また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1326286 全員に公開 ハイキング甲信越

岩雪崩と猿の群れにビビった身延山

日程 2017年12月02日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り 14時過ぎにはもう夕方のような暗さでした
アクセス
利用交通機関
車・バイク
身延山ロープウェー乗り場下の有料駐車場に駐車。最初の1時間が300円。そのあと1時間ごとに100円です。私たちは,1300円也でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
1時間25分
合計
5時間30分
S身延山表参道(東コース)登山口09:5011:47身延山12:4013:02感井坊13:1514:51久遠寺三門15:1015:10身延山表参道(東コース)登山口15:0515:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
裏参道を下り,松樹庵を過ぎた辺りのガレ場で,かなり規模の大きな岩雪崩に遭遇しました。私たちの10mほど先に,こぶし大の岩が十数個,物凄い音を立てながら落ちてきました。ちょうどその辺りに数頭のサルの群れがいたので,岩雪崩を起こした犯人はサルだったのかも知れません。

写真

駐車場入口にあった看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場入口にあった看板。
先週末にあったというトレイルラン大会の名残?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週末にあったというトレイルラン大会の名残?
頂上が50番目になるんだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が50番目になるんだそうです。
久遠寺本堂を裏側から眺めました。あれっ?今日登りたかった山が遠くに見えるではありませんか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久遠寺本堂を裏側から眺めました。あれっ?今日登りたかった山が遠くに見えるではありませんか!
1
画面左側の山に登りたかったのです!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画面左側の山に登りたかったのです!!
1
七面山のナナイタガレがよく見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山のナナイタガレがよく見えました。
1
ここでは,まだまだ季節は秋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでは,まだまだ季節は秋。
1
三光堂あたりより。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三光堂あたりより。
季節はずれのサクラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節はずれのサクラ。
季節はずれのツツジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節はずれのツツジ。
1
奥之院に至る階段。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥之院に至る階段。
展望台にある標柱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台にある標柱。
1
悪沢岳と荒川中岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳と荒川中岳。
1
布引山と笊ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引山と笊ヶ岳。
1
下りは,裏参道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは,裏参道。
妙石坊の下り坂から,久遠寺本堂と五重塔がよく見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙石坊の下り坂から,久遠寺本堂と五重塔がよく見えました。
1
日蓮聖人の御廟所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蓮聖人の御廟所。
三門から本堂方面に向かいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三門から本堂方面に向かいました。
本堂わきより身延山山頂を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本堂わきより身延山山頂を望む。
1

感想/記録

今回のハイキングの目的は,ズバリ3つでした。

一つ目。挑戦中の「山梨百名山」の32座目の頂に立つことでした。GPSを使って,身延山の最高点と思われる地点(奥之院の左奥)に無事立つことができました。標識も三角点も見つけられませんでした。「山頂」のすぐ左下に展望台があり,山梨百名山の標柱?(他の山とはちょっと違う)がありました。

二つ目。御朱印コレクションを増やすこと。事前の情報通り,奥之院,日蓮聖人御廟所,三門で御朱印をいただきました。なお,久遠寺本堂の御朱印は,2週間前にいただいてありました。そして,事前情報にはなかったのですが,裏参道沿いにある「妙石坊」さんでも御朱印をいただくことができました。そして,この妙石坊さんの御朱印こそが,私が入手できた5つの中で唯一の簡略化されていない本来の御朱印(お題目)でした。妙石坊さん,本当にありがとうございました。

三つ目。年末の南アルプス登山のための体力作り。実は,登る前は標高1000mちょっとの丘だからな・・・・,などと甘く考えていたのですが,実際には標高差1000m近い本格的な登高だったことが嬉しい誤算でした。

全行程を振り返って。私の地元,長野県茅野市では,もう木々の葉は落ちてしまって,まさに初冬そのものですが,身延山はまだまだモミジが見頃でした。すぐお隣の県なのに,こんなにも違っているとは驚きでした。

初めて遭遇した岩雪崩には,言葉を失いました。私たちがあと10秒早く歩いていたら,岩雪崩は私たちを直撃したに違いありません。クライミングや岩稜ではあらかじめヘルメットをかぶるなど,それなりに準備をします。まさか,信仰の山のハイキングコースでそんな岩雪崩が起こるとは想定外でした。今後は,どんな山を歩くときにもヘルメットを用意したいと思います。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ