾根にまでガスが迫って来てた。
2017年11月26日 13:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:03 見渡せば自分の居る尾根にまでガスが迫って来てた。
13:03 岩場は往路同様復路も雪質のおかげでステップが崩れず何とか帰れそう。
2017年11月26日 13:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:03 岩場は往路同様復路も雪質のおかげでステップが崩れず何とか帰れそう。
3
13:06 登り上げて振り返りホッと!!
2017年11月26日 13:06撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:06 登り上げて振り返りホッと!!
3
13:06 完全にガスに巻かれる前に出来るだけ高度を下げたほうが良さそうだな。
2017年11月26日 13:06撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:06 完全にガスに巻かれる前に出来るだけ高度を下げたほうが良さそうだな。
13:14 登りで気が付かなかった新ハマグリ山道標。
おもむきが前のと違ってかわいらしく成った様だ。
コレはコレで良い感じ。
次に登った方のレコの記録にも載る事でしょう。
2017年11月26日 13:14撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:14 登りで気が付かなかった新ハマグリ山道標。
おもむきが前のと違ってかわいらしく成った様だ。
コレはコレで良い感じ。
次に登った方のレコの記録にも載る事でしょう。
2
13:32 未だ行動に支障は無いがガスが迫って来た。
2017年11月26日 13:32撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:32 未だ行動に支障は無いがガスが迫って来た。
13:51 笹谷峠迄来れば何とかガスから逃れられたようです。
2017年11月26日 13:51撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:51 笹谷峠迄来れば何とかガスから逃れられたようです。
13:52 笹谷峠からの下山口
2017年11月26日 13:52撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:52 笹谷峠からの下山口
14:03 登山道のようす。気温上昇により地面が見え隠れ。
滑るし、滑って転ぶと大変な事に成りそうなので慎重に。
2017年11月26日 14:03撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:03 登山道のようす。気温上昇により地面が見え隠れ。
滑るし、滑って転ぶと大変な事に成りそうなので慎重に。
14:17 駐車場はもう直ぐ。
車道の雪もだいぶ融けました。
2017年11月26日 14:17撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:17 駐車場はもう直ぐ。
車道の雪もだいぶ融けました。
14:22 下ってきたら雨、ギリギリセーフ、今日も無事生還。
2017年11月26日 14:22撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:22 下ってきたら雨、ギリギリセーフ、今日も無事生還。
1
訪問者数:180人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/15
投稿数: 320
2017/11/28 23:34
 熊公殿のラッセル
なんとyuufunさんでしたか!午後から一気に天気が崩れて、駐車場で土砂降りセーフ劇でしたね。

熊トレース跡は結構新しいので、ちょっと焦りました。

次回お会いした時に、改めてご挨拶いたします
登録日: 2013/12/1
投稿数: 258
2017/11/29 0:06
 Re: 熊公殿のラッセル
もしかしてハマグリ山でご一緒した方ですか?
岩場を下って振り返った時、手を振る立ち姿がmonkie サンにどこか似てるな?と、ぼんやり感じてたとこでした。

コチラこそ先シーズンの蔵王に続き、二度目の再開に気が付かずに失礼しました。
次回も楽しみにしております。


今年はブナの実が不作で、しかも数年前の豊作年に数が増えたかもしれない熊さん、どうやら早めの降雪にスッカリ冬眠のタイミングを逃してるようですね。

無事冬を越して欲しいような、しかし腹をすかして狂暴に成られてはと複雑な思いでトレースを見送って来ました。
あの大きな山の主でさえ自然には逆らえないのですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ