また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361660 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

【横岳〜赤岳】大同心稜から暴風耐久周回

日程 2018年01月16日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘駐車場利用 1000円/日
美濃戸口より林道凍結、4WD+4輪チェーン装着。
入山時は凍結が酷くチェーン必須でしたが、下山時は気温上昇し溶けていました。
ただしこれがまた凍結するので、日に日に路面状況は悪くなりそうです。
この日は気温上昇しましたが、下り坂の凍結路はそのまま谷底一直線にならないよう注意しましょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
3時間12分
合計
10時間16分
S美濃戸山荘05:1005:50堰堤広場06:34赤岳鉱泉07:0907:15大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:41大同心09:2209:48横岳(奥ノ院)09:5510:01無名峰10:2710:33横岳(三叉峰)10:3410:40石尊峰10:4210:44鉾岳10:4710:50日ノ岳10:5211:01二十三夜峰11:10地蔵の頭11:1311:19赤岳天望荘11:52赤岳頂上山荘11:5611:58赤岳12:1512:16竜頭峰12:17赤岳12:27文三郎尾根分岐12:3012:58阿弥陀岳分岐13:06行者小屋13:2713:50赤岳鉱泉14:1714:50堰堤広場15:20美濃戸山荘15:26赤岳山荘15:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳山荘〜赤岳鉱泉
ノーアイゼンで歩きましたが、林道凍結箇所ありチェーンスパイクがあれば安心。
赤岳鉱泉〜大同心
樹林帯は明瞭なトレースあり。
大同心基部より風で雪が飛ばされ、アイゼンでの岩場歩きとルーファイ必要。
要所にボルトがあり、雪の状況とメンバーの技量により確保できます。
横岳〜赤岳稜線〜行者小屋
例年より雪が少な目に感じました。ルートは明瞭。
文三郎尾根の階段は埋まっていました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アウター手袋 防寒着 アイゼン 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 サングラス ツェルト

写真

おはようございます!
ヘッデン点けてスタート
堰堤広場まで来ました。
2018年01月16日 05:50撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます!
ヘッデン点けてスタート
堰堤広場まで来ました。
5
暗闇の中、北沢を進みます。
圧雪路面ですがノーアイゼンで問題なし。
2018年01月16日 06:01撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇の中、北沢を進みます。
圧雪路面ですがノーアイゼンで問題なし。
2
空が明るくなってきた頃に赤岳鉱泉に着きました。
ここで装備を整えます。
2018年01月16日 06:34撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が明るくなってきた頃に赤岳鉱泉に着きました。
ここで装備を整えます。
6
赤岳鉱泉を出発し間もなく一般道を離れ大同心稜へ向かいます。
2018年01月16日 07:15撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉を出発し間もなく一般道を離れ大同心稜へ向かいます。
4
アイスクライミングの方は右へ。
大同心の方は左へ。
2018年01月16日 07:18撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスクライミングの方は右へ。
大同心の方は左へ。
5
木々の間から阿弥陀が
天気も期待できそうですね。
2018年01月16日 07:54撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から阿弥陀が
天気も期待できそうですね。
8
尾根をひたすらつめて行きます。
2018年01月16日 07:55撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根をひたすらつめて行きます。
3
かなりの急登を登ってきました。
2018年01月16日 07:55撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急登を登ってきました。
4
硫黄岳に朝日が当たってきました。
眩しい!
2018年01月16日 08:02撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳に朝日が当たってきました。
眩しい!
4
そろそろ樹林帯から出ます。
横岳らしいイワイワ感
2018年01月16日 08:03撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ樹林帯から出ます。
横岳らしいイワイワ感
8
大同心を見上げる。
やっぱり迫力あります。
2018年01月16日 08:16撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心を見上げる。
やっぱり迫力あります。
14
振り返れば原村から茅野の街。
奥に御嶽山と乗鞍岳。
2018年01月16日 08:16撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば原村から茅野の街。
奥に御嶽山と乗鞍岳。
11
風の音がゴーゴーと鳴ってます。
硫黄の稜線上はどうでしょうか。
2018年01月16日 08:17撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の音がゴーゴーと鳴ってます。
硫黄の稜線上はどうでしょうか。
4
大同心の右から稜線に出ます。
2018年01月16日 08:23撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心の右から稜線に出ます。
12
ここまで来ると赤岳から阿弥陀までのお馴染みショットが。
2018年01月16日 08:23撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると赤岳から阿弥陀までのお馴染みショットが。
17
北アルプスもくっきり。
手前は峰の松目
2018年01月16日 08:24撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスもくっきり。
手前は峰の松目
11
中央アルプス
2018年01月16日 08:24撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス
13
阿弥陀アップで。
北稜と北西稜がくっきり見えます。
2018年01月16日 08:25撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀アップで。
北稜と北西稜がくっきり見えます。
22
左の絶壁は大同心。
この下のバンドをトラバースします。
2018年01月16日 08:45撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の絶壁は大同心。
この下のバンドをトラバースします。
6
登ってきた大同心稜を振り返って。
2018年01月16日 08:46撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた大同心稜を振り返って。
10
ひたすら岩場を上に
2018年01月16日 08:48撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら岩場を上に
6
ルーファイしながら進みます。
岩のクライミング的な箇所は少ないです。
2018年01月16日 08:58撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルーファイしながら進みます。
岩のクライミング的な箇所は少ないです。
6
下はこんな感じ。
落ちたらマズイ
2018年01月16日 08:59撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下はこんな感じ。
落ちたらマズイ
12
中岳の奥に南アルプスが見えてきました。
2018年01月16日 08:59撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の奥に南アルプスが見えてきました。
9
大同心の頂上までもうすぐ。
2018年01月16日 09:09撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心の頂上までもうすぐ。
6
横岳の縦走路もすぐそこです。
2018年01月16日 09:09撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の縦走路もすぐそこです。
5
反対側の硫黄岳が見えました
2018年01月16日 09:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の硫黄岳が見えました
7
横岳奥ノ院
2018年01月16日 09:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳奥ノ院
5
風が強いですが天気は最高!
気持ち良く歩けそうです。
2018年01月16日 09:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いですが天気は最高!
気持ち良く歩けそうです。
6
大同心まで行きましょう
2018年01月16日 09:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心まで行きましょう
7
大同心頂上
2018年01月16日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心頂上
25
いつも下から見上げてる大同心の上から赤岳鉱泉。
2018年01月16日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも下から見上げてる大同心の上から赤岳鉱泉。
11
お馴染みスリーショット
相変わらずのカッコよさで(^^♪
2018年01月16日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みスリーショット
相変わらずのカッコよさで(^^♪
27
ダイヤモンド横岳?・・的なw
2018年01月16日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド横岳?・・的なw
11
稜線上を行く登山者。
2018年01月16日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上を行く登山者。
4
風が強くなってきました。
2018年01月16日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強くなってきました。
5
この景色を眺めながらカフェオレタイムといきましょう!

ところがカフェオレ忘れてショックでかい
風も強いし先を急ぎます。
2018年01月16日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を眺めながらカフェオレタイムといきましょう!

ところがカフェオレ忘れてショックでかい
風も強いし先を急ぎます。
8
一般道に出ました。
左隅に何気に富士山が写ってた
レコ作成しながら気づくオイラ(^^ゞ
2018年01月16日 09:40撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道に出ました。
左隅に何気に富士山が写ってた
レコ作成しながら気づくオイラ(^^ゞ
10
大同心を見下ろす。
2018年01月16日 09:40撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心を見下ろす。
4
思っていたより雪が少ない。
2018年01月16日 09:40撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思っていたより雪が少ない。
3
奥ノ院下の横這い区間。
鎖も埋まりかけてます。
2018年01月16日 09:46撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院下の横這い区間。
鎖も埋まりかけてます。
7
奥ノ院に着きました。
さすがに平日なので貸し切り状態。
ゆっくりしたいですが強風でそうもいかず。
2018年01月16日 09:53撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院に着きました。
さすがに平日なので貸し切り状態。
ゆっくりしたいですが強風でそうもいかず。
16
硫黄岳の奥に蓼科山
2018年01月16日 09:54撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳の奥に蓼科山
4
西から吹き上げる強風が凄い。
東に数メートル下るだけで風が弱まります。
2018年01月16日 09:55撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西から吹き上げる強風が凄い。
東に数メートル下るだけで風が弱まります。
9
しつこく大同心
2018年01月16日 09:55撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこく大同心
5
さあ、赤岳を目指しましょう。
2018年01月16日 10:02撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、赤岳を目指しましょう。
7
奥秩父の山々
2018年01月16日 10:02撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父の山々
3
佐久の街と浅間山
2018年01月16日 10:03撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久の街と浅間山
4
出ました。恒例のカレーヌードル。
風を避けながら420kカロリーチャージ
2018年01月16日 10:13撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました。恒例のカレーヌードル。
風を避けながら420kカロリーチャージ
14
まだ未踏の杣添尾根。
今年は歩きたいですね。
2018年01月16日 10:33撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ未踏の杣添尾根。
今年は歩きたいですね。
7
ここでようやく富士山が見えていることに気付く
2018年01月16日 10:33撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでようやく富士山が見えていることに気付く
16
日ノ岳ルンゼの状態。
トレースもしっかりして雪面も安定してました。
2018年01月16日 10:52撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日ノ岳ルンゼの状態。
トレースもしっかりして雪面も安定してました。
5
地蔵の頭に到着。
予定時刻よりも遅れてた場合はここから下山するつもりでしたが、予定通り赤岳まで縦走します。
2018年01月16日 11:11撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭に到着。
予定時刻よりも遅れてた場合はここから下山するつもりでしたが、予定通り赤岳まで縦走します。
6
フレンズのフレンド
お久しぶりです(^^ゞ
2018年01月16日 11:12撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フレンズのフレンド
お久しぶりです(^^ゞ
15
暴風の赤岳
2018年01月16日 11:12撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風の赤岳
13
阿弥陀はこの角度が一番カッコいいと思う♪
2018年01月16日 11:12撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀はこの角度が一番カッコいいと思う♪
19
エビの尻尾が少ないw
2018年01月16日 11:18撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビの尻尾が少ないw
7
赤岳主稜を登る方。
暴風が吹きつけてます。
カッコよくて思わず撮ってしまいました。
2018年01月16日 11:49撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳主稜を登る方。
暴風が吹きつけてます。
カッコよくて思わず撮ってしまいました。
14
時折耐風姿勢をとる程の強風
2018年01月16日 11:49撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折耐風姿勢をとる程の強風
7
久し振りの赤岳山頂
青空で気持ちいいけど風が強く、皆さん岩陰に避難中。
2018年01月16日 11:59撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りの赤岳山頂
青空で気持ちいいけど風が強く、皆さん岩陰に避難中。
11
主稜を登る方。
2018年01月16日 12:00撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜を登る方。
3
横岳方面を見返して
2018年01月16日 12:00撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳方面を見返して
4
権現岳の奥に北岳、甲斐駒、仙丈。
2018年01月16日 12:00撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳の奥に北岳、甲斐駒、仙丈。
13
う〜ん
カッコいいね
2018年01月16日 12:00撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん
カッコいいね
14
赤岳からの富士山
2018年01月16日 12:01撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳からの富士山
8
文三郎へ下ります。
2018年01月16日 12:14撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎へ下ります。
3
赤岳
この角度もいいね
2018年01月16日 12:23撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳
この角度もいいね
7
大同心が一番かっこよく見えるポイント
2018年01月16日 12:29撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心が一番かっこよく見えるポイント
13
阿弥陀南稜も近いうちに挑戦しましょうか
2018年01月16日 12:29撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀南稜も近いうちに挑戦しましょうか
11
赤岳主稜から南稜リッジ。
2018年01月16日 12:44撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳主稜から南稜リッジ。
5
行者小屋まで下山しました。
2018年01月16日 13:27撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋まで下山しました。
3
歩いてきた稜線を見上げて。
充実の稜線歩きでした。
2018年01月16日 13:27撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を見上げて。
充実の稜線歩きでした。
5
行者小屋の自撮りポイントにて。
2018年01月16日 13:27撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋の自撮りポイントにて。
24
赤岳鉱泉までの道のりも気持ち良く歩けます。
2018年01月16日 13:41撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉までの道のりも気持ち良く歩けます。
2
ザラメ雪の結晶?
2018年01月16日 13:47撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラメ雪の結晶?
8
赤岳鉱泉でココアをいただきホッと一息。
本当は大同心の頂上でカフェオレのはずだったのにw
アイスキャンディも挑戦してみたいですね。
2018年01月16日 14:16撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉でココアをいただきホッと一息。
本当は大同心の頂上でカフェオレのはずだったのにw
アイスキャンディも挑戦してみたいですね。
7
明るい雰囲気の北沢。
八ヶ岳の中でも好きなルート
2018年01月16日 14:30撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい雰囲気の北沢。
八ヶ岳の中でも好きなルート
3
この後林道のスケートリンクにビビリながら下山完了。

お疲れさまでした〜(^^)/
2018年01月16日 14:34撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後林道のスケートリンクにビビリながら下山完了。

お疲れさまでした〜(^^)/
7
撮影機材:

感想/記録

ここ暫く八ヶ岳を歩く機会が無かったので久しぶりガッツリ歩いてみたくなり、初級バリエーションの大同心稜から横岳赤岳を周回して来ました。

赤岳鉱泉で装備を整えた後、一般道を外れ尾根に取り付き樹林帯の急登をひたすら登りつめます。
樹林帯を抜けると、いつも遠目に眺めている大同心が荒々しく眼前に迫り迫力満点。
強風で雪のない基部を右にトラバースし、若干の岩登りで大同心のテッペンに到着。
いつも周りから眺めるだけだった大同心からの景色を満喫します。
ここでマッタリカフェオレタイムの予定でしたが
あぁ〜…なんてこったい!
お湯はたっぷりあるのに肝心のカフェオレを忘れてオーマイガー
思いっきりテンションダウンしながら横岳に。
そこからは稜線まで平和な登りでした。

稜線に出てからは時折吹き付ける20mはありそうな豪風に耐えながらも歩き慣れた?ルートを慎重に進み15回目の赤岳山頂を踏み下山となりました。
大同心のカフェオレショックを癒すため赤岳鉱泉でココアをいただき、久し振りの八ヶ岳を堪能することができました。
訪問者数:1030人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/12/16
投稿数: 227
2018/1/18 6:26
 大同心稜とは
nbさん おはようございます。
さすがですね!
この時期に、大同心稜からの赤岳周回、見ているだけで、緊張しています。良いものを見せていただきました。
自分には、行ける技術はないため、暖かくなってからの硫黄からの赤岳周回に出かけたくなっています。
本当にお疲れ様でした。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1899
2018/1/18 7:37
 確保よろ〜
nbさん、おはようございます。

大同心稜とはガッツリ行きましたね
参考にさせて頂きます、と書きつつ、自分はとてもソロでは行けそうもないので、今度確保して連れてって下さい〜
19枚目、阿弥陀が北西稜もばっちり見えて、ラスボスに向けて準備着々ですね。

行者から南沢ではなくなぜに北沢と思いましたが、鉱泉のココアだったのですね
バリルート踏破の達成感でカフェオレショックも解消したのではと思います。
お疲れ様でした!
登録日: 2014/6/2
投稿数: 1982
2018/1/18 14:53
 お〜いいねぇ〜☆
nbさん どもども

大同心いいじゃないですかぁ
いや〜確保なしでも大丈夫ですかい?
バリルートも行きたいけど、一人じゃ無理だ(>_<)
主稜よろしくです

やはり冬の赤岳は最高〜shine
今年2回撤退してる私、早くピークを踏みたいですよ

nbさんは順調ですね〜
早朝からお疲れ様でした
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1432
2018/1/18 22:18
 Re: 大同心稜とは
ヨッシャーさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

いつも横岳の象徴みたいに見ていた大同心を間近で見てみたくなり行ってきました。
バリエーションとは言っても初級ですから、ジャンダルム踏破されてるヨッシャーさんだったら問題無いかと
今の時期だからこそ見られる景色ってのもいいもんです
ヨッシャーさんもぜひ
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1432
2018/1/18 22:30
 Re: 確保よろ〜
マルイさん、こんばんは

最近身体が鈍りまくりまクリスティだったので、思い切って行ってきました
尾根に取り付いてからの急登は流石に堪えましたが、樹林帯を抜けたときの景色はそれまでの疲れを忘れさせてくれました
今年のHTは阿弥陀北稜と大同心稜の二本立てで行きましょうか

大同心の頂上でのカフェオレは残念でしたが、鉱泉のココアは癒し度200%でした
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1432
2018/1/18 22:40
 Re: お〜いいねぇ〜☆
ponさん、どもども
こんばんは〜

大同心よかったですよ〜
確保無くても全然だいじょぶだぁ
今度HTで計画しましょう

ponさんのコンディションも少しずつ回復でしょうかね
無理しなくても三度目の正直で、きっとスバラな景色が見られますよ
徐々に調子を戻して、アスリートponさんのガッツリ復活を期待してます
でもその前に霧氷マッタリゆるゆるハイクもいいかも
登録日: 2013/11/24
投稿数: 1048
2018/1/18 23:10
 大同心〜
nbさん、こんばんは♪
この時期の八ヶ岳なんてのは想像もできないですが、
快晴の絶景を見せてもらいました
大同心から見る景色はいつも見る景色とは違うんでしょうね〜

カフェオレロス。いつも入れてると。入れたはずと思ってるのがなかったら。しかも天上の地ですから
その時の想いは計りしれません。
そんな中での赤岳登頂、お疲れ様でした
登録日: 2012/11/5
投稿数: 1798
2018/1/18 23:22
 マイフレンズ
nbさん、わんばんこです。

大同心稜ではないですか
ガクブルですよ〜
ソロでびっくりしました。
富士山に気づかないのもびっくりしましたが(笑)
すっかりトレランばかりしている間に季節は真冬なんですね
マイフレンズの頭は寒そうで、自撮りポイントはやはりアンテナがないと(笑)

冬のメインの大会が終わったので、ロード走りながらもゆるゆると冬山歩こうと思います。
1月末は恒例の雲竜からと考えています
北稜行きたいなぁ(ボソボソっ)
走ってばかりでなく、雪山トレーニングもしようと思います。
みんなでまったりカフェオレもいいですね
お疲れ様でした。
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1432
2018/1/19 21:14
 Re: 大同心〜
フジモンさん、こんばんは( ͡° ͜ʖ ͡°)

やはり大同心には一度登るべきでしょう(≧∇≦)
達成感と共に見る景色は格別!
これでカフェオレでマッタリできたら最高だったんですが(汗)

稜線では風が強く大変でしたが、大同心のテッペンでは意外と風が無かったんですよ
ガッツリ登ったあとは景色眺めながらマッタリが最近のマイブームです♪( ´▽`)
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1432
2018/1/19 21:24
 Re: マイフレンズ
がーねっちん、どもどもわんばんこ
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


大同心の余韻に浸ってたら、すっかり富士山見逃してました笑笑

がーねっちんも四国のドMレース終わったばかりなのにもう冬山に行きたくなってるみたいで嬉しく思います( ̄+ー ̄)
まずは北陵でも行きましょうか
今度HTで計画しますかね(≧∇≦)
登録日: 2014/3/2
投稿数: 118
2018/1/20 22:39
 お疲れ様です
nbさん お疲れ様です

中山峠展望台から大同心を見上げると毎回思うことがあります。
「あの辺りを登るルートがあるようだが、だれが登れるのだろうか?」

レコ拝見し、「ここに居た!」と思いました。
険しそうなルートで、やはり「自分には無理だ」と今回も思うのでした。

雪のマクロ写真が良いですねー

お疲れ様でした。
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1432
2018/1/21 21:23
 Re: お疲れ様です
hyさん、こんばんは。
お久しぶりです(๑>◡<๑)

横岳や赤岳の西壁ルートはいくつもありますが、今回の大同心稜はまだ初級なんですよ
( ̄▽ ̄;)
他にも石尊稜とか中山尾根とか、何とか稜に何とかルンゼなどなど(@[email protected])
何だかいっぱいありすぎてよく判らなくなりますが、私もまだまだ行きたいけど行けないルートが沢山あります。

少しずつレベルも上げられればいいなと思いますが、その為にはもっと経験とトレーニングが必要です٩( 'ω' )و

行きたい山と行ける山は違うってよく言われますが、行ける山が増えると嬉しいですし、その分また新しい景色も見られますからね。
(´∀`)

hyさんもまた八ヶ岳に遠征に来て、素晴らしい写真をレコで見せてください!
(๑>◡<๑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ