また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1367294 全員に公開 ハイキング紀泉高原

恒例 新春梵天山

日程 2018年01月25日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
紀泉わいわい村の駐車場をお借りしました 無料9:00〜17:00
事務所に一声掛けてください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.9〜2.0(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
19分
合計
3時間43分
Sスタート地点12:1013:14NTTコミュニケーションズ 信達南無線中継所13:1613:20梵天山13:2413:28NTTコミュニケーションズ 信達南無線中継所13:2913:35梵天山展望台13:4715:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大阪府の整備したゲートから入る主登山道は、崩落や廃道化が進み立入禁止。
ゲート右横の尾根道は、道標なし藪漕ぎありですが、取り付きの階段に注意して尾根道を辿れば大丈夫でしょう。
下山道は、倒木山抜けロープ場ザレ道など多数あり。踏み跡や赤テープを辿って慎重に。
脇道多数、地図コンパス必携です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

今回も紀泉わいわい村から出発
2018年01月25日 12:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も紀泉わいわい村から出発
良い道だったのに
2018年01月25日 12:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い道だったのに
ゲート横の尾根に取り付きます
2018年01月25日 12:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート横の尾根に取り付きます
いきなりの急登
2018年01月25日 12:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急登
通せんぼ?
2018年01月25日 12:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通せんぼ?
鉄塔
急登はここまで
2018年01月25日 12:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔
急登はここまで
展望は良いです
2018年01月25日 12:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は良いです
ミニ藪漕ぎ
2018年01月25日 12:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニ藪漕ぎ
主登山道に合流
2018年01月25日 13:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主登山道に合流
谷筋は×です
2018年01月25日 13:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋は×です
ロープは健在
2018年01月25日 13:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープは健在
かつての名残
2018年01月25日 13:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつての名残

足元は霜柱でザクザク
2018年01月25日 13:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す

足元は霜柱でザクザク
ババタワ到着
2018年01月25日 13:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ババタワ到着
ジュクジュクの柿がたわわ
2018年01月25日 13:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジュクジュクの柿がたわわ
人が減ったからこそ積極的に踏み跡を残しましょう
2018年01月25日 13:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が減ったからこそ積極的に踏み跡を残しましょう
梵天山の「今畑」三等三角点468.5m
2018年01月25日 13:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梵天山の「今畑」三等三角点468.5m
1
藪の中に見覚えのある石が
2018年01月25日 13:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の中に見覚えのある石が
やっぱり山名入りの石でした
持ち去られたんじゃなかった
2018年01月25日 13:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり山名入りの石でした
持ち去られたんじゃなかった
1
NTTの電波塔が青空に映える
2018年01月25日 13:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTTの電波塔が青空に映える
展望台から大阪湾一望
2018年01月25日 13:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から大阪湾一望
梵天山方面
2018年01月25日 13:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梵天山方面
電波塔越しに和歌山
2018年01月25日 13:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔越しに和歌山
和泉山脈を挟んで、右が大阪左が和歌山
2018年01月25日 13:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和泉山脈を挟んで、右が大阪左が和歌山
寒いのでそそくさと退散
2018年01月25日 13:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いのでそそくさと退散
犬鳴山方面の尾根道へ
2018年01月25日 13:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬鳴山方面の尾根道へ
いきなり通行止め?
困ります。
2018年01月25日 13:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり通行止め?
困ります。
尾根道寒い
2018年01月25日 13:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道寒い
ササ峠分岐点
2018年01月25日 14:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササ峠分岐点
この道標は健在
2018年01月25日 14:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標は健在
新しい暗号?
2018年01月25日 14:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい暗号?
大阪府の道標
2018年01月25日 14:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪府の道標
お、無事だ
2018年01月25日 14:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、無事だ
こっちも無事
2018年01月25日 14:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちも無事
せっかく作ったので交換
2018年01月25日 14:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく作ったので交換
1
こっちも交換
2018年01月25日 14:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちも交換
景色に溶け込んじゃった
2018年01月25日 14:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色に溶け込んじゃった
倒木と山抜けの危険ゾーン
2018年01月25日 14:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木と山抜けの危険ゾーン
ロープはあるけど結構狭いんです
2018年01月25日 14:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープはあるけど結構狭いんです
厳重に封鎖中
でも行きます
2018年01月25日 14:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳重に封鎖中
でも行きます
どこを抜けようか
2018年01月25日 14:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを抜けようか
一番ザレたゾーンのロープが劣化トラロープ
頼っちゃだめです
2018年01月25日 14:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番ザレたゾーンのロープが劣化トラロープ
頼っちゃだめです
右手にこの札が出たら
2018年01月25日 14:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にこの札が出たら
分かりにくい分岐
左下です
2018年01月25日 14:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくい分岐
左下です
松の痩せ尾根
2018年01月25日 15:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の痩せ尾根
雪が降ってきた
2018年01月25日 15:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降ってきた
ササ峠分岐
2018年01月25日 15:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササ峠分岐
橋を渡って戻ります
2018年01月25日 15:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って戻ります
舗装路で終わり
2018年01月25日 15:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路で終わり

感想/記録

恒例の新春梵天山です。

自力下山したとは言え初めて遭難した山で、自戒の意味も込めて同じ時期に道標整備に登ります。

紀泉わいわい村の事務所で聞いた話では、4年前に大阪府が整備した登山道は、イノシシの被害でもう通れないとのこと。
そのほかも荒廃が進んでいるので、梵天山への登山はお勧めしないと強く引き止められましたが、無理をせず早めの撤退と下山後の報告を約束して入山しました。

取り付きの急登こそ荒れてはいましたが、明るい尾根道は健在で特に問題になる場所はありませんでした。
尾根はほぼ岩の道ですので、酷い藪になることもなく、忠実に辿ればわかりやすい道です。
土の部分はイノシシが掘り返しているので、フカフカで歩きにくいですが、わずかな距離です。

三角点のある山頂では、無くなったと思っていた山名入りの石が、傍の藪に転がっているのを見つけて嬉しくなりました。
元通り三角点の横に戻しておきました。

山頂からの下山道は倒木が増え、障害が多くなっていますが、山抜けの場所もいい感じに崩れて歩きやすくなっていました。常設のトラロープは劣化が激しいので体重をかけたりしないよう注意が必要です。
ザレ場は歩く人が減ったからなのか、踏み固まっていなくてよく滑ります。

聞いていたほど荒れていたわけではないので一安心ですが、入山者の減少はハッキリ見て取れます。歩く人が居なくなれば道は簡単に廃道化するので、微力ながら踏み跡を残し続けたいと思います。

GPSログでは、最後登山口からわいわい村の中を通って事務所へ行っていますが、この道は宿泊者様の専用エリアにつき通行禁止ですので、通らないように。
通り抜けてから気が付きました。ごめんなさい。

私の道迷いポイントにつけた道標、昨年は道標にしたパスケースの劣化が激しく、紐が切れていたので細引きで付け替えましたが、一年経って本体も相当劣化しているだろうと思い、木製の道標を作って持参しました。
思いの外、本体の劣化は進んでいなかったけれど、せっかく用意したので付け替えてきました。
木で作ったので、白いパスケースよりは目立たなくなりました。安全面には疑問が残りますが、T字路ですので見落としは無いかと思います。
私設の道標に批判的な声も聞かれますので、景観保護には良いと思います。今までの道標も廃棄されていませんので、ここの私設道標は肯定的にとらえています。

来年また劣化具合を確認しに行きます。長持ちするといいな。
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ