また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1370858 全員に公開 ハイキング奥秩父

雲取林道「鮫沢橋」〜 プチ散策 〜

日程 2018年01月30日(火) [日帰り]
メンバー
天候☀  ・最低/最高気温 (熊谷: -1.7/7.9 ℃)
            (秩父: -4.6/7.5 ℃)
   ・昼間の時間: 10:22 (日出:6:45 日入:17:07)
   
・30日の気象[全国] : 気象人
   http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary_detail.php?date=2018-01-30
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秩父市の国道140号を行きます。旧荒川村を過ぎ 旧大滝村に入り、
秩父市・大滝総合支所を右に見て、荒川の橋を渡ってすぐの丁字路信号を
左折します。

 厳冬期の風物詩 "氷のカーテン"「氷柱・「三十槌(みそつち)」を過ぎ、
ダムサイトの丁字信号を三峯神社方面へ左折して 県道278号線に入り、
二瀬ダム堤頂を渡ります。
 途中の 大きなUヘアピンから県道と別れ、「大洞林道」を上流へ
進みます。
 「鮫沢橋」のゲート脇に駐車します。
 ・ゲート脇は、駐車場としての余地が少なく、3,4台がやっとです。
 ・10:48着。この極寒期に、1台先客がありました。
 ※ この先「猿鼻の尾根」基部に於いて、「秩父広域森林組合」による
  間伐伐採&搬出が行われており、その看板が脇に掲示してあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
52分
休憩
20分
合計
1時間12分
S鮫沢橋(785m)10:5811:20猿鼻の尾根基部11:4012:10鮫澤橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
「鮫沢橋」までの「雲取林道」の路面積雪は、例年どおりと思いますが、
今年は、1/22の関東平野部の"大雪"後、特に気温が極端に低かったので、
路面凍結部分が多く、走行には特に慎重を要します。
 ・また「鮫沢橋」から先の徒歩に関しても、同様です。

 ・「猿鼻の尾根」基部の林業活動は、この時期でもあり、休業中の
 ようです。
・「猿鼻の尾根基部・広場」から見る、深い大洞川からの「三ツ山」、
 大洞川対岸の、市の沢を挟んだ、仁田小屋尾根 〜 「尻無の頭」が
明るく光っていました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

荒川対岸の
久那より
2018年01月30日 09:48撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川対岸の
久那より
2
雲取林道の
路面状況。
雪は,サラサラ。
ここではないが、
日陰部分は、
凍結している
2018年01月30日 10:39撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取林道の
路面状況。
雪は,サラサラ。
ここではないが、
日陰部分は、
凍結している
2
「鮫沢橋」を見る。
2018年01月30日 10:57撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「鮫沢橋」を見る。
1
猿鼻の尾根基部より
「三ツ山」を見る
2018年01月30日 11:20撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻の尾根基部より
「三ツ山」を見る
3
猿鼻の尾根基部より
「三ツ山」を見る
2018年01月30日 11:20撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻の尾根基部より
「三ツ山」を見る
1
仁田小屋尾根〜
尻無の頭を見る。
2018年01月30日 11:21撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田小屋尾根〜
尻無の頭を見る。
4
猿鼻の尾根基部の
旧小屋は、跡形もなく
撤去されていた。
2018年01月30日 11:21撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻の尾根基部の
旧小屋は、跡形もなく
撤去されていた。
2
同左位置を撮影。
2018/01/11
2018年01月11日 11:45撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同左位置を撮影。
2018/01/11
1
仁田小屋尾根〜
尻無の頭を見る
2018年01月30日 11:36撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田小屋尾根〜
尻無の頭を見る
2
ほぼ同位置で
2018/01/11
撮影。
2018年01月11日 11:44撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ同位置で
2018/01/11
撮影。
1
帰路。
「鮫沢橋」に向けて。
日向は大丈夫。
2018年01月30日 11:45撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路。
「鮫沢橋」に向けて。
日向は大丈夫。
雲取林道を
振り返ってみる。
日向は大丈夫。
2018年01月30日 11:45撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取林道を
振り返ってみる。
日向は大丈夫。
1
上段右端と同位置で
2018/01/11
撮影。
2018年01月11日 11:39撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段右端と同位置で
2018/01/11
撮影。
深い大洞川と
その先の
「三ツ山」を見る
2018年01月30日 11:48撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い大洞川と
その先の
「三ツ山」を見る
3
対岸、市の沢の上に
仁田小屋の頭を見る
2018年01月30日 11:49撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸、市の沢の上に
仁田小屋の頭を見る
1
帰路、久那より見る
武甲山の雄姿
2018年01月30日 13:21撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、久那より見る
武甲山の雄姿
4
おまけ?!。
えへっへ・・・!!
1/23,庭にて。
深谷では、積雪
17cmでした⛄。
2018年01月23日 13:46撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ?!。
えへっへ・・・!!
1/23,庭にて。
深谷では、積雪
17cmでした⛄。
5

感想/記録

◎ 年が明け、山行に対する気概が、増々薄れてまいりました。
寒風が痩せ身に応え、家から出ることすら 億劫になりますね。
  ここんところの降雪や "極寒"も、影響してるかもせれませんが。
 ・ですから 前日の思いつきで、楽して奥秩父の雪山を見たいと。

◎ 本当は、埼大山寮脇に駐車して、直ぐ脇から「三峯山」に登る予定
でしたが、そこが、工事施工業者の車両で満杯。
やむなく「鮫沢橋」へ。時間的にバラクチ尾根の「山の神」へ行く
余裕がなく、またその気力もないため、前回(1/11)と同じく、
「猿鼻の尾根」基部へ行ってみました。

 ・この半月で様相が一変し、1/11には まるで無かった雪は、今回、
 雲取林道の積雪は例年どおりとしても、あんなにあった旧小屋付近の
木材の集積の山が、跡形もなく消えていました。
 おそらく、1/22の積雪を見越して、早々に搬出したのでしょう。
 ・三ツ山が凛々しく光ってました。
 ・二瀬ダムの湖面は、全面結氷でした。
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ