また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368164 全員に公開 ハイキング丹沢

大山〜大雪後の週末に

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
伊勢原駅から大山ケーブル行きのバスに乗るが、乗客は少なかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
1時間0分
合計
4時間28分
S大山ケーブルバス停08:1008:34大山寺08:4308:59阿夫利神社下社09:0109:3316丁目09:4409:5320丁目09:5510:0725丁目10:18大山10:4310:55不動尻分岐11:27見晴台11:3511:46日向越(雷峠)11:4712:14日向ふれあい学習センター12:1612:38日向薬師バス停12:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪や凍結箇所があるがアイゼンは未使用。初心者は使った方が安全かも。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

バスを降りて出発。空は快晴。
2018年01月27日 08:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスを降りて出発。空は快晴。
こま参道へ。店はまだ開いてない。
2018年01月27日 08:17撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こま参道へ。店はまだ開いてない。
男坂、女坂の分岐。左の女坂へ進む。
2018年01月27日 08:22撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂、女坂の分岐。左の女坂へ進む。
さっそく雪が現れる。滑り出したらアイゼンを付けようと思っていたが、その機会は現れなかった。
2018年01月27日 08:29撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく雪が現れる。滑り出したらアイゼンを付けようと思っていたが、その機会は現れなかった。
大山寺への階段
2018年01月27日 08:37撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山寺への階段
大山寺を通過
2018年01月27日 08:39撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山寺を通過
ケーブルカーが通過していく。
2018年01月27日 08:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカーが通過していく。
石段が続く
2018年01月27日 08:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段が続く
阿夫利神社の境内に出る。
2018年01月27日 08:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿夫利神社の境内に出る。
階段を登って振り返ると江ノ島が見える。
2018年01月27日 08:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を登って振り返ると江ノ島が見える。
阿夫利神社の前を左へ
2018年01月27日 08:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿夫利神社の前を左へ
大山口登山道の一丁目。山頂付近の二十七丁目まで確認できた。
2018年01月27日 08:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口登山道の一丁目。山頂付近の二十七丁目まで確認できた。
急な階段を登って雪道が続く。
2018年01月27日 09:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な階段を登って雪道が続く。
天狗の鼻突き岩
2018年01月27日 09:31撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻突き岩
富士が姿を現す
2018年01月27日 09:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士が姿を現す
5
雪が降ってからかなり歩かれている
2018年01月27日 10:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降ってからかなり歩かれている
1
ヤビツ峠との分岐
2018年01月27日 10:07撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠との分岐
鳥居をくぐる
2018年01月27日 10:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐる
山頂直前
2018年01月27日 10:17撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直前
山頂に到着。山頂付近には10人ほどいたが、これまで来た中で最も少ない。
2018年01月27日 10:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。山頂付近には10人ほどいたが、これまで来た中で最も少ない。
トイレの裏手へ行き、富士と丹沢稜線を眺める。
2018年01月27日 10:33撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの裏手へ行き、富士と丹沢稜線を眺める。
4
見晴台方面へ降りていく
2018年01月27日 10:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台方面へ降りていく
大山の肩
2018年01月27日 10:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山の肩
見晴台に到着
2018年01月27日 11:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台に到着
見晴台から大山を振り返る
2018年01月27日 11:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台から大山を振り返る
2
雪のない道は少ない
2018年01月27日 11:43撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のない道は少ない
毎回人と見間違う大型地蔵。
2018年01月27日 11:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎回人と見間違う大型地蔵。
車道に出る。路面凍結で慎重に歩く。
2018年01月27日 12:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出る。路面凍結で慎重に歩く。
日向薬師のバス停に到着。タイミング良くバスが待っていた。
2018年01月27日 12:36撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向薬師のバス停に到着。タイミング良くバスが待っていた。
撮影機材:

感想/記録
by fudao

毎年一度は登っている大山だが2017年は登っていなかった。それで2年ぶりの訪問となった。登るのはいつも真冬で、眺望の良いときである。今回も快晴の日を狙って大山へ。ちょうど5日前に関東地方に大雪が降っていた。雪景色も楽しむことができた。
訪問者数:261人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ケーブルカー 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ