また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1356571 全員に公開 ハイキング中国

倉敷美しい森

日程 2018年01月10日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間34分
休憩
0分
合計
1時間34分
Sスタート地点11:4213:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回のスタート地点、倉敷美しい森は冬季10:00〜16:00しか開いていません。種松山方面からは何時でも出入り出来ます。
今回通常ルートを外れて目的の岩場に行きましたが、踏み跡は全くありません。完全藪こぎです(笑)
岩をたどってピークを目指すときは危険です。
動物との遭遇も気をつけて下さい。
今回、ヌートリア、猪、狐に遭遇しました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

ビジターセンターまでの道途中の駐車場からスタート。
すぐに下の池の土手を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンターまでの道途中の駐車場からスタート。
すぐに下の池の土手を渡る。
ここを渡る。
防水靴でないと濡れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡る。
防水靴でないと濡れます
土手から駐車場方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土手から駐車場方向
ほとりの道を進む。ここもちょっとした藪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとりの道を進む。ここもちょっとした藪。
最初はここから上がろうとしたが、獣道のようで、途中猪に遭遇。引き返した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はここから上がろうとしたが、獣道のようで、途中猪に遭遇。引き返した。
岩場の下部へ到達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の下部へ到達。
動物に会いにくいように岩場を伝って詰めていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物に会いにくいように岩場を伝って詰めていく
途中の景色。児島方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の景色。児島方面
この先の岩場を見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先の岩場を見上げる
1
変わった岩発見。今にも落ちそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わった岩発見。今にも落ちそう
てっぺんに到達。
通勤途中にいつも見ていた巨大な岩が目の前に(^^;)
この岩を登って目的達成!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てっぺんに到達。
通勤途中にいつも見ていた巨大な岩が目の前に(^^;)
この岩を登って目的達成!
1
岩の上からの景色。水島インター
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上からの景色。水島インター
水島コンビナートへ続く道。
目的を達してまたまた岩伝い〜藪こぎで下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水島コンビナートへ続く道。
目的を達してまたまた岩伝い〜藪こぎで下る。
少し開けた谷をトレース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けた谷をトレース
ここから池ほとりの道へ出てきた。次回来るときはここから登るのが良さそう。奥に見える根元の曲がった木が目印
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから池ほとりの道へ出てきた。次回来るときはここから登るのが良さそう。奥に見える根元の曲がった木が目印
最初に通った土手
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に通った土手
1
ついでに少し遊歩道もまわってみる。展望台の東屋からの景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでに少し遊歩道もまわってみる。展望台の東屋からの景色。
1
快適な寝床。
寝袋一つでここに泊まってみても楽しそう(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な寝床。
寝袋一つでここに泊まってみても楽しそう(笑)
1

感想/記録

通勤途中にいつも見ていた岩に行きたくて、ぶっつけで行ってみました。
夏には生い茂った木々に囲まれているのですが、冬になると葉っぱが落ちて岩肌が露出。行くなら冬しかないと思って今回決行。
案の定誰も登った跡はなく、獣道を藪こぎで進みどうにか岩場までたどり着きました。
思った通り景色は良好。いつも
通っている場所を上から見下ろすのは面白いですね〜。
念のためロープ、カラビナなど持って行きましたが必要ありませんでした。
ただ、野生動物が多く、特に猪に遭遇したときは焦りました。熊鈴やストック、場合によってはナイフなど、危険動物に遭遇したときの対策はして行った方が良さそう。

岡山県玉野地区の山はたくさんの岩場があり、冬になると道路から見えます。行ってみたい所がたくさんあるのですが、地図や市町村のガイド、ネット上を探してもルートなど無いところがほとんど。今回を皮きりに今後サバイバル装備を持って色々と行ってみようと思います。
訪問者数:167人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ