また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360295 全員に公開 山滑走十和田湖・八甲田

初めての八甲田山(スキー場&硫黄山途中まで)

日程 2018年01月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ間
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

人生初の八甲田ロープウェイ。なにやら45センチ積もったらしい。帯広駅出発が6:45、八雲で2時間停滞、バス代替輸送の末、弘前駅着が18:17。ほぼ12時間JR。飛行機だったらヨーロッパに着いてる。来た甲斐があったわ。
2018年01月13日 10:03撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人生初の八甲田ロープウェイ。なにやら45センチ積もったらしい。帯広駅出発が6:45、八雲で2時間停滞、バス代替輸送の末、弘前駅着が18:17。ほぼ12時間JR。飛行機だったらヨーロッパに着いてる。来た甲斐があったわ。
3
視界ゼロじゃなくてほんとにうれしい。北海道から来た甲斐があった。それにしても、3便目ということはすでに202名滑り降りており、斜面はズタズタ。せっかく来たのに。
2018年01月13日 10:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界ゼロじゃなくてほんとにうれしい。北海道から来た甲斐があった。それにしても、3便目ということはすでに202名滑り降りており、斜面はズタズタ。せっかく来たのに。
3
こういう樹氷群は北海道では見かけない。それにしても寒い。寒さには慣れている積りだったが、ちょっと八甲田をナメていた。反省。
2018年01月13日 10:09撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう樹氷群は北海道では見かけない。それにしても寒い。寒さには慣れている積りだったが、ちょっと八甲田をナメていた。反省。
4
おー、八甲田で青空!こりゃ、硫黄岳下見に行くべきじゃないか!?一本滑ってゲレンデは終了。持ってきた板細すぎた。八甲田をナメていた。反省。
2018年01月13日 10:21撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー、八甲田で青空!こりゃ、硫黄岳下見に行くべきじゃないか!?一本滑ってゲレンデは終了。持ってきた板細すぎた。八甲田をナメていた。反省。
4
というわけでスキー場から酸ヶ湯公共駐車場まで車で移動。大岳(?)が見えている。すでに高速道路が完成していた。お初で単独なので感謝しながら使わせて頂いた。ありがとうございます。
2018年01月13日 11:06撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけでスキー場から酸ヶ湯公共駐車場まで車で移動。大岳(?)が見えている。すでに高速道路が完成していた。お初で単独なので感謝しながら使わせて頂いた。ありがとうございます。
1
ここまでおじきするのは北海道では見かけたことがない。
2018年01月13日 11:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでおじきするのは北海道では見かけたことがない。
2
ここが大岳と硫黄岳の分岐点か。山行記録を予習してきたが、実際自分の目でみると感慨深い。
2018年01月13日 11:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが大岳と硫黄岳の分岐点か。山行記録を予習してきたが、実際自分の目でみると感慨深い。
3
たまにこんな青空。このあとデジカメバッテリー切れる。トレースを忠実に辿り、硫黄岳東斜面がちらっと見えるコルまで登ったところでガスってきたので下見を終了とした。登った道をそのまま滑り降り駐車場に戻った。
2018年01月13日 11:53撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにこんな青空。このあとデジカメバッテリー切れる。トレースを忠実に辿り、硫黄岳東斜面がちらっと見えるコルまで登ったところでガスってきたので下見を終了とした。登った道をそのまま滑り降り駐車場に戻った。
6

感想/記録
by YaKa

高齢の父の様子を見るため、月2回帯広から弘前に出かけることにした。ついでの八甲田BCを兼ねて。着々とJRで道具を運び続け、ついに決行の日が来た。

しかしスーパーファットと使い慣れたブーツは北海道で使いたかったので、八甲田用としては春用の軽量細板とちょっときつめの初代ブーツを弘前に置くことにした。それがちょっと重めではあるが45センチの積雪となると全くの役不足で、板は浮いて来ない、足は痛くなる、オープン斜面はすでにズタズタ・・・やはりゲレンデの長距離滑走は止めたほうがいいかなと考えていたら青空が見えてきた。すぐに硫黄岳下見へと踵を返した。

期待通り、高速道路が完成していた。八甲田初心者単独にとってはこの上なくありがたい。感謝して使わせていただいた。無理せず行けるところまで。案の定、上部に行くとガスで視界が悪くGPSがないと迷子になりそうだ。雪面も見えにくく、至る所に深いツリーホールや予測不能な雪庇がある。まあ、こういうことが分かっただけでも下見に来た甲斐があった。今度来る時に晴れて視界が良くなることを祈るばかりだ。

訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/15
投稿数: 272
2018/1/15 21:58
 ご苦労様です。
YaKaさん、こんにちは。
アフリカの後は、今度は弘前なんですね。
月2の長距離の移動、本当にご苦労様です。
八甲田山は、来年行ってみたいなぁと勝手に思っていた山でした。
まずは夏山ですが^^;
今回はいい下見になったようですね。
次回レコ、楽しみにしております。
登録日: 2011/9/29
投稿数: 68
2018/1/16 10:13
 Re: ご苦労様です。
nishiyan6さん、コメントありがとうございます。
地元BCの回数が激減して寂しいのですが、親父が生き長らえる限り、月二回八甲田探求の旅を続けたいと思います。親父には長生きしてもらいたいものです(笑)。この圧倒的な積雪量の八甲田でなんとか軽量細板でカッコよくシュプールを描けるように精進して行きたいと思います。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 雪庇 GPS コル 山行 ロープウェイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ