また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363236 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

稲庭岳で山スキー

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
1時間0分
合計
3時間45分
S天台の湯10:0012:00稲庭岳13:0013:45天台の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報天台の湯、入浴可。
1/25追記、レジオネラ感染症発生で天台の湯は1/23より営業休止中だそうです。岩手日報記事より。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

今回も天台の湯の駐車場に車を停めさせてもらいました。そこから望む稲庭岳。
2018年01月20日 09:27撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も天台の湯の駐車場に車を停めさせてもらいました。そこから望む稲庭岳。
2
右の尾根を登ります。地図では細い尾根になってましたが、伐採されて登りやすかった。稲庭岳の頭がちょっと見えてます。
2018年01月20日 10:20撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の尾根を登ります。地図では細い尾根になってましたが、伐採されて登りやすかった。稲庭岳の頭がちょっと見えてます。
3
前の写真のトップからの見下ろし。遠景中央は折爪岳。
2018年01月20日 10:32撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真のトップからの見下ろし。遠景中央は折爪岳。
1
牧草地にでました。頂上が見えてます。
2018年01月20日 10:57撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧草地にでました。頂上が見えてます。
2
遠くに岩手山、離れて左に七時雨山の双耳峰。
2018年01月20日 11:10撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに岩手山、離れて左に七時雨山の双耳峰。
3
まるでスキー場。右端に奥中山スキー場の西岳。
2018年01月20日 11:10撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでスキー場。右端に奥中山スキー場の西岳。
2
登ってきた方向を振り返る。右に折爪岳。
2018年01月20日 11:10撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた方向を振り返る。右に折爪岳。
3
牧草地を過ぎて林の中をしばらく登ります。木々の間が広いので滑りやすそうです。
2018年01月20日 11:28撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧草地を過ぎて林の中をしばらく登ります。木々の間が広いので滑りやすそうです。
3
頂上近く。右に岩手山。中央七時雨山、その左に姫神山、さらに左にうっすらと早池峰山。左手前の山は田代山から西岳の稜線。
2018年01月20日 11:49撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上近く。右に岩手山。中央七時雨山、その左に姫神山、さらに左にうっすらと早池峰山。左手前の山は田代山から西岳の稜線。
3
雪の華。
2018年01月20日 11:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の華。
2
頂上はもうちょい。
2018年01月20日 11:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はもうちょい。
3
中央下に登りに使った牧草地。本当にスキー場みたいです。
2018年01月20日 11:55撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央下に登りに使った牧草地。本当にスキー場みたいです。
2
頂上到着。二等三角点。標高1000m越えているんですね。
2018年01月20日 11:58撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上到着。二等三角点。標高1000m越えているんですね。
2
北に八甲田山系。
2018年01月20日 11:58撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北に八甲田山系。
2
自信ないけど中央やや右の尖った山が中岳で、その右のなだらかな山が四角岳かな。
2018年01月20日 11:59撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自信ないけど中央やや右の尖った山が中岳で、その右のなだらかな山が四角岳かな。
2
鹿角方向。山の名前は良く知らない。
2018年01月20日 11:59撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿角方向。山の名前は良く知らない。
1
登ってきた尾根。左の岩手山頂上はもう雲のなか。その右に安比高原スキー場が見えてます。
2018年01月20日 11:59撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根。左の岩手山頂上はもう雲のなか。その右に安比高原スキー場が見えてます。
3
南側、中央やや左にニャンコ耳の七時雨山。雲に隠れた岩手山の左下にあるのは御月山かな。
2018年01月20日 11:59撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側、中央やや左にニャンコ耳の七時雨山。雲に隠れた岩手山の左下にあるのは御月山かな。
3
頂上にトレンチ掘ってブロック積んで風よけにして、ゆっくり食事して、さあ降りようとしたら曇ってきました。
2018年01月20日 13:00撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にトレンチ掘ってブロック積んで風よけにして、ゆっくり食事して、さあ降りようとしたら曇ってきました。
2
シール外して滑降です。傾斜も強くなく、スキーの下手な私でも快適。
2018年01月20日 13:00撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シール外して滑降です。傾斜も強くなく、スキーの下手な私でも快適。
2
でっかいスキー場を一人占め。
2018年01月20日 13:11撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかいスキー場を一人占め。
2
初心者むけゲレンデ。
2018年01月20日 13:13撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初心者むけゲレンデ。
2
下手くそなシュプール。
2018年01月20日 13:13撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下手くそなシュプール。
3
ここまでスキーで降りて来れました。天台の湯はもう目と鼻の先。
2018年01月20日 13:44撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでスキーで降りて来れました。天台の湯はもう目と鼻の先。
2

感想/記録
by ankota

昨年は駒形神社経由で登って、今回のコースを降りる予定でしたが、風が強く同じコースを引き返してきました。今回は最初からこのコースを往復するつもりで出発。
天気も良くそれほど寒くなく、快適に登れました。標高600mから700mの間は細い木が比較的密に生えていて滑降しにくいですが、それ以外は快適な滑りを楽しめました。
あまり注目されない山ですが、山スキーには穴場かな。
訪問者数:579人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/18
投稿数: 1583
2018/1/20 19:42
 流石!山や 惚れ惚れ致します。m(__)m
ankotaさん。
いつもながら、素敵な山旅をなさって素敵です。

いつも良い山旅をなさってますね。

今年も善き山旅のレコを拝見させて頂きます。

追伸
熊に間違われませんように!
登録日: 2013/5/18
投稿数: 190
2018/1/21 11:53
 Re: 流石!山や 惚れ惚れ致します。m(__)m
ギキュウさん、いつもコメントありがとうございます。
大層な表題を頂き恐縮です。そんなものではありませんよ。
ほとんど人気のない稲庭岳ですが、地図で想像していた通り、スキーに向いた山でした。
上級者にはつまらないかもしれませんが、自分のレベルには充分です。
静かな山旅が味わえるのもポイントが高いです。ここが一番重要視しているところです。
ギキュウさんも気をつけて山旅を楽しんで下さい。
まあ冬は変なところを登っていても、熊に間違われることはないと思っています。
それではまたいつかお会い出来る時を願って。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 双耳峰 山スキー 高原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ