また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1367485 全員に公開 雪山ハイキング近畿

小葛城山(葛城山前衛峰)

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
43分
休憩
0分
合計
43分
Sスタート地点08:4909:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
人の入らないルートなため、登山道はない。堆積した落ち葉の上のふかふかの雪が上り下りともなかなか手強い
その他周辺情報天然温泉ゆたりん
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

入山口は松山城址への登山口から経由する
2018年01月27日 08:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山口は松山城址への登山口から経由する
2
あたり一面雪をかき分けてみつけた四等三角点のある小葛城山ピーク
2018年01月27日 09:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あたり一面雪をかき分けてみつけた四等三角点のある小葛城山ピーク
2
撮影機材:

感想/記録

林田町松山のかます山(松山城址)の整備に参加したときに気になっていた東北東にみえる葛城山。

奥佐見集落からのメジャーなルートからその山は何度か足を踏み入れたことがあるが、地図の等高線を確認すると、かます山からも尾根を辿れば行けそうな雰囲気をかもしだしている。

まむしやスズメバチの活動する季節を避ければ、人が入ったことのないこの山域はいいトレーニングの場だと思った。
しかし実行日のきょうは、朝からけっこうな雪だ。山へ入ればより雪が深くなり、稜線に出れば強風のために雪も浅くなる。
前衛峰である小葛城山への登りは、結構キツイ。
堆積した落ち葉の上にふかふかの新雪がのっかっているため2歩進んでは1歩滑り落ちるというような登り方だから予想以上に時間がかかった。

224.0ピークの前衛峰である小葛城山に登頂し、そして主稜線方面を確認すると鞍部には深い吹き溜まりが見え、その向こうには激しい藪漕ぎを予想されるかのような景観が望まれる。
時間的にそれほど余裕もないので、ここはいったん敗退し、またの機会のために計画を練り直そうと思い下山に踏み切った。
訪問者数:93人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鞍部 三角点 藪漕ぎ スズメバチ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ