また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354283 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

奥日光周回

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
微風
気温低し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・湯元の駐車場を利用。到着時(6:15頃)の気温-7℃、出発時(13:15頃)の気温-1℃。
・いろは坂の途中から凍結があり、滑り止め必携。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
34分
合計
6時間27分
S湯元温泉バス停06:4906:53切込湖・刈込湖登山口07:0007:04金精道路出合い07:1307:54小峠08:0308:27刈込湖(西岸)08:3008:37刈込湖08:49切込湖09:32涸沼展望台09:3311:26光徳駐車場11:30光徳牧場バス停11:39光徳沼バス停11:55光徳入口バス停12:15小田代橋12:31小滝12:46湯滝入口バス停12:52湯滝12:5613:05金精道路ゲート13:09湖畔前バス停13:1013:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:48駐車場-8:30刈込湖-9:25涸沼-10:30山王峠-11:20光徳-12:00戦場ヶ原-12:35湯滝-13:14駐車場
コース状況/
危険箇所等
湯元から刈込湖、切込湖、涸沼、山王峠を経由して光徳に至るまで、積雪は多い。この区間を歩くなら、スノーシューやかんじきがないともぐるのでつらい。トレースは基本的にはあるのだが、風で運ばれた雪で消えている箇所も多く、当てにしないほうが無難。光徳から戦場ヶ原はつぼ足で十分歩ける。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

スタートから雪が多い
2018年01月07日 06:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから雪が多い
トレースはあったりなかったり
2018年01月07日 07:42撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはあったりなかったり
小峠直下の登り
2018年01月07日 07:52撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠直下の登り
三度目の刈込湖訪問で快晴を引き当てた
2018年01月07日 08:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三度目の刈込湖訪問で快晴を引き当てた
3
刈込湖の端
2018年01月07日 08:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈込湖の端
1
刈込湖の末端
2018年01月07日 08:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈込湖の末端
刈込湖と切込湖の間
2018年01月07日 08:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈込湖と切込湖の間
快晴の涸沼
2018年01月07日 09:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の涸沼
1
涸沼と言うからには水がないのだろうか
2018年01月07日 09:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沼と言うからには水がないのだろうか
写真の左手から出てくる
2018年01月07日 09:32撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の左手から出てくる
1
この辺りは雪が少ない
2018年01月07日 09:36撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは雪が少ない
写真では分からないが山王峠への斜面は急傾斜
2018年01月07日 09:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分からないが山王峠への斜面は急傾斜
車道に到達
2018年01月07日 10:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に到達
1
光徳へ至る緩斜面
2018年01月07日 11:02撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光徳へ至る緩斜面
この辺りなら滑れそう
2018年01月07日 11:05撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りなら滑れそう
戦場ヶ原から見た男体山
2018年01月07日 12:11撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原から見た男体山
1
戦場ヶ原の川
2018年01月07日 12:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原の川
湯ノ湖。奥に見えているのは日光白根山だと思う。
2018年01月07日 12:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ湖。奥に見えているのは日光白根山だと思う。
2
駐車場は満車状態
2018年01月07日 13:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は満車状態

感想/記録

昨年末の12月30日に訪問した際、予想外に豊富な積雪と、同行者の装備不足の為に刈込湖までで引き返したが、今回は当初予定していたコースを単独で歩いてきた。以下に詳細。

一週間前と同様に観光客向けの駐車場にクルマを止めて準備をする。前回は運動不足のツレがいたのでお気楽ハイキングだったが、今回は自分のみの単独行。二度続けての途中敗退はしたくないので、装備も厳選したつもり。日の出の時刻を過ぎてから、スノーシューを抱えて出発。湯元の奥の登山道入口でスノーシューを履くが、ここで異変に気付く。スノーシューのストラップが切れかかっている。購入して既に10年以上経つので、ゴムの部品の劣化は避けられないようだ。自宅では乾燥しただけだったので、その際詳しく見なかった。厳選した装備がこの状態か、と我ながら情けなくなってくる。今日は失敗したくないのにいきなり躓いた気分になる。ストラップが千切れたら歩行困難になるのは明らかだが、左右合わせて8本全てが切れることもなかろうと楽観視して歩き始める。トレースは先日同様薄くあるのだが、ラッセルは必要。初め、国道に上がるまではくるぶし程度だったが、その後道路を横断し先に進むとトレースが全くなくなった。このあたりは風が抜ける地形なので、ラッセルしてトレースができても、比較的短い時間で消えてしまうようだ。今日は前後左右人は誰もいないので、とにかく一人で黙々と進むしかない。ラッセルとは言っても膝程度だし、ほとんどトラバースなのでそれほど体力的に厳しいものではなかった。むしろ、トラバースが延々続くので、滑落に注意しながらの歩行だった。小峠への登りをこなし、その後しばらくフラットな所を歩いて、下りにかかる。例によって木の階段が一部露出していて、スノーシューでは歩き難いが、転ばないよう注意して進む。駐車場を出て2時間かからずに刈込湖に到着。積雪期にここに来るのは三度目だが、ようやく晴れでの訪問が叶った。先週はここに来るまでに3時間以上かかったが、今回は単独にも関わらず半分ほどの時間で来られた。ソロだと誰に気兼ねする必要もなく、自分のペースで歩けるのがよい。途中ラッセルはあったが悪くないペースだったと思う。刈込湖のほとりで写真を撮り、その後湖沿いに更に進み切込湖に向かうが、切込湖には降りる場所がなかった。先も長いので特に戻ったりせずに進む。2つの湖が終わると平坦なところに出、その後涸沼が姿を現した。ここに至るルートは途中でトレースもマーキングも消えていて、どこを歩いたものか思案して、結局傾斜のある斜面をよろよろ歩いてきたが、後で分かったのは、涸沼まで降りても問題ないことだった。初めから分かっていた不安定な斜面なんか歩かなかった。涸沼は風が抜けるので休憩適地がなく、写真を数枚撮っただけで先に進む。ここまで人の姿を全く見なかったが、付近で鹿を見掛けた。涸沼から先山王峠への斜面は地図で見ても急だが、実際に歩くとやはりかなりしんどかった。標高差が少ないので気合いで乗り切れる程度だが。ここも涸沼と同様、トレースもマーキングもなくなったので、最後は適当な斜面を木の枝につかまりながら無理矢理登って車道に到達した。雪がある時期だからできたが、なかなかしんどかったし、スノーシューを履いていなかったら多分登れなかっただろう。山王峠に至る車道に着いた後、光徳方面に下り始める。ここで今日初めて登山者とすれ違う。どこに向かうのかは不明。光徳へ至る斜面は緩斜面だが、樹木は密に茂っている。この斜面で木が少なければスキー向けなのだが、などと思った。緩い斜面を降りきると観光客と思しき人が多く見られるようになった。登山者のエリアから観光客のエリアに降りてきたようだ。クロスカントリースキー用のコースを進み、国道を渡って戦場ヶ原に入る。スノーシューは光徳に着いた時点で外して背負って歩いていた。戦場ヶ原は雪はあるものの、スノーシューが必要なほどではなかった。レンタルのスノーシューで歩いている人もいたが、つぼ足で歩いた方が楽なように思えた。戦場ヶ原の北側をかすめ、湯滝に至る。こうなってくると登山やハイキングというより観光に近い気がする。最後は湯ノ湖を半周して湯元に戻るが、湯ノ湖の周回ルートは冬季閉鎖になっていて、歩行者も車道を歩かねばならなかった。車道は雪が融けてベチャベチャだし、結構な速さでクルマが通るのでできれば歩きたくないが、他に道がないので致し方ない。車道を重登山靴でおっかなびっくり歩き、湯元に戻る。駐車場は朝はガラガラだったが、午後13時過ぎに着いた時はいっぱいになっていた。3連休なのでこんなものなのかもしれない。

心配していたスノーシューのストラップは、朝見つけた1本以外に更に2本途中で千切れた。8本全て交換しなければ次回以降怖くて使用できないが、全部替えたら結構な値段しそうだ。
訪問者数:435人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

滑落 スノーシュー つぼ足
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ