また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1356878 全員に公開 ハイキング関東

伊豆大島 No.5-B 地図読み砂漠コース

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
コースの始点・終点である「大砂漠バス停」はGW・夏季のみの季節運行。通常はレンタカーなどで行く必要があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
・所要2時間半弱のコースです。
・途中、危険個所はなしですが、案内標識はないため道迷い注意。特にガスに覆われたときは地元の人でも迷います。ガイド動向が望ましいです。
・木陰は一切ありません。特に夏場は熱中症予防のため、飲み物等は持参必須。
・活火山のため、ヘルメット携行がおすすめ。
(ここから離れていますが、三原山山頂口で無料レンタル可能です)
・シェルター(退避壕)の位置は ↓こちらで事前確認しておきましょう。
https://goo.gl/VAdCv4
その他周辺情報・コース途中にトイレはありません。「月と砂漠ライン入り口」との間の都道上に簡易トイレが設置してあります。
・最寄りの自販機は大島公園(車で約10分)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

このハイキングコースの発着地点は「大砂漠バス停」。シェルターが目印です。季節運行のため、ほとんど使われないバス停です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハイキングコースの発着地点は「大砂漠バス停」。シェルターが目印です。季節運行のため、ほとんど使われないバス停です。
シェルターです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェルターです。
入り口から裏砂漠方面。この付近はまだ草木が生い茂っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口から裏砂漠方面。この付近はまだ草木が生い茂っています。
20分ほど進むと、車両進入禁止の看板です。この先は国立公園の「特別保護地区」。最も規制の厳しい区域で、自転車などは入ってはいけません。このあたりから草木がほとんど生えない砂漠地帯です。ここから右に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど進むと、車両進入禁止の看板です。この先は国立公園の「特別保護地区」。最も規制の厳しい区域で、自転車などは入ってはいけません。このあたりから草木がほとんど生えない砂漠地帯です。ここから右に進みます。
5分ほどで分岐点ですが、ここは左へ。ちなみに、帰りは右手からここに合流です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ほどで分岐点ですが、ここは左へ。ちなみに、帰りは右手からここに合流です。
ここでテキサスコースに合流です。右(東)に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでテキサスコースに合流です。右(東)に進みます。
空気が澄んでいるときは前方に房総半島が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空気が澄んでいるときは前方に房総半島が見えます。
左手に溶岩流を見ながら、杭に沿って歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に溶岩流を見ながら、杭に沿って歩きます。
この区間は奇岩が多いのが特徴。勝手に「観音岩」と命名。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区間は奇岩が多いのが特徴。勝手に「観音岩」と命名。
間違えやすいところには案内標識があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違えやすいところには案内標識があります。
奥に進まないよう注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に進まないよう注意。
「オーストラリア岩」と命名。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「オーストラリア岩」と命名。
「わんこ岩」と命名。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「わんこ岩」と命名。
こんな季節に紅葉?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな季節に紅葉?
1本道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1本道を進みます。
ここがわかりにくい分岐点。写真は右の道から来たところで、右折して写真の左方向へ向かいます(南下)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがわかりにくい分岐点。写真は右の道から来たところで、右折して写真の左方向へ向かいます(南下)。
ここから先、迷い道の核心部。地図読みの勉強にもってこい。車の跡っぽい道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先、迷い道の核心部。地図読みの勉強にもってこい。車の跡っぽい道を進みます。
途中、開けたりします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、開けたりします。
このように道の跡があればわかりやすいですが、そうでないところがたくさん。遠くの山の方向を頼りに歩きます。ただ、ガスったらこの方法も使えないので、方位磁石は必携。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように道の跡があればわかりやすいですが、そうでないところがたくさん。遠くの山の方向を頼りに歩きます。ただ、ガスったらこの方法も使えないので、方位磁石は必携。
観測機器がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観測機器がありました。
たまに、小高い丘も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに、小高い丘も。
小高い丘からの景色その1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高い丘からの景色その1
小高い丘からの景色その2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高い丘からの景色その2
櫛形山に近づいてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山に近づいてきました。
突然開けたりします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然開けたりします。
大雨の際に水の流れた跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雨の際に水の流れた跡
花も咲いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花も咲いています
車道を頼りに歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を頼りに歩きます。
ガスがかかってきました。やばい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかってきました。やばい。
まもなく「車両進入禁止」の看板。こちら、違法な侵入車です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく「車両進入禁止」の看板。こちら、違法な侵入車です。

感想/記録

裏砂漠は目印も少なく、道迷いしやすい場所です。それを利用して、地図読み訓練に生かすこともできます。国土地理院の地図記載のルートに沿って、どれだけ忠実に歩くことができるか競うこともできます。周回で2時間半弱。

スタート、ゴール地点を含め途中トイレはありませんが、
「月と砂漠ライン入り口」との間の都道上に簡易トイレが設置してあります。

標識がないので道迷いに注意です。特にガスが出たときは要注意です。地図読み訓練のために歩くのでなければ、できればガイドと一緒に歩きましょう。

木陰は一切ありません。特に夏場は熱中症予防のため、飲み物・風よけ(櫛形山鞍部は年中強風エリア)等は持参必須。
訪問者数:37人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ