また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359277 全員に公開 山滑走日高山脈

熊見山〜労山熊見山

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴天・無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いつもの駐車帯,今日は5〜6台分くらいのスペースが除雪されておりました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

07:50 駐車帯からスタート
08:40 熊見山の山頂着〜東斜面を滑降して,登り返す
10:25 熊見山の山頂〜労山熊見山へ向かい,途中,コルから北斜面へ滑降し登り返す
11:55 労山熊見山
12:15 ゴール 
コース状況/
危険箇所等
熊見山の東斜面は柔らかなナイスパウダー
ほづゲレンデは凹凸不整のある浅いパウダー
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

今日は直接,熊見山へ向かった
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は直接,熊見山へ向かった
稜線に出ると,石狩〜ニペソツ〜ウペペサンケ山がお出迎え
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると,石狩〜ニペソツ〜ウペペサンケ山がお出迎え
3
熊見山の山頂(後方遠くはトムラウシ〜二ぺ・ウペ〜東西ヌプカ)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見山の山頂(後方遠くはトムラウシ〜二ぺ・ウペ〜東西ヌプカ)
4
熊見山山頂からGo!
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見山山頂からGo!
3
熊見山の稜線沿い東側には,良さげな斜面がたくさんあります
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見山の稜線沿い東側には,良さげな斜面がたくさんあります
3
熊見山東斜面は平野部に向かって滑る感じ
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見山東斜面は平野部に向かって滑る感じ
4
ナイスパウダー!でした
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイスパウダー!でした
5
下には疎林が拡がっている
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下には疎林が拡がっている
2
ここも良い雪でした
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも良い雪でした
3
熊見山まで登り返し中
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見山まで登り返し中
1
もう少しでドロップポイント
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しでドロップポイント
日勝北斜面には無数のシュプールが刻まれていた(帰り道,日勝トンネル駐車場は,20台以上のクルマで満車状態でした)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日勝北斜面には無数のシュプールが刻まれていた(帰り道,日勝トンネル駐車場は,20台以上のクルマで満車状態でした)
5
労山熊見山へ向かって帰ろう
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
労山熊見山へ向かって帰ろう
1
熊見〜労山熊見のコルから,北斜面へGo!
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見〜労山熊見のコルから,北斜面へGo!
2
コルの北斜面は,いつも良い雪が溜まっている
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルの北斜面は,いつも良い雪が溜まっている
1
視界が良くて,雌阿寒岳,阿寒富士も見えた
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が良くて,雌阿寒岳,阿寒富士も見えた
4
労山熊見山東斜面に数本のシュプールが見える
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
労山熊見山東斜面に数本のシュプールが見える
1
ほづゲレンデはシュプールも多く凹凸不整もあり,あまり快適ではなかった
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほづゲレンデはシュプールも多く凹凸不整もあり,あまり快適ではなかった
今日も冷え切ってゴール
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も冷え切ってゴール
清水ドライブインから,熊見山東斜面をズーム(今日のシュプールが見える)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水ドライブインから,熊見山東斜面をズーム(今日のシュプールが見える)
4
今日のトラックログ(赤:シール登高,青:スキー滑走)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のトラックログ(赤:シール登高,青:スキー滑走)
1

感想/記録

今日も寒いが天気は良さそうだ。これは行くしかないでしょう。パウダー狙いで日勝峠の熊見エリアへ行ってみた。
旧シェルター過ぎの駐車帯には先行車両3台止まっていたが,今日は広く除雪されていたので駐車できた。

道路渡って出発する。今日の山中気温は-10〜-5℃くらい。ずっと無風で晴天。昼近くになると少し風が出てきたが,上空の雲は消えて快晴になった。視界も終始良好で,これ以上はないという山日和であった。
熊見山へ向かうスノーシューのトレースがあり,それをたどって進んだ。沢が開いていて(えぐれて深い)スノーブリッジがなく,かなり上部まで行って沢を渡った。稜線に出ると,二ぺ・ウペがお出迎え。

熊見山の山頂から東斜面へGo! 軟らかな踝パウダーで,一部底付きあるがスムーズに滑り降りた。前方の開けた平野部に向かって,広い斜面を滑り降りるというsituation が素晴らしい! 下へ行くと下地がわずかにモナカ系になったが,スキーが引っかかることもなく,気持ち良く滑る。疎林の斜面を沢まで降りて終了とした。400mほどの滑降だった。ナイスパウダーの余韻に浸りながら休憩。

熊見山へ登り返してシールを外し,労山熊見山へ向かう。途中,コルから北斜面を滑降した。ここの雪はいつも軽く,板が良く走る。沢まで降りて,労山熊見山へ登り返した。

帰りのほづゲレンデはシュプールたくさんで,雪面の凹凸不整もあって,さほど快適ではなかった。

帰り道,清水ドライブインから熊見山東斜面を見ると,今日のシュプールが良く見えた。
今日もナイスパウダー,素晴らしい斜面に出会えて,良い一日でした。


 行動時間: 4時間25分
 移動距離: 8.2
 累積標高: 1000m

訪問者数:888人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ