また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360935 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

裏高尾から草戸山歩き2018年01月15日

日程 2018年01月15日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR高尾駅からスタート
帰りJR相原駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
48分
合計
6時間17分
S高尾駅11:4412:29蛇滝口12:33高尾梅の郷まち広場12:3512:47裏高尾バス停12:54日影バス停13:03ウッディハウス愛林13:41もみじ台13:4514:03高尾山14:1114:21高尾山薬王院14:3314:42霞台園地15:03高尾山・清滝駅15:20四辻16:06草戸峠16:0716:12草戸山16:1316:18城山湖分岐16:3716:52大地沢青少年センター16:5317:03青少年センター入口18:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
気温低下でもしかして霜柱の花が残っているかもと行きたく高尾裏から上がりました。
西浅川交差点から毎度の歩きですが、駒木野庭園でシモバシラノハナを撮影出来ました。しかしこの時11:00過ぎているので溶けて小さく形を残してた。

病院裏に周り南浅川に沿ったハイキング道に歩く、この道ではシモバシラノハナは見つかりません。風の通らない場所では一面真っ白の霜で有るが
柱の形は有りません。

歩いて行くと小高い場所に高尾金毘羅がある、取り合えず行って見た。
こじんまりした社が建ってます。
参拝後来た道に戻り散策を続けた、道は高尾梅の里に着く、階段を上がり
取り合えずトイレにと入る。

用は済ませた、寒い時の対策です、早目の始末でしょうか。
蛇滝口を通過し高尾梅郷も通過。裏高尾バス停から摺差の豆腐屋をちらっと見るも今日はオカラドーナッツは購入せず。一パック350円で
販売されヘルシーフードだ、この店の名物にも成っています。

歩きはフィシング場を過ぎると日蔭のバス停に来る、高尾から入下山によく使われる所です。

ここを過ぎるとカーブに差し掛かり日蔭林道口に、橋を渡って入って行く、入って直に右に降りられる場所からバリルートで城山に上がるコースが作られてます。

前日はここから城山へと向かいました。今日はキャンプ地を通過し作業道から高尾山を目指しました。
林道を15分程度進むと見えて来る、左に小屋らしき建物底から傾斜の長い道が伸びて居ます。

少しづつ高度を上げて行くので疲れ感は薄い。左に沢が流れ大雨後は白い筋状態で見られます。

やっこらせっと上がると裏高尾と表示された所からのトラバース道に着きます。此のあたりでもシモバシラノハナが見られるが時間からして消えてました。
道を左に取り石段の所に、息を弾ませながら上がった、山頂には思ったほど人々はいない、13:30分ならランチは終わったのかな。

自分は此れからです、ヒップバックにスープポットとおにぎりを入れてた
山専ボトルは持って来ない。軽くして歩き事にしましたので。

スープは温かく美味しくお腹に入って行く、此れはいいや。
富士山も付き合っているが写真に残しても薄く見えるだけです。

さあ〜寺務所に行くかと3号路を使い急ぎ足で向かった、健康登山帖の締め最後の御朱印を頂くのです。こうして八冊目に入った、今日で147回の記録を付けた。

広場を後にし一気に降りて参道を通過する、信号を跨いで今度は語らいの道、草戸山をと向かう。入口で早咲きの河津さくらを撮影する。
そして細道を上がって四辻へと歩くが途中で違和感を感じ立ち止まった、
何でこんな場所にバイク?

黙って通過すれば其れまでだが、取りあえず行って見る、傾斜がきつく
黙っていてもずり落ちる場所に転げ落とされたバイク、ナンバーは八王子としか読み取れない。番号の所が折られて付いてない。

再び駆け上がり歩きを続けた、悪ガキの性?かと思える仕業かと考えてた。四辻に二人休んでた、もう高尾山口駅から帰宅するのだと休んだとのこと。

自分は立ち話もそこそこにし別れた、小山が多いかたらいの道を逃げるのでは無いが一目散の歩きです。鉄塔に来たら後は少しで草戸峠に着く、久しぶりに歩いたが道が変化しているしロープ箇所が付け加えられたりです。

一部崩壊箇所がではて居たのでロープが設置でした。
峠に着いた、毎度のベンチに座り高尾山稜を見てる、せんべいを口にし歩きを続けた、短時間で草戸山到着。この時間なので誰もいませんね。

此処に来る途中で16時を知らせる「夕焼け小焼け」が流れてました、
時間を気にしながら城山湖にと向かった、辛い階段も降りて行った先にはゲートの扉、やっぱり閉められた後です、取っ手を回したがちゃんと鍵が
掛けられ戻るしか有りません。
バックする、辛い階段をもう一度かよって上がる、帰る場所は大地沢青少年センターの所です。

もう先には行けません、日没は過ぎてるし、センターの周回コースを使って激下りも出るし急ぎ足で正門の所に降りた。後はバスでの帰宅と見るが
(スイカ)にお金が入ってない、チャージすれば済むのだが所詮歩きの人。

相原駅には50分で到着した。門限を守って居ればもう少し短縮したはずだったが何分距離が有りましたし出発が遅いのもある様だ。 
コース状況/
危険箇所等
問題なく歩けます。
草戸山から城山湖周回コースでは冬時間門限が16:00
夏時間門限17:00です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

駒木野庭園で撮影しました。時間も立ってましたので縮んでました。
2018年01月15日 11:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒木野庭園で撮影しました。時間も立ってましたので縮んでました。
3
日影バス停手前で撮影。
2018年01月15日 12:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影バス停手前で撮影。
この場所です。
2018年01月15日 12:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この場所です。
日影沢に入って行きます。
2018年01月15日 12:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影沢に入って行きます。
大きな氷柱が伸びてました、凡そ50cm
2018年01月15日 12:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな氷柱が伸びてました、凡そ50cm
2
キャンプ地管理棟。
2018年01月15日 13:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ地管理棟。
テント場。
2018年01月15日 13:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場。
先に歩いて水場。
2018年01月15日 13:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に歩いて水場。
分岐、左に入って高尾山を目指す。直進は小仏城山に上がれます。
2018年01月15日 13:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐、左に入って高尾山を目指す。直進は小仏城山に上がれます。
入口の様子。
2018年01月15日 13:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口の様子。
途中の岩壁、小仏層と言われる物、白亜紀の岩石です、隆起した形で残ってます。(恐竜時代)
2018年01月15日 13:35撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の岩壁、小仏層と言われる物、白亜紀の岩石です、隆起した形で残ってます。(恐竜時代)
1
階段で終了します。
2018年01月15日 13:45撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段で終了します。
振り返っての撮影、右直進は高尾山方向です。
2018年01月15日 13:45撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての撮影、右直進は高尾山方向です。
先に進むと丁字で右はもみじ台、左は石段から高尾山頂へ上がれます。
2018年01月15日 13:45撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進むと丁字で右はもみじ台、左は石段から高尾山頂へ上がれます。
石段の場所、辛いようなら左の道で。
2018年01月15日 13:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段の場所、辛いようなら左の道で。
3分我慢すれば上がれます。
2018年01月15日 13:48撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3分我慢すれば上がれます。
着きましたっと成るのだが息切れします。
2018年01月15日 13:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きましたっと成るのだが息切れします。
遅れてのお昼、ランチタイムですスープポット持参そして赤飯と鮭のおにぎり。
2018年01月15日 13:53撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅れてのお昼、ランチタイムですスープポット持参そして赤飯と鮭のおにぎり。
2
可成り薄く成ってました。
2018年01月15日 14:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可成り薄く成ってました。
少し引っ張ってます。
2018年01月15日 14:08撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し引っ張ってます。
2
意外と少なかったです。
2018年01月15日 14:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と少なかったです。
閑散としてました。
2018年01月15日 14:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閑散としてました。
八王子市街地と遠望。
2018年01月15日 14:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子市街地と遠望。
寺務所に入りました。
2018年01月15日 14:22撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺務所に入りました。
出世しました、満願7終了。
2018年01月15日 14:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出世しました、満願7終了。
1
位置をずらして貼り付けました。147回の登山完了。
登山帖を貰う前から上がってるが手帳の記載が147回
2018年01月15日 14:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位置をずらして貼り付けました。147回の登山完了。
登山帖を貰う前から上がってるが手帳の記載が147回
見守り山、南無飯綱大権現の天狗。
2018年01月15日 14:32撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見守り山、南無飯綱大権現の天狗。
何か悲しく見えるもみじ屋さん、閉店してます。
2018年01月15日 14:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か悲しく見えるもみじ屋さん、閉店してます。
病院坂を掛け下って琵琶滝コースとの合流地。左琵琶滝へ。
2018年01月15日 14:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
病院坂を掛け下って琵琶滝コースとの合流地。左琵琶滝へ。
地蔵達が見守ります。
2018年01月15日 15:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵達が見守ります。
新年の装い。
2018年01月15日 15:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新年の装い。
高尾山のシンボル。
2018年01月15日 15:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山のシンボル。
参道から先へ歩き突き当り左にとる。
2018年01月15日 15:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道から先へ歩き突き当り左にとる。
春の花がちらほら咲いてますよ。
2018年01月15日 15:08撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の花がちらほら咲いてますよ。
4
かたらいの道です。草戸峠へ。
2018年01月15日 15:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かたらいの道です。草戸峠へ。
1
住宅の間から登り始めます。
2018年01月15日 15:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の間から登り始めます。
1
放り投げられたバイクがありました。
2018年01月15日 15:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放り投げられたバイクがありました。
崖を下って撮影しました。心当たり有りませんか持ち主の方。
2018年01月15日 15:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖を下って撮影しました。心当たり有りませんか持ち主の方。
ホンダの50cc
2018年01月15日 15:15撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホンダの50cc
四辻から一気にこの場所ですが、梅ノ木平への分岐。
2018年01月15日 16:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四辻から一気にこの場所ですが、梅ノ木平への分岐。
草戸峠に着きました。
2018年01月15日 16:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草戸峠に着きました。
一時間前まで居た高尾山は奥側です。
2018年01月15日 16:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間前まで居た高尾山は奥側です。
3
山の神と草戸山、364m
2018年01月15日 16:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神と草戸山、364m
東屋、下に城山湖。
2018年01月15日 16:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋、下に城山湖。
松見平。
2018年01月15日 16:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松見平。
此方は花咲休憩所
2018年01月15日 16:22撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此方は花咲休憩所
時間が過ぎてましたか、16:00で閉門、仕方なくバック。
2018年01月15日 16:26撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間が過ぎてましたか、16:00で閉門、仕方なくバック。
結果青少年センター前に降りる羽目に。
2018年01月15日 16:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結果青少年センター前に降りる羽目に。
センター。
2018年01月15日 16:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センター。
1
撮影機材:
訪問者数:286人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 水場 テン 東屋 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ