また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1356578 全員に公開 雪山ハイキング東海

奥美濃の名瀑 阿弥陀ヶ滝

日程 2018年01月10日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道の合流地点に2,3台駐車可能。
降雪、積雪時またはスペースがない場合はAMIDA(旧ハートピア四季)の駐車場へ。
こちらには公衆トイレ有。
※除雪作業の妨げにならないようご配慮を!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
55分
休憩
30分
合計
1時間25分
Sスタート地点11:1011:40阿弥陀ヶ滝12:1012:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日の降雪で新雪たっぷり!
スノーシューを履いても脛から膝下まで沈む箇所があります。
売店屋根からの落雪に注意!またその先から川沿いの道は境目が分かりにくいので山側の道をお勧めします。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

県道の合流地点に車を止め出発。
県道はきれいに除雪されていますが、阿弥陀ヶ滝方面は春先まで除雪されません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道の合流地点に車を止め出発。
県道はきれいに除雪されていますが、阿弥陀ヶ滝方面は春先まで除雪されません。
2
往復で小一時間と考えていますが果たして…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往復で小一時間と考えていますが果たして…
2
モノクロームの世界
うっすらとトレースも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノクロームの世界
うっすらとトレースも
1
公衆トイレは冬期使用不可
雪が無ければこの手前まで車で入ることができます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公衆トイレは冬期使用不可
雪が無ければこの手前まで車で入ることができます。
売店屋根からの落雪に要注意‼
直撃すれば押し出されて川へダイブか、雪(ほぼ氷)の下敷きで圧死!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売店屋根からの落雪に要注意‼
直撃すれば押し出されて川へダイブか、雪(ほぼ氷)の下敷きで圧死!
1
延命地蔵のお顔も雪で隠れています。
川沿いの道を行こうとしましたが、リスクが高そうなので山側の道に変更しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延命地蔵のお顔も雪で隠れています。
川沿いの道を行こうとしましたが、リスクが高そうなので山側の道に変更しました。
1
木々の隙間から滝が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の隙間から滝が見えてきました。
1
分かりにくいので少し先から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいので少し先から
2
到着
もうちょっと先に進んでみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着
もうちょっと先に進んでみます。
3
もっと先に行けそうですが滝壺に落ちる可能性もあるのでやめときます(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと先に行けそうですが滝壺に落ちる可能性もあるのでやめときます(笑)
3
真横から撮りたかったのですが今日はこれが限界。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真横から撮りたかったのですが今日はこれが限界。
4
最上部の石橋から 
橋の上にも積雪があるので慎重に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最上部の石橋から 
橋の上にも積雪があるので慎重に
5
左手上部に見えるあずまやで小休止
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手上部に見えるあずまやで小休止
ベンチに腰掛けコーヒータイム 
飲み終わったら戻るつもりでしたが、自撮りを忘れたので三脚の準備。E‐PL6と言う相棒を失い今回はコンデジに。三脚との組み合わせは何かアンバランス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチに腰掛けコーヒータイム 
飲み終わったら戻るつもりでしたが、自撮りを忘れたので三脚の準備。E‐PL6と言う相棒を失い今回はコンデジに。三脚との組み合わせは何かアンバランス。
1
セルフで自撮り。わざわざタイマー設定しなくても、TG‐5ならスマホでリモート撮影ができたのに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セルフで自撮り。わざわざタイマー設定しなくても、TG‐5ならスマホでリモート撮影ができたのに。
3
行きには撮りませんでしたが、雪の重みで垂れ下がった枝が道をふさいでいます。少し屈めば通れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きには撮りませんでしたが、雪の重みで垂れ下がった枝が道をふさいでいます。少し屈めば通れます。
振り返って滝の見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って滝の見納め
次回は氷瀑の頃に 
1月末から2月が見ごろかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次回は氷瀑の頃に 
1月末から2月が見ごろかな?
1
その頃にはこの柵も雪の下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その頃にはこの柵も雪の下
橋まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋まで戻ってきました。
2
こちらは下流側 
グローブが映り込んでしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは下流側 
グローブが映り込んでしまいました。
1
左手の緩やかな坂の先にはAMIDA(旧ハートピア四季) 
こちらにもうっすらとトレースが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の緩やかな坂の先にはAMIDA(旧ハートピア四季) 
こちらにもうっすらとトレースが
桧峠から上は雪雲に覆われています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桧峠から上は雪雲に覆われています。
あいにくの曇り空ですが、気分は晴ればれ!
良い気分転換になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あいにくの曇り空ですが、気分は晴ればれ!
良い気分転換になりました。
帰りに長滝白山神社へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに長滝白山神社へ
参道には10〜15冂の積雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道には10〜15冂の積雪
1月10日にして初詣(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月10日にして初詣(笑)
節目の年も終わり。いつもの白山に戻るのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
節目の年も終わり。いつもの白山に戻るのでしょうか?
2
大日ヶ岳も雪雲の中 
これから自宅に戻って、溜まりに溜まった洗濯、掃除、家事全般を一気に片付けてしまいます。その後は近くの温泉へ、そして晩酌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日ヶ岳も雪雲の中 
これから自宅に戻って、溜まりに溜まった洗濯、掃除、家事全般を一気に片付けてしまいます。その後は近くの温泉へ、そして晩酌。
1

感想/記録

久々の休日ですが、年末年始は例年以上に忙しく燃え尽きて真っ白な灰に…
しかも部屋の中は竜巻が通り過ぎた後のような無残な有様。このまま片付けを始めると気が滅入りそうなので、まずはリフレッシュ!
幸いなことに山道具関連は整理整頓、いつでも出かける準備は万端(笑)
ただ近場の山はどこも荒れ模様、さりとて天気良さげな遠くへ行く気力もなく、またピークハントで疲れてしまうのも本末転倒。ということで小一時間で済みそうな阿弥陀ヶ滝へ。

前日の降雪に不安を感じましたが、石徹白在住の知人に確認したところ昨日は一日中猛吹雪で5m先も見えず、県道でも事故が多発したようです。でも本日の朝は小康状態で雪もちらつく程度とのこと。昼前と言うこともあり県道の除雪も済んでアクセスに支障はなし。

駐車場所から阿弥陀ヶ滝までは新雪パフパフ。昨年12月に購入したスノーシューでガシガシと進んでいけました。序盤は楽しくて飛ばし過ぎ大汗をかいてしまいましたが、その後は自重。
短い距離、時間でしたが、初めて雪の阿弥陀ヶ滝を見ることができ充分満足できました。
そして本格的な山行は次回の休日からということで…

最後までお付き合い頂きありがとうございます。
今年も皆様にとって良い年でありますように。
訪問者数:345人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ