また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1367829 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

定山渓天狗岳景 西方向から下見 

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
0分
合計
6時間15分
Sスタート地点08:0514:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
景 12:30
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

途中の林道から見えるヒクタ峰方向の山。ヒクタ峰?滑り沢?
2018年01月27日 10:33撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の林道から見えるヒクタ峰方向の山。ヒクタ峰?滑り沢?
同じくヒクタ峰方向。遠くに見える片側真っ白な山は998m峰?
2018年01月27日 10:35撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じくヒクタ峰方向。遠くに見える片側真っ白な山は998m峰?
約4kmの林道歩きを終え、やっと778mコルから登り始める。
2018年01月27日 10:50撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約4kmの林道歩きを終え、やっと778mコルから登り始める。
定天景が見えてきた
2018年01月27日 10:59撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定天景が見えてきた
ラッセルはたいしたことがないが、林道歩きで疲れているので、ちょっとした斜面も足が重い。
2018年01月27日 11:52撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルはたいしたことがないが、林道歩きで疲れているので、ちょっとした斜面も足が重い。
よぉ〜く地図を見ると景に一部崖マークのついてない所がある。そこが今回確認したかった実際の地形。
上部に木が生えているが、雪崩斜面。
2018年01月27日 12:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よぉ〜く地図を見ると景に一部崖マークのついてない所がある。そこが今回確認したかった実際の地形。
上部に木が生えているが、雪崩斜面。
2
景に近づいてみる
2018年01月27日 12:07撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景に近づいてみる
広くなだらかな基部
2018年01月27日 12:15撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くなだらかな基部
1
等高線でみると高さ約160mの景。
次回景ピークを目指すときは滑沢林道からの予定。
2018年01月27日 12:17撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
等高線でみると高さ約160mの景。
次回景ピークを目指すときは滑沢林道からの予定。
1
天狗小屋
出発したときは2台の車があったが、戻った時には私たちの1台だけ。スノーシュー、スノーモービル、スキーのトレースがあったので結構にぎわっていたのかもしれない。
2018年01月27日 14:12撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗小屋
出発したときは2台の車があったが、戻った時には私たちの1台だけ。スノーシュー、スノーモービル、スキーのトレースがあったので結構にぎわっていたのかもしれない。
撮影機材:

感想/記録
by motop

ピークを目指したわけではないので形態は雪山ハイキング。足回りはスキー。

今回は下見目的だったが、運が良ければ景まで行けるかもしれないと、期待をしつつ行ってみたのだが、なんせ林道歩きが長く、尾根に取り付くまでに疲れてしまった。
それでも林道を歩きたい私は、天狗小屋から右股川→左股川525mから756mのポコに向かう林道を歩けただけで満足した。地図に破線で書かれた道は車一台が通れる幅で途中倒木が数本あるがどこも崩壊した形跡がなく着実に高度を上げる。

歩いてみれば林道から景1114mへの尾根は滑落・雪崩を起こしそうにもない安全なルートだったが、数年前イワナ沢に行った時の一歩も前に進めなかった険しい岩峰が目に焼き付いていて、腰が引けてこれ以上は近寄れなかった。

帰りは525mからの林道、スキーで滑るには斜度が無くスノーモービルでえぐれた微妙なアップダウンが続いていて、久しぶりに腕が筋肉痛になってしまった。
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 コル 滑落 倒木 スノーシュー 雪崩
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ