また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1367970 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

雪と氷瀑の金剛山(ツツジオ谷旧道-金剛山-モミジ谷一般コース-モミジ谷本流ALL左-千早本道)

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、一時小雪
(12:38金剛山 -5℃)
アクセス
利用交通機関
金剛登山口の有料駐車場(バイク\200)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
1時間12分
合計
6時間59分
S駐車場09:4409:48黒栂谷道分岐10:12腰折滝10:37水場10:4910:53一ノ滝10:5611:02二ノ滝11:1811:43(休憩)11:5012:31山頂広場12:5713:16金剛山14:10第6堰堤14:1115:25金剛山15:33山頂広場15:4016:12五合目(千早本道)16:38黒栂谷道分岐16:43駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
駐車場〜ツツジオ谷旧道〜山頂広場の区間は、GPSの誤差が著しかったので別の日のGPSデータを流用・加工しました。
コース状況/
危険箇所等
腰折滝、ツツジオ谷の一の滝と二の滝、モミジ谷の第6堰堤の滝と左コースの小滝を巻くときは要注意です。

尾根からモミジ谷支流へは急な下りです。

モミジ谷本流ALL左は、尾根に上がる直前に倒木があります。積雪してる場合、地面だと思って踏んだところが木の根の間に積もった雪という場合があります。今回、そういうところをストックでツンツンしながら歩いたのですが、何回かストックがズボっとなる部分がありました。

他は特に危険などありません。

ツツジオ谷の一の滝の下の水場〜山頂〜モミジ谷〜千早本道6合目の区間でアイゼンを利用しました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(2) 非常食(カロリーメイト)(2) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) 食事(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) 手袋(2) 帽子(1) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 雨具(1) レジャーマット(1) 防寒着(1) 6本爪アイゼン(1) 予備の4本爪アイゼン(1)

写真

発電してLEDを灯す水車です。水車の周りは凍結。LEDは写ってませんが点灯せず。
2018年01月27日 09:49撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発電してLEDを灯す水車です。水車の周りは凍結。LEDは写ってませんが点灯せず。
1
回路は氷づけですから、そりゃLEDは点灯しません。
2018年01月27日 09:50撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回路は氷づけですから、そりゃLEDは点灯しません。
1
二の滝の下部
2018年01月27日 11:06撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の滝の下部
4
同じく。水玉の氷
2018年01月27日 11:11撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。水玉の氷
2
振り返った景色
2018年01月27日 11:33撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返った景色
2
ところどころ沢が凍結
2018年01月27日 11:55撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ沢が凍結
3
沢を詰めます。
2018年01月27日 12:16撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を詰めます。
3
墓地に出ます。いつも『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングを思い出します。
2018年01月27日 12:27撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墓地に出ます。いつも『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングを思い出します。
山頂広場よりの眺望
2018年01月27日 12:40撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場よりの眺望
ライブカメラ定時撮影の直前
2018年01月27日 12:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライブカメラ定時撮影の直前
1
大和葛城は、ちょっと雪
2018年01月27日 13:19撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和葛城は、ちょっと雪
1
モミジ谷支流にトラロープがつけられてました。
2018年01月27日 13:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジ谷支流にトラロープがつけられてました。
第6堰堤の滝。70%ほど凍結か?
ただ、泥水が凍結したようで、茶色っぽいところあるのが残念。
2018年01月27日 14:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第6堰堤の滝。70%ほど凍結か?
ただ、泥水が凍結したようで、茶色っぽいところあるのが残念。
4
これはトラロープで左から。
2018年01月27日 14:28撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはトラロープで左から。
ここを登ります。
2018年01月27日 14:28撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ります。
倒木あり。雪の中の木の根に注意。
2018年01月27日 14:59撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木あり。雪の中の木の根に注意。
モミジ谷ALL左の尾根。前方トレースなし。急坂なので滑るし、トレースがないので、ちょっとエネルギーが要りました。
2018年01月27日 15:04撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジ谷ALL左の尾根。前方トレースなし。急坂なので滑るし、トレースがないので、ちょっとエネルギーが要りました。
2
後方は私のトレース。
2018年01月27日 15:05撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方は私のトレース。
1
ストックのグリップが凍結してました。手袋してるので冷たくなく、見るまで気づかず。
2018年01月27日 15:15撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストックのグリップが凍結してました。手袋してるので冷たくなく、見るまで気づかず。
4
足の裏に違和感があると思ったら、アイゼンにでかい雪団子。
2018年01月27日 15:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足の裏に違和感があると思ったら、アイゼンにでかい雪団子。
2
千早本道(一部、新道側)を下ります。
2018年01月27日 15:42撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早本道(一部、新道側)を下ります。
2
崩落跡みたい。
2018年01月27日 15:49撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落跡みたい。
千早本道のレコで有名なウルトラマンとバルタン星人
2018年01月27日 16:12撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早本道のレコで有名なウルトラマンとバルタン星人
1
雪はなくなりました。それにしても千早本道の階段は、凄い。山道なのに段差がほぼ一定で歩きやすい。
2018年01月27日 16:15撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はなくなりました。それにしても千早本道の階段は、凄い。山道なのに段差がほぼ一定で歩きやすい。
1

感想/記録
by KENPEI

氷瀑を期待し、ツツジオ谷を登りました。二の滝は、相当の氷瀑となって綺麗でした。山頂まで源流を詰めましたが、源流付近は見事な雪景色でした。

その後、山頂広場で景色を眺めました。大気のコンディションが良く、遠くまで見えた方だと思います。また白くなった木々も綺麗でした。

次にモミジ谷の一般コースで支流を下り、本流を登り返しました。第六堰堤の滝は7割くらい凍結という感じでした。ただ、濁った水で凍結したようで茶色っぽいところがあり、残念です。

その本流をALL左で登りました。最後の沢の分岐から全くトレースが無く、ふかふか雪を楽しめました。その代わり急坂でアイゼンが効かず、すぐ滑るし、一歩一歩がちょっと力が要りました。

やがて2度目の金剛山へ。下山は細尾谷を下る予定にしていましたが、時間的なことと、疲れてきましたので、千早本道を下ることにしました。

雪の千早本道は約4年ぶりで、ちょっと新鮮な感じがしました。

訪問者数:219人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ