また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363819 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

比良山系雪山巡り(イン谷口⇒八雲ヶ原⇒ダケ道⇒イン谷口)【滋賀県、比良山系】

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
 otoh(SL)
, その他メンバー5人
天候曇り、一時小雪、低地では小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
● 今回の移動
(自宅 = 比良駅 = イン谷口)
イン谷口 − 青ガレ ― 金糞峠 ― 八雲ヶ原 ― ダケ道 ― イン谷口
(イン谷口 = 比良駅 = 自宅)

●登山口へのアクセス
○イン谷口
・国道161号バイパスでもある「湖西道路」の「比良インター」で降り、突き当たる県道322号線を左手に進めば、ほどなく「イン谷口」の交差点
・直進は「大山口」から正面谷
・正面谷へ向かう場合、「イン谷口」より奥にも駐車スペースがある。道が最後には未整備林道になってしまうので、そこにある駐車スペースが最後の駐車場所

○比良駅
・駅前に小さな駐車スペースがあり、勝手に駐車してはいけないような断り書きは見当たらなかった。ひょっとすると駐車できるのかも知れない
・通例、湖西線の電車で行く。新快速も停車する「堅田駅」から普通電車で15分
・無人駅。券売機あり


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間14分
休憩
2時間4分
合計
6時間18分
S比良駅09:0209:43大山口10:37青ガレ10:4411:11金糞峠11:1911:23金糞峠西側下の分岐11:3711:56RP八雲111:5812:12八雲ヶ原13:2113:39北比良峠13:4613:48前山13:4914:24カモシカ台14:3115:00大山口15:0915:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
● コースタイム
“耄姫 ―― 途中まで徒歩
比良駅 901 ― 神社脇 914

▲ぅ鹵口奥の駐車場 931 ― 大山口 943 ― かくれ滝入口1015/滝往復/1020 ― 青ガレ 1038 ― 金糞峠 1119 ― 峠下の分岐 1123 ― 小休憩 1125/1137 ― 八雲ヶ原 1211/昼食/1320 ― 北比良峠 1340 ― カモシカ台 1425/1429 ― 大山口 1505/1509 ― イン谷口奥の駐車場 1518

●行動時間 0:13 + 5:47
コース状況/
危険箇所等
■コース状況
・全般によく整備されている。分岐の案内標示はしっかりしているが、コース途中ではいわゆるマーキング以外はあまり見受けられない
・金糞峠下などでは、昭文社地図には標記のない枝道もあった。
・イン谷口からの正面谷は、現地の認識では“難路”となっている。青ガレから金糞峠までのガレた急斜面は、確かに登るにも手強く、降りるにもきつい道
その他周辺情報●買う、食べる
・イン谷口近傍には店は全くないが、国道まで出ればコンビニ等もある

●日帰り温泉
・イン谷口からは、「比良トピア」がある。歩いても行けないことはない。今回はヒマラヤ氏に送っていただき、帰りは比良トピアの送迎バスのご厄介になった
・大人610円(2018.1 現在)
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

金糞峠は山並の背後ですが、北比良峠は見えています。その足下の斜面には雪【比良駅にて】
2018年01月20日 09:00撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠は山並の背後ですが、北比良峠は見えています。その足下の斜面には雪【比良駅にて】
1
先ほどより雲が増えました【比良駅前にて】
2018年01月20日 09:06撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどより雲が増えました【比良駅前にて】
1
振り返って比良駅を見ます。高架駅と防風壁が目に入ります【比良駅前にて】
2018年01月20日 09:06撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って比良駅を見ます。高架駅と防風壁が目に入ります【比良駅前にて】
駐車場も今日はいっぱいです【イン谷口奥の駐車場にて】
2018年01月20日 09:23撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場も今日はいっぱいです【イン谷口奥の駐車場にて】
本日のメンバー5人。あと一人は私【イン谷口奥の駐車場にて】
2018年01月20日 09:31撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のメンバー5人。あと一人は私【イン谷口奥の駐車場にて】
2
大山口に到着しました【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 09:43撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口に到着しました【イン谷口〜金糞峠】
このような堰堤はロックフィル型とでも呼ぶのでしょうか【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 09:48撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような堰堤はロックフィル型とでも呼ぶのでしょうか【イン谷口〜金糞峠】
区間唯一の水場です。おいしい水でした【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 09:53撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
区間唯一の水場です。おいしい水でした【イン谷口〜金糞峠】
雪も積もってきました【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も積もってきました【イン谷口〜金糞峠】
歩くところは真っ白です【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩くところは真っ白です【イン谷口〜金糞峠】
かくれ滝の入口で小休止をとります【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:15撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かくれ滝の入口で小休止をとります【イン谷口〜金糞峠】
その間に滝まで往復します【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:17撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その間に滝まで往復します【イン谷口〜金糞峠】
かくれ滝。水がフワッと浮かんで流れ落ちている【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:18撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かくれ滝。水がフワッと浮かんで流れ落ちている【イン谷口〜金糞峠】
雪の上に木の実。なんでしょう【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:23撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の上に木の実。なんでしょう【イン谷口〜金糞峠】
堰堤がとても多く、堰堤越えの際には斜度も上がります【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:25撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤がとても多く、堰堤越えの際には斜度も上がります【イン谷口〜金糞峠】
1
振り返ってみると、真っ白な世界です【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:30撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってみると、真っ白な世界です【イン谷口〜金糞峠】
わかりにくいですが、雪に出来たストックの穴を覗いています。雪の中は青の世界です【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:37撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくいですが、雪に出来たストックの穴を覗いています。雪の中は青の世界です【イン谷口〜金糞峠】
斜面を見ると、雪崩れた跡らしき状態がありました【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:37撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を見ると、雪崩れた跡らしき状態がありました【イン谷口〜金糞峠】
青ガレに到着【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレに到着【イン谷口〜金糞峠】
ここから急斜面に取り付きます【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:40撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急斜面に取り付きます【イン谷口〜金糞峠】
1
振り返ると琵琶湖が見えました【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:44撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると琵琶湖が見えました【イン谷口〜金糞峠】
堂満岳側を見ます【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:50撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂満岳側を見ます【イン谷口〜金糞峠】
【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 10:59撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イン谷口〜金糞峠】
【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 11:11撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イン谷口〜金糞峠】
【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 11:11撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イン谷口〜金糞峠】
【イン谷口〜金糞峠】
2018年01月20日 11:16撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イン谷口〜金糞峠】
1
ついに峠に到着しました。名前には形容しがたいインパクトがあります【金糞峠にて】
2018年01月20日 11:19撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに峠に到着しました。名前には形容しがたいインパクトがあります【金糞峠にて】
【金糞峠にて】
2018年01月20日 11:19撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【金糞峠にて】
峠を下るとすぐに分岐があります【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:23撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠を下るとすぐに分岐があります【金糞峠〜八雲ヶ原】
1
危なっかしい橋を渡ります【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:23撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危なっかしい橋を渡ります【金糞峠〜八雲ヶ原】
峠下の分岐からは小川に沿います。山上の平坦地を行く感じです【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:46撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠下の分岐からは小川に沿います。山上の平坦地を行く感じです【金糞峠〜八雲ヶ原】
【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:46撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【金糞峠〜八雲ヶ原】
【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:47撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【金糞峠〜八雲ヶ原】
【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:51撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【金糞峠〜八雲ヶ原】
熊がハチミツを食べた跡とのことです【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:52撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊がハチミツを食べた跡とのことです【金糞峠〜八雲ヶ原】
振り返って撮影しました。雪は数十センチはあります【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:58撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って撮影しました。雪は数十センチはあります【金糞峠〜八雲ヶ原】
水がきれいで写真には映りません【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 11:59撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がきれいで写真には映りません【金糞峠〜八雲ヶ原】
1
【金糞峠〜八雲ヶ原】
2018年01月20日 12:09撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【金糞峠〜八雲ヶ原】
1
八雲ヶ原に到着しました【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:11撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原に到着しました【八雲ヶ原にて】
昼食用の適地がありました【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:13撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食用の適地がありました【八雲ヶ原にて】
1
池は完全に凍っています【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:14撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池は完全に凍っています【八雲ヶ原にて】
到着同時に鍋の準備に着手です【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:15撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着同時に鍋の準備に着手です【八雲ヶ原にて】
わずか10分でできあがり。さっそくつつきます【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:28撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずか10分でできあがり。さっそくつつきます【八雲ヶ原にて】
こんな感じのおでんでした【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:29撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じのおでんでした【八雲ヶ原にて】
おいしいです【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:30撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいしいです【八雲ヶ原にて】
ヒマラヤ氏もご満悦でしょうか【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 12:31撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒマラヤ氏もご満悦でしょうか【八雲ヶ原にて】
仮設トイレを設営。中で用足しします【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 13:04撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮設トイレを設営。中で用足しします【八雲ヶ原にて】
1
アイスショウでしょうか【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 13:14撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスショウでしょうか【八雲ヶ原にて】
カーリングでしょうか【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 13:14撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーリングでしょうか【八雲ヶ原にて】
かわいくいきました【八雲ヶ原にて】
2018年01月20日 13:15撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいくいきました【八雲ヶ原にて】
1
昼食も終わり北比良峠を目指します【八雲ヶ原〜北比良峠】
2018年01月20日 13:22撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食も終わり北比良峠を目指します【八雲ヶ原〜北比良峠】
行き先標示は一応ありますが、小さい【八雲ヶ原〜北比良峠】
2018年01月20日 13:23撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行き先標示は一応ありますが、小さい【八雲ヶ原〜北比良峠】
雪はここまででも一番深いと感じました【八雲ヶ原〜北比良峠】
2018年01月20日 13:27撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はここまででも一番深いと感じました【八雲ヶ原〜北比良峠】
【八雲ヶ原〜北比良峠】
2018年01月20日 13:29撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【八雲ヶ原〜北比良峠】
そして北比良峠に到着です【八雲ヶ原〜北比良峠】
2018年01月20日 13:39撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして北比良峠に到着です【八雲ヶ原〜北比良峠】
今回の6人です【北比良峠にて】
2018年01月20日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の6人です【北比良峠にて】
1
琵琶湖と沖島の辺りが見えています【北比良峠にて】
2018年01月20日 13:43撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖と沖島の辺りが見えています【北比良峠にて】
立派な標示が建っています【北比良峠にて】
2018年01月20日 13:43撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な標示が建っています【北比良峠にて】
来た方向を見ます。コヤマノ岳にもガスがかかります【北比良峠にて】
2018年01月20日 13:45撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た方向を見ます。コヤマノ岳にもガスがかかります【北比良峠にて】
【北比良峠にて】
2018年01月20日 13:48撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北比良峠にて】
堂満岳がここからも見えます【北比良峠〜大山口】
2018年01月20日 14:02撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂満岳がここからも見えます【北比良峠〜大山口】
【北比良峠〜大山口】
2018年01月20日 14:25撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北比良峠〜大山口】
【北比良峠〜大山口】
2018年01月20日 14:31撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北比良峠〜大山口】
【北比良峠〜大山口】
2018年01月20日 14:40撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北比良峠〜大山口】
最後に沢(正面谷)をわたります。最後の小休止です【大山口にて】
2018年01月20日 15:05撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に沢(正面谷)をわたります。最後の小休止です【大山口にて】
行きはここから青ガレを目指しました【大山口にて】
2018年01月20日 15:07撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きはここから青ガレを目指しました【大山口にて】
チャリダーK氏を残して4人は温泉へ行きました【イン谷口奥の駐車場にて】
2018年01月20日 15:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャリダーK氏を残して4人は温泉へ行きました【イン谷口奥の駐車場にて】
【比良トピアにて】
2018年01月20日 16:52撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【比良トピアにて】
ここからは堂満岳が目立って見えます【比良トピアにて】
2018年01月20日 16:52撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは堂満岳が目立って見えます【比良トピアにて】
こんな建物の温泉です【比良トピアにて】
2018年01月20日 16:53撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな建物の温泉です【比良トピアにて】
今日の山を改めて。行きよりは雲が少ないです【比良駅前にて】
2018年01月20日 17:00撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の山を改めて。行きよりは雲が少ないです【比良駅前にて】
1
撮影機材:

感想/記録
by otoh

 雪遊びに行く計画に乗っかって比良山へ向かった。会社の山の会のスピンオフだ。
 引率は歴戦の雄ヒマラヤ氏。雪山に行きたくて集まったメンバーと共に比良駅へ。駅からはヒマラヤ氏の車でイン谷口へ。ただし定員オーバーのため、二往復してもらう。あまったこちらはSくんと共に徒歩でちょっとでもイン谷に近づこうと試みる。 途中で拾って頂き、イン谷口より奥にある駐車場へ。今日は車もいっぱいだ。
駅から見ていると雪は山頂部にしかなさそうだったが、大山口が近づき、足下には残雪も現れる。
 その先で、アイゼンを装着。斜度も時折上がるので、アイゼンの力強い支援を感じながら歩を進める。
 かくれ滝は徒歩2分とはあるが、そんなにもかからない。雪に足を取られつつもなんとか近づく。流れは岩伝いではなく、跳ね上がって宙を舞うので、細身ながらふくよかな感がある。
 そこからは次第に雪が増えていく、青ガレからは斜度のきついガレの登りとなるが、雪のため岩ゴロは確認できない。このほうが足にも負担なく登れるように感じる。
 沢筋の水音が消え、次第に斜面の向こうに虚空が見え始める。やがて金糞峠に到着。しかし、峠は通り過ぎ、やや降りたあとの小川沿いで小休止。ヒマラヤ氏から振る舞いコーヒー。あんパンやちくわパンも登場する。ヒマラヤ氏のリュックがやけに大きいと思っていたが、ドラえもんのように次々に飛び道具が繰り出される。
 その後の八雲ヶ原への道は、いよいよ雪も深まり、当に雪山の風情。何度か頼りない木橋を渡ると人気の少ない八雲ヶ原に出た。
 昼食にうってつけの大石のテーブルを利用して、早速昼食準備に着手。ヒマラヤ氏からはおでんが出てくる。大鍋、大型コンロなど、持って上がって頂いただけでも感謝だが、勧められるままにごちそうになる。氷点下の屋外で、ほっこりおでんが美味しくないわけがない。昼食だけではない。仮設トイレも登場。みなこれに助けられていた。
 八雲ヶ原の池には氷が張っており、ふと見ると人間の足跡が氷上に幾筋も見える。おそるおそるSくんが載ってみるがどうやら氷はずいぶん厚そうだ。チャリダーK氏も、今回のゲストOくんも載ってみる。みんなはしゃいでいるが、Y氏は“どこかが薄かったりします”と慎重モード。さすがの判断である。
 帰りは北比良峠へ。ここからは琵琶湖を足下に見下ろすことが出来る。ひとしきり堪能して下山へ。次第に雪が薄まり、やがて標高が下がるにつれて雪はしゃりしゃりになってくる。そして地面も顔を出し始め、カモシカ台へ。そこからも淡々と下降し、やがて、斜面が切れると大山抱いて前の河原に出た。
 帰りには、うち4人で「比良トピア」へ。やっぱり山の後の温泉はいい。
乗り換えて新快速に乗ったが、ここから一本で神戸方面へと帰れるのとはありがたいことだ。

訪問者数:705人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ