また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1365043 全員に公開 ハイキング甲信越

戸谷峰

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松本市内から上田方面へ国道254号線を走る。
ドライブイン(出会い)通過後にでてくる(帯所橋)脇の駐車帯へ車を止める。
徒歩にて5分ほど歩き野間渡橋の登山口へ
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
50分
合計
4時間45分
Sスタート地点08:0010:50頂上11:4012:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは無し
頂上直下のやや急な勾配の場所で、圧雪が氷化して表面を落ち葉が隠しているため、滑りやすい。軽アイゼンがあると良かった。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車場所から登山口への道中
歩道が狭く、車との距離が近いが、割と速度を皆さん落としてくれたので感謝
2018年01月20日 08:08撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場所から登山口への道中
歩道が狭く、車との距離が近いが、割と速度を皆さん落としてくれたので感謝
登山口の橋
この時点での標高は1000メートル
2018年01月20日 08:09撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の橋
この時点での標高は1000メートル
登り始めは、沢沿いの斜面を進んで行くが、道幅は狭い
2018年01月20日 08:12撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めは、沢沿いの斜面を進んで行くが、道幅は狭い
途中に少しガレ場が出現
そこまで大規模では無いが、足早に通過する
2018年01月20日 08:29撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に少しガレ場が出現
そこまで大規模では無いが、足早に通過する
途中に出てきた圧雪氷
頂上直下では、この上に落ち葉のカモフラージュがなされ、
トラップと化す。
2018年01月20日 08:38撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に出てきた圧雪氷
頂上直下では、この上に落ち葉のカモフラージュがなされ、
トラップと化す。
日の出とともに、松林にも陽の光が入り込み、気持ちも身体も暖めてくれました
2018年01月20日 08:58撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出とともに、松林にも陽の光が入り込み、気持ちも身体も暖めてくれました
登山ルートはこの鉄塔の整備ルートを使用している様で、大きな建造物を目印に進んで行きました
2018年01月20日 09:03撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ルートはこの鉄塔の整備ルートを使用している様で、大きな建造物を目印に進んで行きました
稜線に向かうルート風景
2018年01月20日 09:18撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に向かうルート風景
稜線間近になると、白樺が見え始めてきました
2018年01月20日 09:21撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線間近になると、白樺が見え始めてきました
枯れ枝の向こうには鹿島槍ヶ岳が見えている
枝が・・・残念
2018年01月20日 09:30撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ枝の向こうには鹿島槍ヶ岳が見えている
枝が・・・残念
南側には高ボッチが見え始めます
2018年01月20日 09:31撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には高ボッチが見え始めます
ルート目印は、赤マークや看板など多くあり、道は不明瞭でも迷わずに行く事が出来ました
2018年01月20日 09:32撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート目印は、赤マークや看板など多くあり、道は不明瞭でも迷わずに行く事が出来ました
一つの幹から多くの木が生えてました
むしろ、根っこが空に伸びて居るかの様です
2018年01月20日 09:33撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つの幹から多くの木が生えてました
むしろ、根っこが空に伸びて居るかの様です
稜線から頂上に向けて、雪が出始めます
この下には氷が隠れています
2018年01月20日 09:41撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から頂上に向けて、雪が出始めます
この下には氷が隠れています
登頂
標高差は629メートル
2018年01月20日 09:59撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂
標高差は629メートル
まず目に入る、松本のシンボル常念岳
右後ろには槍ヶ岳
2018年01月20日 09:59撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず目に入る、松本のシンボル常念岳
右後ろには槍ヶ岳
昨年、登った大天井岳
2018年01月20日 10:00撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年、登った大天井岳
まだ行ったことのない餓鬼岳
2018年01月20日 10:02撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ行ったことのない餓鬼岳
爺ガ岳
今年は爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳を挑戦予定
2018年01月20日 10:02撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ガ岳
今年は爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳を挑戦予定
美ヶ原の電波塔が頭だけ見えてます
2018年01月20日 10:03撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美ヶ原の電波塔が頭だけ見えてます
穂高から大キレット方面
2018年01月20日 10:03撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高から大キレット方面
穂高連峰もハッキリ見えます
2018年01月20日 10:37撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰もハッキリ見えます

感想/記録

普段一緒に行く同行者が、新しい登山靴を購入した為、履き下ろしを含めて近所の里山へ行きました。夏山シーズンはなかなか来ない里山ですが、頂上からのアルプスの山並みが綺麗に見ることが出来ました。
道中は浅間山や、北信方面の山も見えましたが枝に邪魔をされてスッキリとは見えず・・・また落ち葉に隠された圧雪スケートリンクに四苦八苦し、同行者は転倒の末に軽アイゼンを装着しての登頂でした。

里山特有の直登気味の登山でしたが、良い運動が出来ました。
訪問者数:60人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ