また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360243 全員に公開 ハイキング東北

赤石三山(三高森)中ノ森

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥居の前に2台くらい止められそうですが地元の方に迷惑になりそうだったので赤石分校の前の坂に止めさせてもらいました。赤石分校を時計回りに登る道は急すぎてなおかつ凍結防止剤が分厚く巻かれていて危険に思いました。車なら反時計回りの道を進んだ方が安全でしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間10分
休憩
30分
合計
1時間40分
Sスタート地点13:5014:40中ノ森15:1015:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
太白山や七ツ森のような狭くて脆く急な登山道が標高200メートル以上では続くのでうろちょろするちびっこは背負って登りました。
その他周辺情報秋保温泉は宿泊者向けの宿が多く日帰り入浴を謳っていても多くは15時前に外来入浴は終わります。値段も高い割に泉質は鳴子や蔵王と比べると・・・なのでまあよく下調べして行かれることをお勧めします。スーパー銭湯よりはまあ雰囲気は楽しめますが。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 子供を背負って歩くと長靴が脱げやすくなるので長靴で来たのは失敗でした・・。

写真

ここからは神域。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは神域。
2
杉木立ちを見上げる。ここから先はずっとおんぶなので省略(+_+)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉木立ちを見上げる。ここから先はずっとおんぶなので省略(+_+)
4
山頂のお社。各お宮に幣がきちんと供えられていました。地元の方に大事にされている様子でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のお社。各お宮に幣がきちんと供えられていました。地元の方に大事にされている様子でした。
3
雪雲の中から浮かび上がる蔵王の景色は身震いするようでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪雲の中から浮かび上がる蔵王の景色は身震いするようでした。
5
弟分のような太白山が三角点から望めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弟分のような太白山が三角点から望めました。
5

感想/記録
by butaro

長い事、冬の課題として放置していた赤石三山、宮城の名山(柴崎徹氏 H4初版)で三高ヶ森と書かれている山がチビ連れ登山に丁度良くないかと、出かけてみた。中でも登山道がはっきりしていて、地元の方に大事にされている様子の中ノ森に今日は挑戦してみる事にした。

しかし登り始めて当たり前のことに気がついたけど太白山や七ツ森と同じような小火山の山は傾斜が急峻で登山道が狭くちびっこに歩かせるには難易度は少し高め。結局殆ど背負って登る羽目になりオヤジからするといいボッカ訓練にはなりましたが本人は至って暇だったようで肩の上でぐうぐう寝ていました(;´д`)トホホ…

山頂はとても眺めがよく雪雲の中に蔵王が浮かび上がって見えて、あっち行きたいなあとブツブツ・・まあ坊主どもがもう少し大きくなるまでの辛抱・・・

亀ヶ森はもはや山頂がない様子ですが次回は両隣の二山も愛子迄の縦走を含めて来てみたいものです。
訪問者数:163人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ