また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361194 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

シュカブラが誘う唐松岳

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴(信州側は雲海)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
13分
合計
5時間59分
S八方池山荘08:4909:43八方池11:20丸山12:16唐松岳頂上山荘12:38唐松岳12:5113:12唐松岳頂上山荘13:47丸山14:26八方池14:48八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

雪煙たなびく五竜岳と鹿島槍ヶ岳。
2018年01月14日 08:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙たなびく五竜岳と鹿島槍ヶ岳。
4
シュカブラと八方山、天狗ノ頭。
2018年01月14日 08:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと八方山、天狗ノ頭。
4
雲纏う白馬三山。
2018年01月14日 08:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲纏う白馬三山。
4
雲海が美しかったです。
2018年01月14日 09:02撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が美しかったです。
4
シュカブラと太陽。
2018年01月14日 09:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと太陽。
7
美しいシュカブラ。
2018年01月14日 09:31撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいシュカブラ。
1
五竜岳と鹿島槍ヶ岳。
2018年01月14日 09:40撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳と鹿島槍ヶ岳。
6
八方池と白馬三山。
2018年01月14日 09:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池と白馬三山。
1
聳え立つ白馬三山。
2018年01月14日 09:48撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聳え立つ白馬三山。
最高の天気でテンション上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の天気でテンション上がります。
11
振り返る八方尾根。
2018年01月14日 09:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る八方尾根。
1
雲上のダケカンバ。
2018年01月14日 10:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上のダケカンバ。
2
青空に映えるシュカブラ。
2018年01月14日 10:12撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えるシュカブラ。
2
五竜岳と鹿島槍ヶ岳。
2018年01月14日 10:15撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳と鹿島槍ヶ岳。
3
雲上の白馬三山。
2018年01月14日 10:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上の白馬三山。
3
シュカブラと天狗ノ頭。
2018年01月14日 11:14撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと天狗ノ頭。
雲上の白馬連峰。
2018年01月14日 12:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上の白馬連峰。
1
唐松岳と八方尾根最上部。
2018年01月14日 12:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳と八方尾根最上部。
2
唐松岳と不帰景。
2018年01月14日 12:09撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳と不帰景。
3
雲纏う白馬三山。
2018年01月14日 12:11撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲纏う白馬三山。
1
目指す唐松岳。
2018年01月14日 12:18撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す唐松岳。
2
雪庇越しに望む不帰の岩峰。
2018年01月14日 12:19撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇越しに望む不帰の岩峰。
1
唐松岳頂上直下。
2018年01月14日 12:35撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上直下。
頂上直下より望む白馬村方面。
2018年01月14日 12:36撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下より望む白馬村方面。
2
頂上より望む白馬連峰。
2018年01月14日 12:39撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上より望む白馬連峰。
毛勝三山と僧ヶ岳。
2018年01月14日 12:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山と僧ヶ岳。
2
薬師岳、立山、剱岳、毛勝三山の大パノラマ。
2018年01月14日 12:44撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳、立山、剱岳、毛勝三山の大パノラマ。
6
立山と剱岳。
2018年01月14日 12:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山と剱岳。
1
絶景の頂上を後にします。
2018年01月14日 12:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景の頂上を後にします。
2
終始快晴の最高の天気でした。
2018年01月14日 13:36撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終始快晴の最高の天気でした。
1
シュカブラ越しに望む不帰儉。
2018年01月14日 13:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ越しに望む不帰儉。
尾根の陰影が美しかったです。
2018年01月14日 13:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の陰影が美しかったです。
1
雲纏う白馬三山。
2018年01月14日 14:06撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲纏う白馬三山。
天狗ノ頭。
2018年01月14日 14:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ頭。
無事に下山しました。
2018年01月14日 14:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山しました。
2

感想/記録

先週の日曜日に引き続き、今週の日曜日も高気圧に覆われ、快晴予報だったので、年末に強風のため断念した唐松岳に登る事にしました。

 大町まで道路に雪は無く、簗場を過ぎた辺りから完全に雪道になりました。
低い雲に覆われた白馬村。朝6時半にゴンドラアダム乗り場で場所取りをし、雲間から覗くモルゲンロートに染まる白馬鑓ヶ岳の勇姿に心結踊らせ、7時半運行開始のアダムに乗って出発。アルペンクワッドも動いており、すぐに乗車出来ました。アルペンクワッドに乗ると、一気に雲を抜け、青空の下雲海が広がる最高の景色が広がりました。

 8時頃、グラートクワッドリフト乗り場に着くと、すでに試運転をしていました。グラートクワッドリフトの運行開始時刻は8時20分ですが、恐らくスキーパトロールの判断待ちのため、8時40分頃になって動き始めました。運行開始時点でグラートクワッドリフト乗り場に50名以上の方が並んでいました。この日のグラートクワッドリフトの最終は15時20分で、たくさんの登山者がいらっしゃいましたが、柔らかい雪で沈み込み易く、体力を消耗しやすいコンディションだったのと、お昼まで風も強かったので、日帰りで登頂出来た方は皆さん健脚な方ばかりで、5人程しか居ませんでした。

 八方池山荘前でスノーシューを履いて出発します。
雪煙たなびく白馬三山、五竜岳、鹿島槍ヶ岳が何とも美しかったです。
久しぶりの好天で、先行されているスキーヤーのトレース以外トレースは無かったので、スノーシューを履いていても、吹き溜りではラッセル状態になりました。

 八方池を過ぎたところにある、下ノ樺の氷を纏ったダケカンバの樹々が美しく、幻想的な風景を見せてくれました。
丸山まで来ると、北西風が強まり、稜線方面は雪煙が舞っていました。
丸山から数えて3つ目の小ピークでスノーシューからアイゼンに変えましたが、途端に60cm程埋まり、登山者の先頭でラッセルを強いられました。稜線直下まで来て、先行されていたスキーヤーの方がつぼ足に変更したらしく、トレースがあって大変助かりました。
稜線に出ると、立山、剱岳の勇姿を望め、目指す唐松岳の頂が眼前に迫ります。
唐松沢のコルまで一旦下り、唐松岳へ登り返します。キツい登りでしたが、頂上からは白銀の後立山連峰、立山・剱岳、雲海広がる白馬村の素晴らしい景色が広がりました。

 素晴らしい絶景を後に下山します。
稜線を下りてしばらく歩いたところでスノーシューに履き替えて下りていきます。
午後になっても青空が広がり、雲海も消えずに残り、時間が経つにつれて、陽が陰り、切り立った天狗岩陵、白馬三山が美しく望めました。

 グラートクワッドリフトにも余裕を持った時間に到着出来ました。
下山後は、大町の心笑館 こまどめの湯に入りました。
冷えた身体を芯から温めてくれるかけ流しの極上湯に癒されました。
夕食は安曇野市穂高有明にある「くるまや」でざるそばとえび天、きのこのおろし和え、おでんを頂きました。

 先週の西穂高岳に続き、今回も素晴らしい天気の中で登れ、最高の山行になりました。
訪問者数:554人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/19
投稿数: 367
2018/1/16 7:52
 白銀の世界
katsuma0628さま
先週に続いて、極上の北アルプスを堪能されましたね〜♪
しかも、スキーヤー以外のノートレースとは、ラッセルマニアのkatsuma0628さんとしては最高に楽しかったのでしょうね!
八方尾根を登りながら、不帰や白馬三山の大パノラマを眺める!鹿島槍や五竜もバッチリ!下山してくるまやで締めなんて羨ましい限りです(笑)
私は、唐松に行けるのは来月になってしまいそうです。素晴らしい風景をありがとうございました😊
では、安全登山で楽しみましょう!
登録日: 2014/4/8
投稿数: 27
2018/1/16 20:38
 Re: 白銀の世界
コメントありがとうございます。

二週連続奇跡の晴れに感謝です(^^)
一緒に唐松岳目指して、丸山まで彼女と登ったのですが、強風で、彼女は丸山までにしました。

朝、駐車場で「久永さん来ないかなぁ」と彼女と探していました(笑)

久永さんも是非行かれて下さいね!
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ