また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359483 全員に公開 雪山ハイキング大山・蒜山

大山(一ノ沢〜ニノ沢)

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇りのち晴れ ほぼ無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
米子道溝口IC〜県道45号〜大山環状道路〜桝水高原
駐車場無料
スキー場は9:00〜 トイレ使用もスキー場営業時間内
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間32分
休憩
54分
合計
8時間26分
S枡水高原07:5409:20一ノ沢出合09:2411:10休憩12:0014:00二ノ沢本渓源頭15:20二ノ沢出合16:20桝水高原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎環状道路…危険箇所なし。要歩行具。
      ロックシェード通過可。南側も歩ける。
◎治山道路…危険箇所なし。
◎一ノ沢〜二ノ沢…雪崩・落石・滑落に注意。
         沢中央は雪が少ない。
         堰堤はまだ埋まりきっていないため、大きなものは巻きます。
その他周辺情報大山沢情報ライブカメラ
http://www.hal.ne.jp/daisenca/
大山桝水高原スキー場ライブカメラ
http://www.ustream.tv/channel/masumizuskiing?rmalang=it_IT
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 ツェルト ストック

写真

枡水スキー場から出発。
2018年01月14日 08:00撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枡水スキー場から出発。
予想外の青空スタートで気分高揚します。
2018年01月14日 08:17撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想外の青空スタートで気分高揚します。
2
環状道路は先行者のトレースあり。
前日も降ったので助かりました。
2018年01月14日 08:31撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
環状道路は先行者のトレースあり。
前日も降ったので助かりました。
ロックシェード内の壁画?
内容はよくわからない。
2018年01月14日 08:33撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックシェード内の壁画?
内容はよくわからない。
道路をショートカットして
本日のコンディションを予測。
締まってない雪に苦戦です。
2018年01月14日 08:54撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路をショートカットして
本日のコンディションを予測。
締まってない雪に苦戦です。
2
沢歩きはパスして治山道路へ。
2018年01月14日 09:37撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢歩きはパスして治山道路へ。
5
一部尾根を直登。
ラッセルを楽しむ(!?)
2018年01月14日 09:56撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部尾根を直登。
ラッセルを楽しむ(!?)
1
治山道路終点。
ガスに覆われてしまった。
2018年01月14日 10:39撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
治山道路終点。
ガスに覆われてしまった。
足早に沢横断。
発泡スチロール状のあられ雪。
2018年01月14日 10:52撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足早に沢横断。
発泡スチロール状のあられ雪。
2
道なき道となるが、無雪期のヤブ漕ぎに比べると断然楽です。
2018年01月14日 11:02撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なき道となるが、無雪期のヤブ漕ぎに比べると断然楽です。
1
いまいちな記念写真。
2018年01月14日 11:16撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いまいちな記念写真。
1
一ノ沢中央の雪は飛ばされています。
2018年01月14日 11:20撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢中央の雪は飛ばされています。
最右の小尾根へ上がります。
爪が効きづらく難儀します。
2018年01月14日 12:09撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最右の小尾根へ上がります。
爪が効きづらく難儀します。
一ノ沢中央の沢。
歩いた跡が見える。
2018年01月14日 12:15撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢中央の沢。
歩いた跡が見える。
2
少し明るくなってきました。
2018年01月14日 12:19撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきました。
2
ガスがとれそうな気配。
2018年01月14日 12:21撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがとれそうな気配。
1
きれいな細尾根が伸びています。
2018年01月14日 12:23撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな細尾根が伸びています。
絶好のポジションで晴れ待ち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好のポジションで晴れ待ち。
4
青空きた!
2018年01月14日 12:43撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空きた!
2
圧巻の筍岩。
晴れてよかった。
ここで友人たちとお別れして
2018年01月14日 12:49撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧巻の筍岩。
晴れてよかった。
ここで友人たちとお別れして
10
延長戦 二ノ沢へ行ってみることにします。
2018年01月14日 12:31撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延長戦 二ノ沢へ行ってみることにします。
1
一ノ沢右俣もかなり広いです。
2018年01月14日 13:13撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢右俣もかなり広いです。
1
右岸稜方向。
2018年01月14日 13:15撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸稜方向。
2
雪の造形がすごい!
2018年01月14日 13:20撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の造形がすごい!
9
壁が近くなってきました。
2018年01月14日 13:16撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁が近くなってきました。
2
たったこれだけの登高がかなりきつい。
久しぶり過ぎて両足が攣る日です。
2018年01月14日 13:20撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たったこれだけの登高がかなりきつい。
久しぶり過ぎて両足が攣る日です。
このあられ雪に悩まされた。
2018年01月14日 13:35撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあられ雪に悩まされた。
マイトレース。
2018年01月14日 13:35撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイトレース。
3
息を整えながら見上げる。
雪崩れないとわかってたらこんなとこ登ってみたいよねえ。
2018年01月14日 13:35撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息を整えながら見上げる。
雪崩れないとわかってたらこんなとこ登ってみたいよねえ。
8
ここを越えると二ノ沢です。
2018年01月14日 13:44撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを越えると二ノ沢です。
3
むこうに烏ヶ山が見えはじめた。
険しい稜線に雪庇も見えています。
2018年01月14日 13:44撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むこうに烏ヶ山が見えはじめた。
険しい稜線に雪庇も見えています。
4
二ノ沢本渓左俣。
2018年01月14日 13:49撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ沢本渓左俣。
3
その奥の方。
ここもきれいに雪で埋まっています。
2018年01月14日 13:59撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その奥の方。
ここもきれいに雪で埋まっています。
6
一ノ沢の左岸尾根。
2018年01月14日 14:02撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢の左岸尾根。
3
ピシッと亀裂。
この日できたものです。
2018年01月14日 14:02撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピシッと亀裂。
この日できたものです。
2
マイトレース。さらに小尾根を越える。
2018年01月14日 14:07撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイトレース。さらに小尾根を越える。
1
ドーリーの尾根(お墓?)。
自分はなんとなく聞いた覚えがあるくらいですが、
このようにだんだん呼称が定着していくんでしょうね。
2018年01月14日 14:10撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーリーの尾根(お墓?)。
自分はなんとなく聞いた覚えがあるくらいですが、
このようにだんだん呼称が定着していくんでしょうね。
3
本渓右俣。
2018年01月14日 14:11撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本渓右俣。
足がいうことをきかない。
ギブして降りよう。
2018年01月14日 14:11撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足がいうことをきかない。
ギブして降りよう。
3
本渓にもこのようなゴルジュがあったのですね。
(支渓の大ゴルジュではありません)
2018年01月14日 14:13撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本渓にもこのようなゴルジュがあったのですね。
(支渓の大ゴルジュではありません)
2
小規模なデブリ。
2018年01月14日 14:15撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小規模なデブリ。
荒々しくも美しすぎる二ノ沢南壁。
2018年01月14日 14:17撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しくも美しすぎる二ノ沢南壁。
4
しばらくするとまたガスがとれて
2018年01月14日 14:20撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくするとまたガスがとれて
7
絶景に足が止まる。
いや両足攣ってるのもある。
2018年01月14日 14:21撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景に足が止まる。
いや両足攣ってるのもある。
6
二ノ沢源頭はらくだの背ですか。
(はずれでした。弥山三角点あたりのようです。)
2018年01月14日 14:21撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ沢源頭はらくだの背ですか。
(はずれでした。弥山三角点あたりのようです。)
2
みんなと別れて4つ目の尾根。
小さな雪庇にまみれて悶絶!
何やってんだろう??とか思ったり。
2018年01月14日 14:24撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんなと別れて4つ目の尾根。
小さな雪庇にまみれて悶絶!
何やってんだろう??とか思ったり。
1
濃い青空に満開霧氷がきれいで
2018年01月14日 14:26撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濃い青空に満開霧氷がきれいで
8
ブナの木々の向こうに南壁を見て
2018年01月14日 14:30撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの木々の向こうに南壁を見て
3
支渓の大ゴルジュはもういいことにした。
とても辿りつけない。
2018年01月14日 14:31撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支渓の大ゴルジュはもういいことにした。
とても辿りつけない。
1
撤収とします。
2018年01月14日 14:37撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤収とします。
4
よたよたながらなんとか前進していきます。
2018年01月14日 14:39撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よたよたながらなんとか前進していきます。
2
支渓との分岐。
この間が越えられなかった。
2018年01月14日 14:40撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支渓との分岐。
この間が越えられなかった。
1
真っ白槍尾根。
2018年01月14日 14:41撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白槍尾根。
3
足が上がらないので、道路までがはるか遠くに感じました。
2018年01月14日 14:44撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が上がらないので、道路までがはるか遠くに感じました。
2
振り返ると行けなかったゴルジュがまる見え。
また今度〜。
2018年01月14日 15:07撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると行けなかったゴルジュがまる見え。
また今度〜。
2
息も絶え絶えに一ノ沢に戻ってきた。
2018年01月14日 15:34撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息も絶え絶えに一ノ沢に戻ってきた。
1
見上げれば幾筋ものシュプールが。
2018年01月14日 15:34撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げれば幾筋ものシュプールが。
3
横手道からの米子市街風景。
あったかい飲み物ずずずっ。
2018年01月14日 15:58撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手道からの米子市街風景。
あったかい飲み物ずずずっ。
3
日が傾いた頃帰着。
大ノ沢が輝いてましたー。
2018年01月14日 16:21撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が傾いた頃帰着。
大ノ沢が輝いてましたー。
5
撮影機材:

感想/記録

日頃の不摂生がたたってとても山登れる身体をしていません。
ズボンのボタンが閉まらないので、はやく腹をへこませないと、この冬ずっとズボンを気にしながら山登りになってしまいそうです。
今シーズン初めての雪山は遅めになりましたが、友人にお誘いいただいて一ノ沢をスノーハイクしてきました。

前日も雪が降っていたので、雪の量によってはとても行けないかも〜と考えていましたが、先行者さんのトレースのおかげで体力・時間のゆとりができて、助かりました。
風がない日だったので、一ノ沢右岸稜を登ることも考えましたが、あられ状の雪粒と
簡単にやった弱層テストでも自信がなかったので、麓を散策することにしました。
午後にはかかっていたガスがとれて、昨年同様アルペンムードたっぷりの一ノ沢南壁と対面できました。
白黒の世界でも十分迫力ある風景だけど、やっぱり青空に雪の南壁が映えるのが見たい景色でした。

友人たちはここで撤収します。
私は3ヶ月ほど山がご無沙汰でしたので、せっかくだから二ノ沢をうろついてみることにします。
ただ、往路で何度かすでに攣っていた足は両足いっぺんに攣るようになってしまい、
なかなか思うように前進できず、あわよくばの目標であった支渓のゴルジュはギブアップということになりました。
3つ目くらいに思っていた尾根越えは5つで、折れかかった心はもうだめでした。

恥ずかしい話、ちょっとした小枝を越えるのも足が上がらず、座って休憩するも
ケツがずっぽり雪にはまって動けなくなったりで、何度かこりゃ帰れんかも?と考える場面もありました。
沢沿いに適当に下るだけ〜と思ってたのに、堰堤をダイブするのも巻くのも結構きつくなってしまった。
落ち着いて、腹にモノを入れてちょっと休憩すれば大丈夫だったのですが、ちょっと冷静でなくなるような時があるので、やっぱり余裕は必要ですねえ。

雪の南壁はとてもきれいで感動しました。

訪問者数:462人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ