また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1326294 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕岳

日程 2017年11月25日(土) 〜 2017年11月26日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コースタイム [注]

一日目:8:00出発 11:20合戦小屋 13:30燕山荘
二日目:9;45−1210 下山

写真

テン場から燕岳
2017年11月25日 15:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場から燕岳
2
苦労して作ったテン場
2017年11月26日 06:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苦労して作ったテン場
1
翌朝の燕岳
2017年11月26日 06:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝の燕岳

感想/記録
by baru55

今週は、今シーズン初となる雪山へ。久しぶりにY氏も参加して3人で登ることになる。3時に集合出発。登山口の中房温泉駐車場へは7時半頃に到着。すでに第一、第二駐車場は満車だった。今日が小屋締めということもあり賑わっている様子。雪がちらつく中、準備を済ませて出発。登り始めから雪があり今年の雪の多さを実感する。どうやら昨日はずっと雪が降っていたとのこと。第一ベンチ、第二ベンチを過ぎ〜合戦小屋まではアイゼンなしで登ってきた。合戦小屋まで上がってくると気温も低く直ぐに汗が冷えて寒さで指先が痛くなる。合戦小屋も今日までの営業とのことでストーブは暖をとる人で囲まれていた。少し休憩をとり、ここからはワカンで登ることにする。雪質がやわらかくて結構深いのでワカンでも十分に対応できた。稜線にでると風がとても強く寒さが増してきた。稜線の中央を踏み外すと深く雪に足をとられた。ほんとうに雪が多くて11月とは思えなかった。曇り空で視界も悪く、ガスっていて景色も見えなかった。晴れていれば燕山荘や槍が見えるはずだけど何も見えずひたすらに最後の登りを登り詰めると、いつの間のか山荘に到着していた。更に風が増して吹き飛ばされそうになりながら山荘正面玄関へ到着。風のせいで体感温度が低く底冷えした。少し暖をとりテント設営にかかる。昨日の雪のせいかすっかり雪で埋め尽くされていて穴掘りから開始する。3人用のテントなので広いスペースが必要となり1時間くらい要する。とにかく寒さと腰の痛さが辛かった。テントを張り終えると中にもぐり込みバーナーで暖をとる。結構いい時間になっていたので直ぐにも晩飯となる。今回は味噌煮込みとライス。アルファ米にワカメふりかけが良かった。Y氏のウィスキー雪割りもいい匂いだった。外の気温はマイナス16度。テント内はマイナス6度くらい。夜中は寒いと思ったけど以外に温かく暑くて目が覚める。風はずっと強かったけど雪壁をしっかり作った甲斐があった。3時半頃に完全に目が覚めて起きる。空を見上げると満点の星だった。久しぶりに星空を満喫できて満足。ここからは山荘にいって夜が明けるのを待って写真を撮ったりして時間を潰す。天気予報に反して今日は天気が良いらしい。モルゲンに期待。。結局、雲が出てきて綺麗なモルゲンとはいかなかったがそれなりに楽しめた。。朝食を済ませ燕岳山頂へ向かう。やはり今日も風が強くてかなり寒い。朝の間は槍・穂高方面も見えた。テントに戻り撤収開始。帰りはアイゼンで無事下山。。今シーズン初雪山は思った以上に雪が多くて楽しむことができて良かった。帰りの中房温泉も良かった。また来たいと思います。
訪問者数:21人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ