また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1326592 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東北

磐梯山 川口登山口から

日程 2017年12月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
0分
合計
7時間0分
Sスタート地点09:1011:15火口原分岐12:06櫛ヶ峰分岐12:41稜線分岐12:45弘法清水13:35磐梯山16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
出発が遅かったのですが、ギリギリ暗くなる前に戻れました。
コース状況/
危険箇所等
川上口  ピンクリボンあまりなく、迷いやすい。

写真

川上口から登ります。
本当は、裏磐梯スキー場から登ろうと思っていたのですが、スキー場手前あたりで雪が多いので厳しくなりそうと感じ、いつもの川上口に引き返して登山開始。
そのため、少し遅めになってしまう。火口原あたりまでで引き返そうかなとも考えていました。
気温零度。
2017年12月02日 09:13撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川上口から登ります。
本当は、裏磐梯スキー場から登ろうと思っていたのですが、スキー場手前あたりで雪が多いので厳しくなりそうと感じ、いつもの川上口に引き返して登山開始。
そのため、少し遅めになってしまう。火口原あたりまでで引き返そうかなとも考えていました。
気温零度。
登山口あたりに道路が出来るのか、周辺にピンクリボンがいっぱいで、いきなり道を見失う!
まあ、いつもですが…。
GPSで迷わないよう行きます。
冬にも火口原くらいまでピンクリボンつけてほしいなぁ。
2017年12月02日 09:54撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口あたりに道路が出来るのか、周辺にピンクリボンがいっぱいで、いきなり道を見失う!
まあ、いつもですが…。
GPSで迷わないよう行きます。
冬にも火口原くらいまでピンクリボンつけてほしいなぁ。
GPSで登山道に沿って行きますが、木が邪魔すること多いです。
昨日以前の踏み跡がたまに見られますが当てに足りません!皆迷ってま〜す!スノーシュー履いて登ります。ツボ足だと踏み抜き多く大変です。
2017年12月02日 09:54撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSで登山道に沿って行きますが、木が邪魔すること多いです。
昨日以前の踏み跡がたまに見られますが当てに足りません!皆迷ってま〜す!スノーシュー履いて登ります。ツボ足だと踏み抜き多く大変です。
ずっとこんな感じ
2017年12月02日 10:14撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとこんな感じ
急登を登り切ると火口原に出ます。マイナス三度。
ここまで、あまり迷うことなく順調に登れました!
2017年12月02日 10:53撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登り切ると火口原に出ます。マイナス三度。
ここまで、あまり迷うことなく順調に登れました!
迷うことも多いですが、沼の平への急登口の方向に行けば問題なし。
2017年12月02日 10:53撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷うことも多いですが、沼の平への急登口の方向に行けば問題なし。
向かって左側。
今日は、落石の音が全くしませんでした。
いつものいい景色です。
2017年12月02日 11:05撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かって左側。
今日は、落石の音が全くしませんでした。
いつものいい景色です。
1
進行方向。曇り空、時々日が射す程度。風は弱めだが寒い。
ずっとスノーシュー履いてます。
2017年12月02日 11:06撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向。曇り空、時々日が射す程度。風は弱めだが寒い。
ずっとスノーシュー履いてます。
急登入口。ここから本番?
火口原で引き返そうかなと言う考え無くなってますw
2017年12月02日 11:15撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登入口。ここから本番?
火口原で引き返そうかなと言う考え無くなってますw
1
このあたりになると雪深く、スノーシューでも腰あたりまで踏み抜きます。
2017年12月02日 11:23撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりになると雪深く、スノーシューでも腰あたりまで踏み抜きます。
登山口が雪の吹き溜まりになっていて、よく踏み抜くので、少し外れて歩いたりします。
2017年12月02日 11:39撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が雪の吹き溜まりになっていて、よく踏み抜くので、少し外れて歩いたりします。
1
なんとか登りきった感じ。
疲れてきましたw昨日安達太良山登ってるし。
意外と風弱く、寒さもそれ程でもないので、小屋まで行ってみて考えよう!と頭の中。
2017年12月02日 12:06撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか登りきった感じ。
疲れてきましたw昨日安達太良山登ってるし。
意外と風弱く、寒さもそれ程でもないので、小屋まで行ってみて考えよう!と頭の中。
アイゼンに履き替えたり、スノーシューに戻したりしつつ、分岐に到着。
ちょっと時間ないかなと思い始めるw
2017年12月02日 12:23撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンに履き替えたり、スノーシューに戻したりしつつ、分岐に到着。
ちょっと時間ないかなと思い始めるw
木々はこんな感じ。
スマホのカメラが調子悪くなる。マイナス5度。
2017年12月02日 12:38撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々はこんな感じ。
スマホのカメラが調子悪くなる。マイナス5度。
後少しで小屋だなと…‥…。
2017年12月02日 12:41撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後少しで小屋だなと…‥…。
小屋までの道のり。
登りの雪が深くつらかった。
2017年12月02日 12:42撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋までの道のり。
登りの雪が深くつらかった。
結構、雪がへばり付いてますが、風は弱いので助かりました。
2017年12月02日 12:44撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、雪がへばり付いてますが、風は弱いので助かりました。
小屋到着!かなり疲れてきました!太陽が時々顔出します。
2017年12月02日 12:48撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋到着!かなり疲れてきました!太陽が時々顔出します。
頂上がうっすらと‥……。登る気満々です。
直ぐに後悔しますがw
ここからが、試練でした。
雪が少ないため直登できず、登山道を登るしかないですが、雪と木に阻まれて進めません。
無理して登り、バテバテに。
木が邪魔で、適当な隙間を登る感じで雪に埋もれながら登りました。
時間、体力的に引き返そうかと考えますが、頂上見えてるし、
引き返そうにも木が邪魔。迂回して東側の急斜面に落ちそうになるし…‥…ヤバい‥…。
かなり精神的にストレスでした。
2017年12月02日 12:49撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上がうっすらと‥……。登る気満々です。
直ぐに後悔しますがw
ここからが、試練でした。
雪が少ないため直登できず、登山道を登るしかないですが、雪と木に阻まれて進めません。
無理して登り、バテバテに。
木が邪魔で、適当な隙間を登る感じで雪に埋もれながら登りました。
時間、体力的に引き返そうかと考えますが、頂上見えてるし、
引き返そうにも木が邪魔。迂回して東側の急斜面に落ちそうになるし…‥…ヤバい‥…。
かなり精神的にストレスでした。
で、登り切りましたーw
もちろん誰もいるわけもなく、

結局、今日は誰にも会いませんでした。
時間も無いので、少し休憩だけで下ります。アイゼンに履き替えて自分の踏み跡たどりつつ、難所?は避けて、サクッと小屋まで降りられて一安心でした。
2017年12月02日 13:35撮影 by SH-02G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、登り切りましたーw
もちろん誰もいるわけもなく、

結局、今日は誰にも会いませんでした。
時間も無いので、少し休憩だけで下ります。アイゼンに履き替えて自分の踏み跡たどりつつ、難所?は避けて、サクッと小屋まで降りられて一安心でした。
2

感想/記録

冬季磐梯山、川上口からはやはりキツいです。
基本的にほぼずっとスノーシュー履いて登りました。登りの稜線と頂上直下の下りのみアイゼン。
まだ頂上直下の登りがまだ登れる状態ではないですね。もっと雪が積もって、木の上を歩けるようになれば、登れるかな。
暗くなる前に戻れましたが、冬季ですので、途中で引き返してもっと早く戻るべきですね。天気が曇りで穏やかでしたので助かりました。

あと、ピンクリボン整備してくれないかな……。
訪問者数:205人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ