また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1351621 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

ピーカンの赤城山、黒檜山 駒ヶ岳!樹氷は次回のお楽しみ。

日程 2018年01月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車道は日陰が一部圧雪状態でした。
スタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンが必須。
今回もおのこ駐車場(トイレは24H使用可能)を利用しました。
他にも大洞駐車場(トイレ24H使用可能)、赤城山ビジターセンター等々、駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間29分
休憩
30分
合計
3時間59分
Sおのこ駐車場 スタート地点08:0508:12赤城神社駐車場08:19赤城神社08:34黒檜山登山口08:51猫岩09:21富士見ポイント09:3110:09黒檜山大神10:14赤城山10:32黒檜山絶景スポット10:4610:51赤城山10:54黒檜山大神11:12大タルミ11:26駒ヶ岳11:3211:42鳥居峠分岐12:02駒ヶ岳大洞登山口12:04おのこ駐車場 ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムは参考にはなりません。
コース状況/
危険箇所等
登山道は概ね 雪に覆われていました。岩場は雪の下が凍っていました。
踏み跡があるのでルートは明瞭です。
その他周辺情報富士見温泉「見晴らしの湯」 \510
前橋荻窪温泉「あいのやまの湯」 \510・・・時間制限無し!
北橘温泉「ばんどうの湯」 \300

写真

朝寝坊により日の出に間に合わなかったので、本日は大沼湖畔からワカサギ釣りの方々を入れて朝陽を撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝寝坊により日の出に間に合わなかったので、本日は大沼湖畔からワカサギ釣りの方々を入れて朝陽を撮影。
5
大沼も完全凍結したようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沼も完全凍結したようです。
3
朝陽を浴びた木々がきれいですが、本日は樹氷は期待外れです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽を浴びた木々がきれいですが、本日は樹氷は期待外れです。
2
7:20 おのこ駐車場に到着!
外気温マイナス15℃、結構冷え込んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:20 おのこ駐車場に到着!
外気温マイナス15℃、結構冷え込んでいます。
4
本日は遅めの行動開始!
気温は低いが風が無いので寒くはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は遅めの行動開始!
気温は低いが風が無いので寒くはありません。
2
赤城神社へ向かう途中!
車道脇の歩道のフェンスのポール上、霜の結晶でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城神社へ向かう途中!
車道脇の歩道のフェンスのポール上、霜の結晶でしょうか?
3
赤城神社にお参りしてから登る事に!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城神社にお参りしてから登る事に!
桟橋越しに地蔵岳を撮影!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桟橋越しに地蔵岳を撮影!
1
桟橋を渡り、これから登る黒檜山を撮影!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桟橋を渡り、これから登る黒檜山を撮影!
いつも通り、これは撮影しないとね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも通り、これは撮影しないとね。
赤城神社!今年訪れるのは初めてなので、一年の山の安全をお願いしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城神社!今年訪れるのは初めてなので、一年の山の安全をお願いしました。
3
黒檜山登山口に到着!
ここでアイゼンをつけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山登山口に到着!
ここでアイゼンをつけました。
2
15分程登れば尾根に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分程登れば尾根に出ます。
3
赤城神社を上から・・・。
いつもの撮影ポイントです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城神社を上から・・・。
いつもの撮影ポイントです。
4
3分程尾根伝いに登ると猫岩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3分程尾根伝いに登ると猫岩です。
1
石の上は凍っています。
アイゼンが効きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の上は凍っています。
アイゼンが効きます。
5
大分登ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分登ってきました。
3
猫岩から25分程度で富士山の見えるポイントに到着。
浅間山もきれいに見えています。
黒斑山に登られている方も多いんでしょうね〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫岩から25分程度で富士山の見えるポイントに到着。
浅間山もきれいに見えています。
黒斑山に登られている方も多いんでしょうね〜!
6
八ヶ岳も良い感じに見えています。
まだ行った事はありませんが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も良い感じに見えています。
まだ行った事はありませんが・・・。
3
ここで小休憩します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで小休憩します。
2
大晦日に見えなかった富士山も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大晦日に見えなかった富士山も見えています。
5
ワカサギ釣りも大賑わいのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカサギ釣りも大賑わいのようです。
6
15分程休憩して山頂を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分程休憩して山頂を目指します。
1
本日は樹氷ゼロのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は樹氷ゼロのようです。
2
段差も雪で埋まり登り易いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段差も雪で埋まり登り易いです。
2
分岐を右折し御黒檜大神へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を右折し御黒檜大神へ!
3
ピーカン!雲一つありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーカン!雲一つありません。
2
小沼越しに秩父の山々!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼越しに秩父の山々!
4
黒檜山山頂へ向かうことにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山山頂へ向かうことにします。
3
ここを登れば山頂!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登れば山頂!
2
誰も居ないので、セルフタイマーで撮影!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も居ないので、セルフタイマーで撮影!
7
ビューポイントへ向かいます。
日光・足尾の山々がみえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビューポイントへ向かいます。
日光・足尾の山々がみえました。
ビューポイントからパノラマ撮影!
こんな天気はめずらしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビューポイントからパノラマ撮影!
こんな天気はめずらしいです。
1
浅間山、黒斑山〜蛇骨岳、仙人岳も見えているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、黒斑山〜蛇骨岳、仙人岳も見えているようです。
5
平標山・仙ノ倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山・仙ノ倉山
6
谷川岳とオジカ沢の頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳とオジカ沢の頭
5
谷川岳アップ!
西黒尾根が解ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳アップ!
西黒尾根が解ります。
8
更に肩の小屋を望遠撮影!
登山者も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に肩の小屋を望遠撮影!
登山者も見えます。
5
越後駒ケ岳方面でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳方面でしょうか?
3
至仏山、左は笠ヶ岳かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山、左は笠ヶ岳かな?
5
只今の気温、マイナス10℃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
只今の気温、マイナス10℃
3
燧ケ岳、右奥は駒ヶ岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳、右奥は駒ヶ岳?
5
日光白根山、北関東最高峰です。
昨年は行けませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山、北関東最高峰です。
昨年は行けませんでした。
4
皇海山の右奥が男体山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山の右奥が男体山!
3
奥日光方面の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥日光方面の山々
4
谷川連峰〜燧ケ岳までクッキリ見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰〜燧ケ岳までクッキリ見えます。
3
今度は苗場山〜武尊山まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は苗場山〜武尊山まで。
1
谷川連峰(平標山〜白毛門・朝日岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰(平標山〜白毛門・朝日岳)
5
足尾方面、中央やや左に袈裟丸山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足尾方面、中央やや左に袈裟丸山!
2
袈裟丸山にズーム!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袈裟丸山にズーム!
2
皇海山と男体山!
手前は鋸山・庚申山辺りでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山と男体山!
手前は鋸山・庚申山辺りでしょうか?
1
さて、そろそろ戻ることにしましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ戻ることにしましょう。
1
ビューポイントで休憩中の方々を入れて撮影!
皆さん、絶景に大満足のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビューポイントで休憩中の方々を入れて撮影!
皆さん、絶景に大満足のようです。
2
戻るのが惜しくて、振り返り撮影!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻るのが惜しくて、振り返り撮影!
1
筑波山も遠くに見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山も遠くに見えています。
1
黒檜山よりの眺望!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山よりの眺望!
2
御黒檜大神は通過し下ることに・・。
木の階段は雪の下で下り易い。
膝にはもってこいのコンディション!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御黒檜大神は通過し下ることに・・。
木の階段は雪の下で下り易い。
膝にはもってこいのコンディション!
2
次回は地蔵岳、小沼、長七郎山かな!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次回は地蔵岳、小沼、長七郎山かな!
1
黒檜山南斜面は暖かいです。
いやいや、暑いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山南斜面は暖かいです。
いやいや、暑いです。
2
大タルミまで下りました。
ここから駒ヶ岳への登りが始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タルミまで下りました。
ここから駒ヶ岳への登りが始まります。
2
木の階段は雪の下です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の階段は雪の下です。
大タルミから15分程で駒ヶ岳山頂、ここでおられた山ガールさんに撮影をお願いしました。
ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タルミから15分程で駒ヶ岳山頂、ここでおられた山ガールさんに撮影をお願いしました。
ありがとうございました。
8
駒ヶ岳から浅間山!
空気が澄んでいるので、この時間でもきれいに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳から浅間山!
空気が澄んでいるので、この時間でもきれいに見えます。
3
今度は黒檜山越しに谷川連峰!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は黒檜山越しに谷川連峰!
2
谷川連峰アップ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰アップ!
3
更に望遠撮影!
谷川岳はここで見納めとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に望遠撮影!
谷川岳はここで見納めとなります。
4
大分融けてしまいましたね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分融けてしまいましたね。
1
駒ヶ岳に向かう方を入れて撮影!
右奥は日光・足尾の山々!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳に向かう方を入れて撮影!
右奥は日光・足尾の山々!
2
長七郎山越しに関東平野!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長七郎山越しに関東平野!
1
鳥居峠分岐から振り返り撮影!
青&白、ピーカンです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居峠分岐から振り返り撮影!
青&白、ピーカンです。
2
雪と樹々の影が良い感じ!
さて、大沼方面に下ることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と樹々の影が良い感じ!
さて、大沼方面に下ることにします。
3
下の鉄階段まできました。
半分雪に埋まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の鉄階段まできました。
半分雪に埋まっています。
2
駒ヶ岳登山口まで下ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳登山口まで下ってきました。
1
おのこ駐車場に到着!
本日も無事に下山できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おのこ駐車場に到着!
本日も無事に下山できました。
2

感想/記録

今回は天気も良いし気温の影響で赤城山の樹氷が期待できると考え、「黒檜山〜駒ヶ岳」を回ることにしました。
日の出時刻前に鳥居峠に到着し日の出撮影の筈でしたが、本日は朝寝坊してしまったので大沼西岸より大沼越しに朝陽を撮影。
おのこ駐車場に移動し準備を終え、外気温を見るとマイナス15℃でしたが風が無いので寒くは感じませんでした。8時を回ったところで行動開始!

雪は前回(大晦日)よりも少無い感じでしたが、雪山歩きは十分に楽しめました。
この時期は、やはり雪の上を歩くのが楽しいです。
今回は期待していた樹氷は完全に消えていましたが、山頂からの眺めは今シーズン一番でした。
風はほとんどなく黒檜山への登りでは、汗ばむくらいでした。
やはり雪山は、青空が良いですね。
今回は天気にも恵まれ、大満足の一日となりました。
訪問者数:468人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/1
投稿数: 1683
2018/1/13 20:32
 ニアミスでした
SunRiseさん こんばんは

今日、自分も黒檜山に行っていました。自分はバスで行ったので、
山頂の到着が11時過ぎでした。事情があり、黒檜山登山口に下り
てしまったが惜しまれます。計画では、自分も駒ヶ岳から小沼まで
行くつもりでした。
                        埼玉のchii
登録日: 2012/11/7
投稿数: 630
2018/1/13 20:45
 Re: ニアミスでした
chiiさん、こんばんは!
そうでしたか〜。同じルートならば、途中追い抜かれた筈!
残念ですが、また次の機会に・・・ですね。
それにしても良い天気で、上越国境の山々が見事で良かったですね〜。
樹氷はすっかり姿を消していましたが。
登録日: 2013/12/31
投稿数: 45
2018/1/13 23:44
 SunRiseさん、お疲れさまでした!
飲み会翌日で今日はさすがにゆっくりスタートでしたね。
赤城山は相変わらずの大展望ですね!昨年のGWを懐かしく思い出しましたよ。なかなか行けないそちらの方面の山々を写真で楽しませてもらいました。いつか行きたいものです。
いよいよ大沼が凍りましたか!ワカサギ釣りの方があんなにたくさんいるとは驚きました。歩いてみたいとは思いながらも、なかなか遠いので実現が難しいところです・・・。
また次回も楽しみにしています!
登録日: 2014/5/18
投稿数: 429
2018/1/14 11:51
 気づきませんでした
SunRise1961さん、おはようございます。
一緒にいた展望台では
浅間山と八ヶ岳を撮っていたのですね、
途中追い抜いて、ここで脱皮をしながら小休止中の出来事でした、
中々、レコ写真では気づかいものですね・・・みなレコを見てアッと思うのですね。
登録日: 2012/11/7
投稿数: 630
2018/1/14 18:04
 Re: 気づきませんでした
yasioさん、コメントありがとうございます。
昨日は風もなく眺めが良かったですね。
樹氷は残念ながら見られずではありましたが。
まぁ、行動範囲が似ているのでまたどこかでお会いできるでしょう!
その際には、宜しくお願いします。
昨年の妙義山に続き、二回目の気が付かずなのでもしかして三回目も
あるかも知れませんが・・。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 山ガール 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ