また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1357491 全員に公開 ハイキング富士・御坂

本社ヶ丸・清八山(秀麗富嶽#12)

日程 2018年01月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR笹子駅発着で追分から左回り周回します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
1時間3分
合計
6時間20分
S笹子駅07:1207:30追分バス停07:3108:32清八山、本社ヶ丸登山口09:33清八山09:5810:01清八峠10:38本社ヶ丸11:1211:29石切山11:46新道分岐12:02角研山12:0312:45庭洞丸13:28笹子駅13:3013:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
庭洞山は道標も気づきませんでしたしスルーしたようです。
コース状況/
危険箇所等
笹子駅から追分までは国道歩き;早朝といえども交通量多くマスク着用がよいと思います。追分から変電所までは道幅の広い車道歩きです。変電所先の橋から登山口までは道の悪い林道です。変電所の少し先まで車でアクセスできそう。橋の周辺は駐車のスペースは見つけられそう。道中の道標をよく見ながら歩行する必要があります。道は全体的に非常に乾燥しています。特に角研山からの下りは急ですし硬い地表のためスリップしやすいです。始終北側斜面のため寒いです。PETの水も氷ります。
その他周辺情報JR笹子駅周辺を含め道中店などは一切ありません。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 膝サポ テーピング

写真

JR笹子駅から追分までは国道歩きです。歩道はありますが、ダンプなどの大型車も頻繁に通過します。タオルで鼻口覆い歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR笹子駅から追分までは国道歩きです。歩道はありますが、ダンプなどの大型車も頻繁に通過します。タオルで鼻口覆い歩きます。
1
国道;車道たっぷり歩かされます。変電所先の橋から下を流れる川;なんと凍っているようです。さむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道;車道たっぷり歩かされます。変電所先の橋から下を流れる川;なんと凍っているようです。さむ。
2
植林帯も多く始終北側斜面のため日当たりは悪いです。道は乾燥しているので地表の凍結はありませんが固化しています。清八峠でようやく尾根に出て日なたに出会います。ようやく二名の方々と出会うことができました。三ツ峠からいらっしゃったとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯も多く始終北側斜面のため日当たりは悪いです。道は乾燥しているので地表の凍結はありませんが固化しています。清八峠でようやく尾根に出て日なたに出会います。ようやく二名の方々と出会うことができました。三ツ峠からいらっしゃったとのこと。
1
清八峠からひと登りで清八山に到着します。山頂は狭いですが展望抜群。富士山もくっきり、はっきり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清八峠からひと登りで清八山に到着します。山頂は狭いですが展望抜群。富士山もくっきり、はっきり。
2
南アルプスの山々;山脈という感じがします。がっちり雪化粧。空や雲とのコントラストもよくいい景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々;山脈という感じがします。がっちり雪化粧。空や雲とのコントラストもよくいい景色。
5
富士吉田の街が眼下に見えます。富士山も空や雪コントラストが出て非常にきれいでした。山頂で写真撮っていると、ほおりだしておいたPETの水がアイスになっておりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士吉田の街が眼下に見えます。富士山も空や雪コントラストが出て非常にきれいでした。山頂で写真撮っていると、ほおりだしておいたPETの水がアイスになっておりました。
5
本社ヶ丸に向かいます。途中の造り岩からの展望も素晴らしいです。こちらのほうが前に障害物もなくてよいです。三ツ峠山とともに撮影。造り岩以降は岩;大小ピークの登り降りが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸に向かいます。途中の造り岩からの展望も素晴らしいです。こちらのほうが前に障害物もなくてよいです。三ツ峠山とともに撮影。造り岩以降は岩;大小ピークの登り降りが続きます。
4
いくつかの偽ピークを過ぎて本社ヶ丸に到着します。先ほど出逢ったお二人がいらっしゃいました。まだまだ富士山もクリア。しかし空はだんだん白くなり逆光になってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの偽ピークを過ぎて本社ヶ丸に到着します。先ほど出逢ったお二人がいらっしゃいました。まだまだ富士山もクリア。しかし空はだんだん白くなり逆光になってきます。
4
少し北に振ると逆光を防ぐことができます。手前の尾根は三ツ峠山へ続く尾根でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し北に振ると逆光を防ぐことができます。手前の尾根は三ツ峠山へ続く尾根でしょう。
1
雪煙が出てきたので寄せてみました。やはり富士山は素晴らしいかっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙が出てきたので寄せてみました。やはり富士山は素晴らしいかっこいい。
2
角研山山頂になります。展望はありません。本社ヶ丸から角研山までの尾根道はすばらしく歩きやすいものです。ピッチがあがります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角研山山頂になります。展望はありません。本社ヶ丸から角研山までの尾根道はすばらしく歩きやすいものです。ピッチがあがります。
2
PETの水;冷たいアイスウォータになっています。リュックのサイドに固定するチャムのドリンクホルダ;最近お気に入りです。そのままだとエッジでリュックのバンドにダメージを与えますので樹脂チューブで保護してやります。これ必須。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
PETの水;冷たいアイスウォータになっています。リュックのサイドに固定するチャムのドリンクホルダ;最近お気に入りです。そのままだとエッジでリュックのバンドにダメージを与えますので樹脂チューブで保護してやります。これ必須。
2
角研山から笹子駅に下山します。葛野川送電鉄塔というらしいです。近くで見るとすごく大きい。この山域は送電用の鉄塔が多く見られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角研山から笹子駅に下山します。葛野川送電鉄塔というらしいです。近くで見るとすごく大きい。この山域は送電用の鉄塔が多く見られます。
1
笹子駅に到着しました。おつかれさま。角研山からの下りは所々急坂です。道は乾燥していてザレていて地表が固化;スリップ条件満載の道です。注意して歩行する必要があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子駅に到着しました。おつかれさま。角研山からの下りは所々急坂です。道は乾燥していてザレていて地表が固化;スリップ条件満載の道です。注意して歩行する必要があります。
1

感想/記録

秀麗富嶽おまわりもいよいよ終盤。造り岩など見所があり展望も非常によいことは、前の山行でわかっておりましたので、本社ヶ丸のガイドブックなどですこし「がっつり」コースとされているルートをトレースしました。非常に寒かったですが富士山の展望もクリアでいい景色を見ることができました。ただ、車道歩きの長いことはその通りでした。
訪問者数:341人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ