また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1365651 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

一石山南西尾根・人形山東尾根・小川谷左岸下段歩道・小川谷右岸下段歩道・四間小屋尾根・材木小屋尾根・タワ尾根 ウトウノ頭・篶坂ノ丸東尾根・オロセ尾根

日程 2018年01月18日(木) [日帰り]
メンバー
 NHK
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間38分
休憩
2分
合計
9時間40分
S八丁橋06:5007:49一石山07:5008:02ウッドサークル(ミズナラの巨木)08:0308:07人形山13:16ウトウノ頭13:35篶坂ノ丸15:40篶坂ノ丸16:30八丁橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

一石山南西尾根は日原林道途中のスロープから取付いてつづら折りの踏み跡を辿って人形山山頂へ至る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一石山南西尾根は日原林道途中のスロープから取付いてつづら折りの踏み跡を辿って人形山山頂へ至る
ハンギョウ尾根末端から左方向に下段歩道が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハンギョウ尾根末端から左方向に下段歩道が続く
つづら折りのはっきりとした歩道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折りのはっきりとした歩道
滝上谷を降りて大栗尾根への歩道。ここから小川谷林道へアクセスできる右岸道もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上谷を降りて大栗尾根への歩道。ここから小川谷林道へアクセスできる右岸道もある。
大栗尾根末端の小川谷林道下にある橋で小川谷右岸へ渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大栗尾根末端の小川谷林道下にある橋で小川谷右岸へ渡る
橋を渡ると下段歩道の仮小屋跡に出る。今回は上流側へ進むが、下流側にも明瞭な道が続いているようなので、今後歩いてみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ると下段歩道の仮小屋跡に出る。今回は上流側へ進むが、下流側にも明瞭な道が続いているようなので、今後歩いてみたい。
下段歩道は概ねこのようなトラバース道だが、全体的に荒廃していて通行に危険を伴う箇所も多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下段歩道は概ねこのようなトラバース道だが、全体的に荒廃していて通行に危険を伴う箇所も多い。
材木小屋尾根末端の指道標
道は不明瞭だが犬麦谷に降りられるようだ。トラロープが張られているので、この先上流側は通行不可という意味もありそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
材木小屋尾根末端の指道標
道は不明瞭だが犬麦谷に降りられるようだ。トラロープが張られているので、この先上流側は通行不可という意味もありそうだ。
荒廃した桟橋。この辺りはトラバース道に土砂も堆積していて滑落の危険がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒廃した桟橋。この辺りはトラバース道に土砂も堆積していて滑落の危険がある。
四間小屋尾根手前の堰堤付近から踏み跡が不明瞭となってくる。この堰堤を渡った先は道形自体が消失していて通行困難となったので上段歩道へ移動した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四間小屋尾根手前の堰堤付近から踏み跡が不明瞭となってくる。この堰堤を渡った先は道形自体が消失していて通行困難となったので上段歩道へ移動した。
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ