また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359393 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

咲花駅からラッセル3時間半

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ 風もなく穏やか
アクセス
利用交通機関
電車
往路:白山8:05(5分遅れ)−新潟8:25(乗換)8:25(快速あがの)咲花9:06
復路:咲花15:23(30分遅)−新潟16:20  670円×2
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
33分
合計
4時間58分
Sスタート地点(咲花駅)09:1309:20登山口(ワカン装着)09:3010:49200ピーク(第一鉄塔)10:5511:27第二送電鉄塔11:3012:25450ピーク13:00550ピーク(折り返し)13:1413:45200ピーク(第一鉄塔)14:11登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部に赤テープ残っているが,冬歩く人はいないせいか,目印はほぼなし
堰堤前の橋は狭く,積雪あると慎重に。沢から200m尾根への急登は積雪時は厳しい。550mへののやせ尾根は雪庇も発達しているので視界不良のときは慎重に通過か。
その他周辺情報咲花温泉 平左ェ門で日帰り入浴(600円)
噂に聞くエメラルドグリーンのお湯は硫黄臭は少なく,ぬるめの優しいお湯でゆっくりできる。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

JR咲花駅で下車。どこまで行けるか。
2018年01月14日 09:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR咲花駅で下車。どこまで行けるか。
わかりにくい登山口からワカン装着してラッセル開始。
堰堤を越え,杉林を抜けると沢越え初めて鳴沢岳の看板。
ここからの急登ラッセルは腰,胸で厳しい。なんとか200m送電鉄塔ピークに
2018年01月14日 10:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくい登山口からワカン装着してラッセル開始。
堰堤を越え,杉林を抜けると沢越え初めて鳴沢岳の看板。
ここからの急登ラッセルは腰,胸で厳しい。なんとか200m送電鉄塔ピークに
200ピークで「今日はもう大分やりました」感に浸る。鳴沢岳まで,なんていう気は霧散。時間的に行けるところまでで腹が決まる。
2018年01月14日 10:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200ピークで「今日はもう大分やりました」感に浸る。鳴沢岳まで,なんていう気は霧散。時間的に行けるところまでで腹が決まる。
200mピークから尾根になるがそれでも膝前後のラッセル。
次の送電鉄塔には到達。
ここから450mピークまでも中々の急登ラッセル
2018年01月14日 11:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200mピークから尾根になるがそれでも膝前後のラッセル。
次の送電鉄塔には到達。
ここから450mピークまでも中々の急登ラッセル
450mピークには赤テープあり。少し下って,この先の550mピークまで行くことにする。このあたりから大分展望がよくなる。
2018年01月14日 12:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
450mピークには赤テープあり。少し下って,この先の550mピークまで行くことにする。このあたりから大分展望がよくなる。
やせ尾根で雪庇も発達しているが問題はなし。それにしても急登ラッセルが厳しい。うさぎのトレースさえも借りたくなる。
2018年01月14日 12:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やせ尾根で雪庇も発達しているが問題はなし。それにしても急登ラッセルが厳しい。うさぎのトレースさえも借りたくなる。
ラッセル3時間半。菅名岳はおろか鳴沢岳にも及ばないが,ここまでとする。対岸の五頭
2018年01月14日 13:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル3時間半。菅名岳はおろか鳴沢岳にも及ばないが,ここまでとする。対岸の五頭
よくわからないが,結構な雪庇の上を通過しました
2018年01月14日 13:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくわからないが,結構な雪庇の上を通過しました
咲花温泉を眼下に。中央右が450mピーク
2018年01月14日 13:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲花温泉を眼下に。中央右が450mピーク
多分鳴沢岳,標高850でも神々しい。体力的には行けるが時間が厳しい。
2018年01月14日 13:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分鳴沢岳,標高850でも神々しい。体力的には行けるが時間が厳しい。
1
五頭の右の峰々
2018年01月14日 13:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五頭の右の峰々
1
もう一枚,多分鳴沢岳
2018年01月14日 13:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一枚,多分鳴沢岳
帰りは嘘のように早い。こんなとこ良く登ってきたな〜と思うような急坂を落ちるように下る。写真は200mピークからのとんでもない急坂
2018年01月14日 13:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは嘘のように早い。こんなとこ良く登ってきたな〜と思うような急坂を落ちるように下る。写真は200mピークからのとんでもない急坂
登り3時間30分を1時間で下る,,,,冬山ってそうなんですけど,それにしても,,,
2018年01月14日 14:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り3時間30分を1時間で下る,,,,冬山ってそうなんですけど,それにしても,,,
それにしてもわかりにくい,登山口入り口
2018年01月14日 14:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもわかりにくい,登山口入り口
大雪の影響がまだあるようで30分遅れ。待合室に直通電話あり問い合わせる仕組み
2018年01月14日 15:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪の影響がまだあるようで30分遅れ。待合室に直通電話あり問い合わせる仕組み

感想/記録
by yamkoi

あわよくば(お酒で飲んでばかりいる)菅名岳を,と思いつつも3〜4時間行けるとこるまで行ったら戻ることにして,ラッセルをしに出かける。
菅名岳は車でいずみの里から入るのがポピュラーのようだが,単身赴任で車ない身では,JRで咲花駅からの登山。登山道入り口がわかりにくい。いきなり単なる雪原でワカンつけてラッセル開始。なんとなく切り開きのような杉林を進むと堰堤。手前の細い橋にたんまり積雪があり慎重に通過。堰堤脇に階段(雪でステップは見えないがてすりは見える)があり,堰堤の向こう側に乗り越し。堰堤の先には赤テープがあり沢越えまで続く。ここに初めて鳴沢岳の看板あるが,どうやぶをかわして登ったらいいものかと途方にくれたくなるような急登。腰や胸まで没して膝で固めながら少しづつ進む。送電鉄塔のある200ピークにようやくたどりつく。これだけのやぶの急登なのでスノーシューでは取り回しが難しくワカンが正解。
ここからも膝前後のラッセルだが,ここのラッセルが最悪。
450mピーク,550ピークの手前の急登ラッセルも厳しい。がっちり絞られ,13時までで神々しい鳴沢岳までも及ばず,550mピークで引き返す。
帰りは1時間で「落ちる」。あまりにも時間あるので咲花温泉で汗を流して帰路に。まだ雪の影響あるのかJRは30分遅れで到着。
条件よければ,もう少しいけそう。JRで行けるラッセル訓練箇所かな〜
訪問者数:93人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ