また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354361 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳 厳冬期北アルプスに挑戦!

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候快晴、山頂-10℃以下ぐらい。
北よりの風毎秒20m以上。この状況が1時間以上絶え間なく続く。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
リフト券について。
八方池山荘までスキー、ボードをもって上がれば帰りはある程度余裕がある。その際、アダムでは、片道券を買うが、ゲレンデスキーで帰ると言うと片道券は売ってくれない。嘘でもいいから、バックカントリーです♪とこたえること。ただ、クタクタ登山のあと、うさぎだいらテラスまではずっとコブの斜面が続き、かなり、足にくる。
アダム、アルペンクワッド、グラートと乗り継ぐが、朝一番は、通し券は買えない。最後のグラートクワッドは、グラートクワッド乗り場で買う。
自分は、もともと、2日券なので何にも買わなくてよい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
1時間8分
合計
6時間35分
S八方池山荘08:4409:02石神井ケルン09:0309:12第2ケルン09:20八方ケルン09:2109:33第三ケルン10:49丸山10:5012:00唐松岳頂上山荘12:27唐松岳13:2613:42唐松岳頂上山荘13:4314:05丸山14:0614:53第三ケルン14:58八方ケルン15:0015:03第2ケルン15:0415:08石神井ケルン15:0915:18八方池山荘15:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
この日限定の状況。
・登山道に凍結箇所はなくアイゼンがしっかりとささる。
・山荘付近まではやや細尾根もあるが斜度は緩やかで転んでも滑落はしない。
・山荘から最後の登りは、右側は絶壁で雪庇が張り出しているのでロープ沿いを歩くこと。右に寄りすぎると雪庇にのり崖下に落下する。
・アイゼンは前爪を使う斜面はないが10本以上が安全。
・風がなければ全行程ストックでいけるが今回のような暴風が絶え間なく吹き付けるとその場でこらえる際、ピッケルを深くさして耐風姿勢を取れるので安心。
コース状況/
危険箇所等
・今日のような過酷な状況だとそこそこのペースで歩かないとグラートクワッドに乗れなくなる。15時30分ごろ下りの最終。
・15時15分ぐらいからグラートの降り場でパトロール隊が最終案内をしている。特に、登山者でスキーのない人はリフトに乗れないと大変なので最終案内を大きな声でしているので乗り遅れないこと。
・今回は暴風で進行が遅く標高差900辰3時間40分要した。山頂は無風で1時間ランチ。下りは2時間。
・下りは雪次第だが快調に降りられると仮定すると、リフトで下山の場合は山頂を発つのは余裕をみて13時がリミット。
その他周辺情報もちろん、八方の湯で。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

宿泊先のパノラマ山荘を出発。快晴だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊先のパノラマ山荘を出発。快晴だ。
2
アダム。6時34分。まだ、だれもいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アダム。6時34分。まだ、だれもいない。
2
白馬岳がモルゲン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳がモルゲン。
3
7時30分運行開始を待つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時30分運行開始を待つ。
1
最後のグラートクワッドはこの時期は8時20分。アルペンクワッドおりてすぐ来ると少し待つ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のグラートクワッドはこの時期は8時20分。アルペンクワッドおりてすぐ来ると少し待つ、
1
一番に並ぶ。帰りはスキーで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番に並ぶ。帰りはスキーで。
3
八方池山荘に到着。ここから登山開始!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘に到着。ここから登山開始!
2
いきなりこ絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりこ絶景。
12
五竜岳!かっこよすぎるな!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳!かっこよすぎるな!
17
鹿島槍ヶ岳。涙出るほどかっこいいわ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳。涙出るほどかっこいいわ。
11
登山の原点、白馬岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山の原点、白馬岳!
7
不帰は切れすぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰は切れすぎ。
9
この樹林帯をぬけると。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この樹林帯をぬけると。
2
烈風が吹き荒れ始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烈風が吹き荒れ始める。
4
風速20辰良が絶え間なくふきつける。油断すると体が持ってかれるほどの暴風。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風速20辰良が絶え間なくふきつける。油断すると体が持ってかれるほどの暴風。
5
こんな風、初体験。撤退してもおかしくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな風、初体験。撤退してもおかしくない。
5
このハードな環境、ここをぬけると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハードな環境、ここをぬけると、
4
頂上山荘と五竜岳!夏の唐松岳ではこんな景色一切見えなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘と五竜岳!夏の唐松岳ではこんな景色一切見えなかった。
6
唐松岳に向かってラストスパート!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳に向かってラストスパート!
7
厳冬期北アルプス登頂!!
みんな決まってる!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳冬期北アルプス登頂!!
みんな決まってる!!
20
山頂からの五竜岳も見事!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの五竜岳も見事!
11
劔岳!これは、やべすぎる!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳!これは、やべすぎる!
18
劔立山連峰!感動の絶景!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔立山連峰!感動の絶景!
6
真ん中に富士山!左に八ヶ岳。右に南アルプス。定番の位置関係。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に富士山!左に八ヶ岳。右に南アルプス。定番の位置関係。
7
妙高とか火打とかあっちの方。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高とか火打とかあっちの方。
4
hapiraさんとツーショット!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hapiraさんとツーショット!
10
槍ヶ岳もバッチリ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳もバッチリ!
9
帰り道。唐松岳頂上山荘はお休み中。こんな時期滅多に泊まる人来ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道。唐松岳頂上山荘はお休み中。こんな時期滅多に泊まる人来ない。
3
不帰のホイップ感は並みでない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰のホイップ感は並みでない。
5
ふわっふわ。ここをBCするなんて正気とは思えん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふわっふわ。ここをBCするなんて正気とは思えん。
3
不帰から白馬への稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰から白馬への稜線。
4
やっぱり白馬岳だね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり白馬岳だね!
6
顔ケルンまでおりてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔ケルンまでおりてきた。
2
顔ケルンと四人の影♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔ケルンと四人の影♪
2
文明の利器まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文明の利器まであと少し。
1

感想/記録
by Murphy

三連休は家族で八方尾根スキー場で遊びまくる!という名目で自分は中日に、今冬、登りたい山No.1の唐松岳に登る素晴らしい計画。厳冬期の1月2月、週末が快晴になることなんてたぶん、2,3回しかない。しかも、連休中日が大当たり。
今回は、初めて、hapiraさんと、そのお友だちのみなさんと7人で登る大パーティー登山。
天気はどピーカンで富士山もバッチリだったけど、風の強さはもう半端じゃなかった。マジで耐風姿勢でこらえないと、簡単にひっくり返るほどの爆風に長時間されされ、撤退もあり得たが、気温がある程度高めのたぶん-10℃ぐらいだったこともあり、一歩一歩確実に歩を進め、山頂ゲット!
白馬三山、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、そして、極めつけの劔立山連峰の絶景を目の当たりにして、完全に感動の渦。標高差のわりには、かなり、過酷な登山だったけど、みんなで登れて、絶景を堪能できて、最高の1日だった。
また、みなさん、一緒に行きましょう!
訪問者数:1395人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/19
投稿数: 1495
2018/1/8 11:04
 絶景でしたね♪
お疲れさまでした。
強風でしたが、良い経験。無事に行って来れて良かったです。
青空と白、みんなの笑い声、感動の1日でしたね。
ありがとうございました。
登録日: 2014/1/10
投稿数: 685
2018/1/8 18:04
 貴重な晴れ間を逃さずに!
早い時期に唐松岳に登っちゃうと残りの厳冬期登山がつらい。
なんでかって? それ以上の感動する景色に出会えない
前日まで天気が悪く風が強くてもトレースが残ってる。
人気の山だけあり根拠のない安心感はあるよね。
リフトが動いてる日は許容範囲の風なんだと思います。
登録日: 2016/11/23
投稿数: 109
2018/1/8 18:27
 お疲れ様でした!
ご一緒出来て良かったです(^^) ありがとうございましたー!
ご家族と合流後は無事に滑走出来ましたか? またぜひご一緒出来る機会を楽しまにしていますね♪
そうそう、何と私、下山後に鏡見て気付いたのですが、風にやられて顔を凍傷にしてしまいました〜(-。-; さすがにヤバイです 笑
登録日: 2015/7/29
投稿数: 419
2018/1/8 18:56
 Re: 貴重な晴れ間を逃さずに!
shigeさん、こんにちは。
いやぁ、スキーとのコラボ第一弾で、見事に中日が晴れ間となり、最高にラッキーでしたよ。shigeさんの以前の唐松岳のレコをみて、死んでも行かなきゃと思っていて実現できて良かったです。たしかに、燕岳、唐松岳と、見事な槍ヶ岳と劔岳を見てしまい、これから、どーしたもんかと思ってしまいますね。
風は、実は、最後のグラートクワッド区間は完全無風でまったくリフト運行には支障なかったんですけど、その先は半端じゃなかったです。でも、いい経験ができて良かったです。
登録日: 2015/7/29
投稿数: 419
2018/1/8 18:58
 Re: 絶景でしたね♪
hapiraさん、こんにちは!
今回は初めてご一緒できてありがとうございました!あれだけの環境でもみんなで登るとやっぱり安心感が違いますね!タルトもご馳走になりありがとうございました。朝イチで食べてしまい失礼しました。
また、ぜひ、ご一緒しましょう!
登録日: 2015/7/29
投稿数: 419
2018/1/8 19:06
 Re: お疲れ様でした!
haruboさん、こんにちは!
私もみなさんとご一緒できて本当にありがとうございました。家族と合流後はひたすら、林間コースで国際ゲレンデ下まで滑りましたが、それよりも、うさぎ平テラスまでの黒菱とうさぎ平ゲレンデのひたすらこぶコースをあれだけの荷物と登山靴袋をぶら下げて滑り降りるのは、まぁ、キツかったですね。
あれだけの風に吹かれ続けたらやばいですよ。凍傷、大丈夫ですか!?皮膚科行った方がいいですよ!
基礎スキーが趣味とのこと。ぜひ、次回はスキーも教えて下さい笑。
また、次回、どうぞよろしくお願いいたします。
ユーザー、春ボみたいで景気いいですね。全然関係なかったらすいません汗。
登録日: 2013/12/6
投稿数: 33
2018/1/9 19:54
 お疲れ様でした!
山頂でお会いした、集合写真撮らせて頂いこうとして、NIKON機の使い方がイマイチわからなかった(AFボタン無い機種だった…)、hayanariです!
ご挨拶遅れて申し訳ありません。2つ記録があって、アレレと思っていました。。

強風のせいで、正直、顔を覆っていて、誰が誰だか、ヤマレコ見てもほとんど一致しないので申し訳ないのですが 、、
しかし、ホント運を使い果たしかたのような天気は素晴らしかったたですね…。不帰のホイップ感、って表現は納得です。夏と全然違う、ってずっと話していました(笑)

冬山系は登る人も限られているので、是非またどこかでお会い出来れば! よろしくお願い致します。
登録日: 2015/7/29
投稿数: 419
2018/1/9 22:46
 Re: お疲れ様でした!
hayanariさん、こんにちは!
もちろん、覚えてますよ!厳冬期北アルプスの山頂で、あのテンションの高さは、マジで笑いました!一生忘れません笑
ほんとに、わたし、11月末にも燕岳で超快晴の冬の槍ヶ岳とか、11月の頭に初冬の超快晴の立山で薬師岳とか、完全に今冬の運は使いきった感じがします。ただ、引きはけっこう強いのでまだ、絶対にど快晴を引き寄せます!唐松岳、夏に私も登りましたが、あの山と、この冬の唐松岳は、別の山ですね。村上春樹の1Q84みたいに別の入り口があるんですよ。最後のグラートが夏と冬で実は違う尾根に延びているに違いない。すいません、意味不明のネタで汗。
また、ぜひ、よろしくお願いいたします。
登録日: 2013/12/6
投稿数: 33
2018/1/10 22:55
 Re[2]: お疲れ様でした!
返信ありがとうございます!
テンション高いのは高山病みたいなもんで、もう治せません!地上でもいつも酔っ払ってるかもですが(笑)
自分もヒキは強い方だとは思ってますが、11月の立山なんて、晴れる訳ない山ですよ…2年連続でBC計画中止ですもん…。。Murphyさんのいる世界は絶対別世界です。森、いや、山に迷い込んだら…現実の世界に戻ってこないとダメです!あ、自分は海辺のカフカが好きです。ごめんなさい(笑)
失礼致しました!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ