また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361144 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

開運!賽銭箱 <天狗岩南尾根〜西お多福山>

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候午前〜11:00過ぎまで快晴〜以降高曇り
山上3℃前後 但し風弱く、日向では意外に暖か
アクセス
利用交通機関
バス
往路:自宅〜摂津本山(北口)〜市バス31系統・渦森台4丁目BS(\210)
復路:自宅まで徒歩のみ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
1時間50分
合計
7時間25分
S渦森台4BS07:4507:56千丈谷第二堰堤08:10天狗岩南尾根合流08:52ベンチ場(休憩)09:0109:20天狗岩09:3110:00六甲ガーデンテラス10:1710:25P899(防災無線局・スパイク装着)10:3110:38極楽茶屋跡10:57縦走路・西お多福山分岐11:09西お多福山 P87811:1211:18周回道(旧・学習の森)分岐11:35「展望回廊」(昼食休憩)12:2512:50「山火事注意」(中間点)12:5613:06ショートカット道分岐13:40大平岩(丸太橋)13:47住吉道左岸線・打越峠分岐13:58黒五谷(徒渉)14:09打越峠14:1714:32ハブ谷道分岐15:04八幡谷入口15:10岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登高合計(渦森台4BS〜P899)
 160min 2時間40分 純歩行計 123min 2時間03分
周回合計(P899〜西お多福山「展望回廊」)
 70min 1時間10分 純歩行計 61min 1時間01分
下山合計(「展望回廊」〜ショートカット道〜打越峠〜岡本八幡神社)
 165min 2時間45分 純歩行計 151min 2時間31分
行動総計 395min 6時間35分 純歩行総計 335min 5時間35分
山行総計 445min 7時間25分
コース状況/
危険箇所等
<積雪・凍結状況>
*天狗岩南尾根
 650m付近から日向でも残雪、但し既に腐れ雪のため滑り止め不要。
 ガーデンテラスまでの舗装路に一部凍結あるが、避けて通れる。
*六甲ガーデンテラス
 積雪は取り除けられていて、観光客も普通に歩行出来る状態。
 期待の霧氷も既に融けて見られず。
*縦走路
 P899(防災無線中継局)から極楽茶屋跡まで下り部分のみ、
 多量の圧雪あり、この区間だけ滑り止め(チェーンスパイク)を着用。
 但し、滑り止めなしで通過している方も多数おられました。 
 続く車道は概ね融雪も、歩道部分は5~10cmの残雪。
 但し圧雪状態になっていない箇所も多く、
 少し慎重に行けば滑り止めなしで困難なく歩行。
*西お多福山(舗装林道〜ピーク〜下山路)
 舗装道からピーク付近は一面の積雪(5〜10cm)が積もったままの状態。
 通行者が少ないため足跡もなく、用心のためスパイク着用。
 下山路は650m付近まで(特に日陰)一部圧雪状態になっていたため
 スパイクを履いたまま通過。

○天狗岩南尾根
 いつも通り、渦森台4BSから千丈谷第二ダム前を徒渉して
 尾根に乗るサブルートを利用。
 >ガイドブック記載の寒天橋起点ではありません。
 新しい倒木が数箇所で発生していたが通過に困難なし。
○ガーデンテラス〜縦走路
 歩行問題なし。車道はクルマ注意。

○西お多福山 P878
 縦走路分岐から林道(舗装道)を数分歩き、大アンテナの手前、
 路側の右側(歩いて来た方向で)に立つ黄色い標柱「H855」脇から
 残雪のなか藪を漕ぎ、小高くなった山頂部を目指す。
 >小高い場所へ向かって、テキトーに藪を漕ぐと
 >かなりハッキリした踏跡に行き当たります。
 >これを辿り、数分で難なく山頂(西お多福山 P878)に到着。
 >山頂標識やテープはなくなっていましたが、
 >足許にミニ賽銭箱(プラ製)が置いてあり
 >これが判りやすい目印になります。

○P878〜「周回道(学習の森)」〜「展望回廊(私称)」
 大アンテナが立つ近畿建設局中継所手前から別れ、
 (案内板あり)昨春キレイに下刈りされた周回道に入る。
 >以前、この周回道周辺は「学習の森」と呼ばれていました。
 >途中「小鳥の森」へ向かう分岐以降も最近整備された様子で
 >ほぼ全線に亘って無理なく歩行できる模様。 
 南方向へ「下りきったな」と思しき場所から、周回道は東に方向転換。
 いきなり眺望が開け、お気に入り「展望回廊(私称)」に到着。
 ここでゆっくりと観望しながら昼食休憩。
 >足下遮るもののない東西180度の眺めは開放感抜群。
 >西滝ヶ谷〜水晶谷や五助山、石切道方面をスッキリ見下ろし、
 >笹の海に立つ異形の立ち枯れ群も独特のムードを醸しています。

○「展望回廊」〜枝道〜西お多福山・正規登山道〜ショートカット道分岐
 眺めを楽しんだら東へ、ほどなく周回道と別れて下る枝道の分岐。
 >ここは未整備の急傾斜、古い丸太階段を
 >藪を漕ぎながら30mほど下って、正規登山道に合流。
 正規道ではところどころ雨水で掘り込まれた大段差に注意。
 「山火事注意」標柱から10分ほど下った左カーブに赤マークあり。
 ここが住吉谷(右岸線)に直接下るショートカット道の分岐。
 正規登山道と別れ、目立つ赤ペンに従って直進方向に進入。

○分岐〜ショートカット道〜住吉谷合流(大平岩)
 昨春歩いた際には整備・下刈りされて歩きやすくなっていたが
 歩行者が少ないゆえか、また以前の藪っぽい状態に戻っており
 初めて通過する際には随所のテープ・赤ペンを追う要あり。
 (登りで少し迷いやすい)分岐が相次いで2箇所あるが
 いずれも赤ペンを見落とさないよう「まっすぐ急下降」。
 あと荒れ気味で歩きにくい涸れ沢の中をしばらく下り、
 谷筋の水音が間近に聞こえてくれば、住吉谷合流はすぐ。
 目に付きにくい分岐を下って、丸太橋が懸かる大平岩に到着。

○大平岩〜住吉谷左岸線〜打越峠
 先週落橋していた丸太橋はすぐに復旧していた。
 渡ったあとは小さい崖を這い上がって左岸線に出る。
 石畳を下ってすぐ、左(南)へ打越峠への分岐。
 黒五谷を挟んで緩急のアップダウンを各々20分弱で打越峠に出る。

○打越峠〜ハブ谷道〜八幡谷入口
 峠からは直接下降せず、わずかに東へ進んだ分岐から右へ折れ、
 (途中、七兵衛山の登り口を通過)ハブ谷道を下る。
 10分強で打越山水平道に合流、ここから八幡谷(谷)道の分岐までは僅か。
 水平道から右下方向に別れて下り、堰堤を巻いたあと小橋を渡り、
 「山の神」が立つ八幡谷(山腹)道に合流。
 ここから住宅地に出る八幡谷入口まで、ゆっくり歩いて15分ほど。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 化繊半袖Tシャツ 化繊厚手長袖カットソー 防風ソフトシェル サポートタイツ 化繊防水仕様ソックス トレランシューズ 防寒帽(耳当て付) 防水グローブ ステッキ(シングル・セルフィースティック兼用) チェーンスパイク

写真

0744 渦森台4BS、快晴
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0744 渦森台4BS、快晴
1
ここは西山谷の入口としてお馴染みですが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは西山谷の入口としてお馴染みですが・・
1
消された部分に「途中分岐あり天狗岩南尾根」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
消された部分に「途中分岐あり天狗岩南尾根」
1
朝の渡渉は気持ちいいですネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の渡渉は気持ちいいですネ
1
今だ謎が解けない「西谷山」と「西山谷」。どうも書き間違いでもないようで・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今だ謎が解けない「西谷山」と「西山谷」。どうも書き間違いでもないようで・・
2
西山谷方面と別れ、急登から尾根に乗る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山谷方面と別れ、急登から尾根に乗る
1
この落葉の量。ここから尾根に乗る人、少ないんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この落葉の量。ここから尾根に乗る人、少ないんですね
1
尾根に乗って最初の分岐(すぐ上で合流)。下の分岐道標はなくなっていますが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗って最初の分岐(すぐ上で合流)。下の分岐道標はなくなっていますが・・
上の方は健在です(オリエンタルHは先般取り壊し)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方は健在です(オリエンタルHは先般取り壊し)
1
ギュッと登らされたら・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギュッと登らされたら・・
次は平坦、の繰り返し。
インターバルトレーニングのような快適登高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は平坦、の繰り返し。
インターバルトレーニングのような快適登高
新しい倒木。偶然、枝一本で支えてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい倒木。偶然、枝一本で支えてます
真っ直ぐ上る煙は神鋼・灘浜発電所。無風で思いのほか暖かいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ直ぐ上る煙は神鋼・灘浜発電所。無風で思いのほか暖かいです
1
ルート全般雑木林(植林帯がない)。これもこの尾根の魅力です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート全般雑木林(植林帯がない)。これもこの尾根の魅力です
冬陽に映える階段を登って・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬陽に映える階段を登って・・
ベンチ場でお茶休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチ場でお茶休憩
日向でも残雪が出てきましたが、滑り止めは不要でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向でも残雪が出てきましたが、滑り止めは不要でした。
はいラスト、が〜んば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はいラスト、が〜んば
「この景色が待っている」というのは、展望派には大きなアドバンテージ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「この景色が待っている」というのは、展望派には大きなアドバンテージ
1
午前の陽光で横池が光っていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前の陽光で横池が光っていました
1
油こぶし・長峰山・摩耶山の揃い踏み。市街から海峡大橋までスッキリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油こぶし・長峰山・摩耶山の揃い踏み。市街から海峡大橋までスッキリ
天狗岩がオブジェとしても秀逸なのは・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩がオブジェとしても秀逸なのは・・
2
反対側から見ても、ちゃんと「天狗」なところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側から見ても、ちゃんと「天狗」なところ
2
何度も登っていますが、これに気づいたのは最近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も登っていますが、これに気づいたのは最近
1
日陰はアイスバーン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰はアイスバーン
跡形もないオリエンタルH。かつての展望グリルが懐かしい・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
跡形もないオリエンタルH。かつての展望グリルが懐かしい・・
1
ガーデンテラス。期待の霧氷は融けてますが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガーデンテラス。期待の霧氷は融けてますが・・
1
ナイスもふもふ・・よく鳴くコです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイスもふもふ・・よく鳴くコです
2
西側はまだ晴れていますが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側はまだ晴れていますが・・
東側は曇りはじめ、最高峰の霧氷も期待薄?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側は曇りはじめ、最高峰の霧氷も期待薄?
1
ここからの下り、あまり意地は張らんタイプなので(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの下り、あまり意地は張らんタイプなので(笑)
迷ってる間にチャチャっと付けちまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷ってる間にチャチャっと付けちまう
1
縦走路はまだパフパフですが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路はまだパフパフですが・・
やっぱり霧氷は融けました。青空も期待できず・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり霧氷は融けました。青空も期待できず・・
で、プランB「西おたふく周遊」を発動
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、プランB「西おたふく周遊」を発動
こちらは期待通り、ほぼ積もったままの状態です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは期待通り、ほぼ積もったままの状態です
目印の黄色標柱から側溝を越えて・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印の黄色標柱から側溝を越えて・・
小高いところを目指して残雪のヤブ漕ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高いところを目指して残雪のヤブ漕ぎ
P878。山頂標識やテープはキレイサッパリでしたが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P878。山頂標識やテープはキレイサッパリでしたが・・
1
お目当てのコレは健在。なんせ「開運」なので・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当てのコレは健在。なんせ「開運」なので・・
4
しっかり運(だけ)を戴いておきます(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり運(だけ)を戴いておきます(笑)
1
次は周回道を辿って西へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は周回道を辿って西へ
イノシシ?ウサギ?・・いずれにせよ、積もってから初めてのニンゲンってのはじんわりイイ気分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシ?ウサギ?・・いずれにせよ、積もってから初めてのニンゲンってのはじんわりイイ気分。
昨春はヤブヤブの枝道も整備済みの様子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨春はヤブヤブの枝道も整備済みの様子
また新緑の頃に・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また新緑の頃に・・
プランBのポイントは「ここでのランチ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プランBのポイントは「ここでのランチ」
1
笹の急斜面に異形の立ち枯れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の急斜面に異形の立ち枯れ
1
私称「ミニ大台ケ原」(ちょいと褒めすぎ?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私称「ミニ大台ケ原」(ちょいと褒めすぎ?)
5
見下ろす五助山、足下遮るものなし眺望180度。掬星台や天覧台より標高が高い(高度感と視野角が違う)ため、初めて来たときはずいぶん新鮮に感じました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろす五助山、足下遮るものなし眺望180度。掬星台や天覧台より標高が高い(高度感と視野角が違う)ため、初めて来たときはずいぶん新鮮に感じました。
1
西には残雪纏うガーデンテラス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西には残雪纏うガーデンテラス
1
打越山・七兵衛山のシルエット越し、今日は関空まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打越山・七兵衛山のシルエット越し、今日は関空まで
心配していましたが、台風にも生き残ってくれました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していましたが、台風にも生き残ってくれました
最近ハマりのハヤシメシ。ローソンの温泉卵を投入
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近ハマりのハヤシメシ。ローソンの温泉卵を投入
3
せっかくなんで、ルーティン一枚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなんで、ルーティン一枚
2
周回道から右に逸れて登山道へ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回道から右に逸れて登山道へ・・
2
歩く人少なく、ここもヤブヤブ足許注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩く人少なく、ここもヤブヤブ足許注意
1
中間点「山火事注意」でお茶休憩したら・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間点「山火事注意」でお茶休憩したら・・
1
少し下って、お決まりのショートカット道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って、お決まりのショートカット道へ
1
またヤブが復活していますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またヤブが復活していますね
間違いやすい分岐(?)。ここは直進・急下降が正解
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違いやすい分岐(?)。ここは直進・急下降が正解
幸いテープは豊富です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸いテープは豊富です
(振り返って撮影)登り方向で参考にして下さい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って撮影)登り方向で参考にして下さい
歩きにくい涸れ沢を下って・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きにくい涸れ沢を下って・・
(振り返って撮影)右方向から出てきました。左にもマークがありますが、こちらは谷へ下ってしまいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って撮影)右方向から出てきました。左にもマークがありますが、こちらは谷へ下ってしまいます
1
下って住吉谷へ(写真では紛らわしいが踏跡は明瞭)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って住吉谷へ(写真では紛らわしいが踏跡は明瞭)
1
大平岩の丸太橋。一週間で復旧していました(感謝!)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平岩の丸太橋。一週間で復旧していました(感謝!)
2
「(判読不能)六甲山頂上ニ至ル」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「(判読不能)六甲山頂上ニ至ル」
1
石畳から打越峠分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳から打越峠分岐
1
峠で最後の休憩のあと・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠で最後の休憩のあと・・
1
直接下らず、いつもの下山路へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直接下らず、いつもの下山路へ
2
疲れたヒザには、この完璧な整備が魅力
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたヒザには、この完璧な整備が魅力
1
戻ってきました、八幡谷入口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました、八幡谷入口
1
六甲名物「いきなり住宅地」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲名物「いきなり住宅地」
1
岡本八幡神社、遅まきながら初詣。たのしい六甲周遊、これにて終了
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡本八幡神社、遅まきながら初詣。たのしい六甲周遊、これにて終了
2

感想/記録
by notung

予報では極寒快晴、雪と氷の「デラックス六甲」を期待していましたが
あにはからんや、意外な暖かさに霧氷は融けて少々がっかり。
それでも見どころたくさんなのがこの界隈、大好きな西お多福で
ゆっくりまったり、賽銭箱の「開運」も戴いて(?)
半日周遊ハイクを満喫しました。

天狗岩南尾根と西お多福のレコ上げはこれで何度目?
でも偏愛する場所なんだからしょうがない・・四季を通じて楽しむのが
自分流と割り切っております。
訪問者数:251人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ