また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1362817 全員に公開 雪山ハイキング北陸

牛岳

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
途中雨がぱらつく
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鍋谷ルート。
駐車スペースまでの道は若干分かりづらく、スマホ(docomo)の電波も届きづらいところにあるので、事前に目印を定めて向かうと良いと思います。
山田谷という場所目指して道なりに進むと、除雪の入っていないところに突き当たり、そこから右に入り、下り、また道なりに進むと、小さな集落までの途中左手に「牛岳登山口」の看板があります。
看板の前には2台先行者の車が停まっていてので、もう少しだけ手前のカーブにあるスペースに駐車。
最初看板前に駐車できずに通り過ぎて、どこかで引き返そうと思って進みましたが、突き当たりまで行ってしまいました。
特に雪がある今の時期、切り返しがしづらいので、注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
天気が悪くて気持ちも乗らなかったので、旧牛岳スキー場ユートピアゲレンデ手前で引き返しました。

雨が降ったせいか、登山道の腐ったような雪質。
坪足でも歩けそうだけど、時々沈むこともあったり、雪崩た雪の塊の上を歩くこともあったので、スノーシューで正解。
スキーシューなら、なお良かったように思います。帰りは、安全な道も林間もどちらも滑って帰るのに良さそうでした。
その他周辺情報牛岳温泉があります。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 レジャーシート 保険証 携帯 ストック カメラ
備考 クロスカントリースキー。

写真

登山道。
ここから先に進むと切り返しが難しい。
でも、バックも危険。
手前のカーブで、停められるかどうか確認しておくと良いのかも。
2018年01月20日 10:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道。
ここから先に進むと切り返しが難しい。
でも、バックも危険。
手前のカーブで、停められるかどうか確認しておくと良いのかも。
しまってる?
雪は腐りかけていました。
2018年01月20日 10:08撮影 by L-01J, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しまってる?
雪は腐りかけていました。
谷向に牛岳スキー場のゲレンデトップが見えます。
2018年01月20日 10:08撮影 by L-01J, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷向に牛岳スキー場のゲレンデトップが見えます。
水飲みにカラ類の群れが来ていました。
2018年01月20日 10:12撮影 by L-01J, LG Electronics
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水飲みにカラ類の群れが来ていました。
山頂まで6辧
天気も悪いし、出発も遅かったし、で早くも登頂する意欲が削がれました。
2018年01月20日 10:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで6辧
天気も悪いし、出発も遅かったし、で早くも登頂する意欲が削がれました。
前方に雪崩の跡。
2018年01月20日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に雪崩の跡。
雪崩の跡を通りすぎて振り返る。
分かりづらいですが、谷側はそれなりに深く、雪崩に巻き込まれていたら、致命傷をおってしまいそう。
2018年01月20日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩の跡を通りすぎて振り返る。
分かりづらいですが、谷側はそれなりに深く、雪崩に巻き込まれていたら、致命傷をおってしまいそう。
何か看板が見えてきました。
2018年01月20日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か看板が見えてきました。
牛岳山頂の気分になって撮影。
2018年01月20日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛岳山頂の気分になって撮影。
1
ゲレンデトップもまだまだ上の方。
でも、滑っている人影が見えました。
2018年01月20日 11:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップもまだまだ上の方。
でも、滑っている人影が見えました。

感想/記録

とりあえずトレーニングのつもりで、近くの低山へと思い、医王山とどちらにしようか迷った結果、牛岳へ。
午後の3時くらいまでは、降らずに、それなりに景色も楽しめると予測して。
GPVとヤフー天気から判断。
思ったより早く天気がくずれ始めたので、無理せず今回は早めの撤退。
自然の中を歩けるだけでも、と思っていた?
いやいや、荷物はオーバーなくらい積めてきたけど。
せっかくだから、天気が良い日に、スキーシューで上り、山頂で景色を楽しみながらご飯を食べて、神社でお詣りして、帰りは滑って下って、を残しておこうと思い。
訪問者数:235人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

スノーシュー 雪崩 撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ