また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368156 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走九州・沖縄

雪の鶴見岳、南平台も

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
1時間32分
合計
6時間44分
Sスタート地点10:2011:16火男火売神社11:2012:07踊石12:32南平台12:4513:22南平台14:2014:51馬の背15:0415:28鶴見岳15:3015:37鶴見山上駅16:34火男火売神社16:3617:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鶴見岳西側はかなりの積雪あり
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

今日はバイクです。
2018年01月27日 10:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はバイクです。
2
早速雪道。 ここでチェーンスパイク着用。
2018年01月27日 10:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速雪道。 ここでチェーンスパイク着用。
南平台への分岐。 南平台方面へ向かいます。
2018年01月27日 11:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南平台への分岐。 南平台方面へ向かいます。
こっちは雪が深い。
2018年01月27日 11:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは雪が深い。
2
こんな感じ。
2018年01月27日 12:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
南平台が見えてきました。
2018年01月27日 12:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南平台が見えてきました。
1
足跡ここで消えてました。 こっからはラッセル。
2018年01月27日 12:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足跡ここで消えてました。 こっからはラッセル。
南平台山頂着。
2018年01月27日 12:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南平台山頂着。
由布岳。 美しい。
2018年01月27日 12:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
由布岳。 美しい。
4
鶴見岳。 雪肌が綺麗です。
2018年01月27日 12:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴見岳。 雪肌が綺麗です。
1
鞍ケ戸も綺麗です。
2018年01月27日 12:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍ケ戸も綺麗です。
4
鶴見岳を目指します。 途中でチェーンスパイクを無くした事に気づいて、引き返します。
2018年01月27日 12:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴見岳を目指します。 途中でチェーンスパイクを無くした事に気づいて、引き返します。
1
片方有った。 もう片方は?
2018年01月27日 13:14撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片方有った。 もう片方は?
あった〜 でも殆ど山頂。 疲れた。
2018年01月27日 13:33撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あった〜 でも殆ど山頂。 疲れた。
仕方無いんで、ここで昼飯。 ところが、水を入れた途端、水が消え、ガスも消えた。 アルミ鍋の底面にクラックが入ってました。 水ダダ漏れ。 コッヘル有ったよな..で、沸かそうとするも火がつかない。 濡れてるんで火花が飛ばない。
2018年01月27日 13:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方無いんで、ここで昼飯。 ところが、水を入れた途端、水が消え、ガスも消えた。 アルミ鍋の底面にクラックが入ってました。 水ダダ漏れ。 コッヘル有ったよな..で、沸かそうとするも火がつかない。 濡れてるんで火花が飛ばない。
ザックを探すと、ファイヤースティックが有りました。 これを使って無事点火。 初めて役に立った。
2018年01月27日 13:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックを探すと、ファイヤースティックが有りました。 これを使って無事点火。 初めて役に立った。
1
卵も持参。
2018年01月27日 14:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
卵も持参。
月見うどん出来上がり。 昼飯終わってさっさと鶴見岳へ向かいます。
2018年01月27日 14:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月見うどん出来上がり。 昼飯終わってさっさと鶴見岳へ向かいます。
1
深い雪にヘロヘロ気味になりましたが、やっと鶴見岳山頂が見えました。
2018年01月27日 15:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い雪にヘロヘロ気味になりましたが、やっと鶴見岳山頂が見えました。
2
鶴見岳山頂着。
2018年01月27日 15:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴見岳山頂着。
4
天気がいいし、空気が澄んでいるのか眺めが素晴らしい。
2018年01月27日 15:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がいいし、空気が澄んでいるのか眺めが素晴らしい。
2
ロープウェイ山頂駅前広場の寒暖計。 −7℃位?
2018年01月27日 15:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅前広場の寒暖計。 −7℃位?
ロープウェイ山頂駅。 さっさと下山します。
2018年01月27日 15:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅。 さっさと下山します。
下山途中、雪だるま発見。
2018年01月27日 16:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、雪だるま発見。
やっと下山。
2018年01月27日 17:04撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと下山。
1

感想/記録
by fumio3

先週仕事で山に登れなかったので、今日はどっかへ。 多分雪山に登れるよね..雪の鶴見岳は登ってないので、今日は鶴見岳へ。 折角なので雪が深い南平台へも行ってみましょう。 駐車場から少し進んだだけで直ぐに雪。 早速チェーンスパイク装着。 ここでちょっと手抜き。 ゲイターの上から装着してしまいました。 外れて気がつかないとそのまま脱落。 圧雪であれば大丈夫だが、深い雪だとチェーンはダメ。 雪がダンゴ状に靴底に付着してしまう。 案の定、南平台からの下山時に脱落。 おかげでまた登り返すハメに。 深い雪の中、スパイク無しで急斜面を登るのは辛かった。 南平台の西斜面は本当に雪が深く、深い所では膝までありました。 しかし、深い雪の中を進むのは厳しい。 エネルギーを吸い取られます。 大した行程でも無いのに、雪があるだけで下山時はヘロヘロになってました。 しかし、南平台から見た由布岳、本当に美しかった。
訪問者数:341人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ